TAG

高校生

ちょっといい話『意表をつかれた面接練習での涙』志賀内泰弘

滋賀県で高校教諭をしている北村遥明さんは、毎月ゲスト講師を招いての勉強会「虹天塾近江」を主催し、その講演録などを掲載したニュースレターを発行しています。 今日は、その北村の「ちょっといい話」を紹介させていただきます。     *    *    *    *    * 「意表をつかれた面接練習での涙」 私はいわゆるベテラン教員で、その年は高校三年生の担任をしていました。 同じ学年には初めて進路指導 […]

たった一言でコンテスト受賞作品 ★こころぽかぽか賞★『命が1番大事!ぬちどぅ宝(沖縄方言)』

<掲載時のお名前>やすさん <年齢>26才 <性別>男性 <心に響いた「たった一言」> 「命が1番大事!ぬちどぅ宝(沖縄方言)」 <「たった一言エピソード」> 始めてバイトをした高校生の時の話。 ピザのデリバリーのバイトで時間に急いでおり赤よりの黄色の信号で進み、車と危なくぶつかりそうになった。 それをたまたま上司に見られ、ぶつかりそうになった車からもクレームの電話が届き、怒られた時に言われた一言 […]

ちょっといい話『全国障害者野球大会で出会ったピッチャー』志賀内泰弘

滋賀県で高校教諭をしている北村遥明さんは、毎月ゲスト講師を招いての勉強会「虹天塾近江」を主催し、その講演録などを掲載したニュースレターを発行しています。 今日は、その北村の「ちょっといい話」を紹介させていただきます。     *    *    *    * 「全国障害者野球大会で出会ったピッチャー」北村遥明 私の友人に身体に障害を持っておられるHさんがいます。Hさんは身体障害者野球のチーム、「ビ […]

親孝行大賞受賞作品 親にありがとう賞『受験、将来、感謝』

【ペンネーム】あちゃまるさん 【性別】女性 【年齢】10代 【住所】北海道札幌市 【「親孝行大賞」のタイトル】 受験、将来、感謝 【「親孝行大賞」の本文】 「高校どうするんだ」 中学二年生のころには父が言ってた言葉。そして聞かれる度、毎回違う高校名をだした。調理の高校、高専、普通科の高校、工業高校……全部私の進んでみたい道だった。 父は、それを聞いては 「そこで何をしたいんだ」 「そこでホントにや […]

ほろほろ通信『おいしい野菜をありがとう』志賀内泰弘<中日新聞掲載2013年2月10日>

田原市の惣卜 裕崇(そうぼくひろたか)さん(25)が高校2年のころの話。 実家がキャベツ農家で、ほぼ1年中、食卓にキャベツが出されていた。キャベツの千切りにキャベツの炒め物…。あまりにも続くので、ある日「こんなに毎日毎日、同じもの出しやがってふざけるな」と、キャベツが載ったお皿を床にたたきつけてしまった。 両親はあきれた表情を通り越し、悲しい顔をしていた。母親が割れた皿を拾っている光景が今も忘れら […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『竹内先輩にーッ、エールを送るーッ!』

神奈川県横浜市 ペンネーム:ka-3さん <心に響いた「たった一言」> 「竹内先輩にーッ、エールを送るーッ!」 <「たった一言エピソード」> 「応援団長を頼む」 そう監督に言われ、息子は一瞬戸惑った。これはつまり、自分はベンチ入りできなかったということだ。 応援団のない息子の学校は、野球の応援は部員の中から応援団長を選んで指揮を執るしかない。 自分に与えられた使命はこれなのか。「チーム一丸となって […]

ほろほろ通信『アンパンマン食べちゃってもいいの? 』志賀内泰弘<中日新聞掲載2012年11月25日>

名古屋市中村区の生駒リサさん (34)が、2歳の娘さんと名鉄電車に乗ったときの話。 頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアの持病がある生駒さんは、抱っこするのは10分が限界。そのため、外出時はベビーカーを使うが、自身も30分と立っていられない。 行きの電車では首の痛みに加え、手もしびれてきたので「席を譲っていただけませんか」と座っている乗客に頼んだ。 しかし、「何で譲らないかんの?」「若いんだから立ってた […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『俺はお前を信じる』

千葉県習志野市 ペンネーム:桜木綾乃さん <心に響いた「たった一言」> 「俺はお前を信じる」 <「たった一言エピソード」> 高校二年生の時でした。学校でパーマをかけることが禁止されていました。と言ってもかける人も少ないし、穏やかな校風の学校でそれほど厳しい取り締まりがあったわけでもありません。全校集会の時にパーマをかけた人は自主的に残りなさいと言われて説教を受けるくらいのものでした。 私はパーマを […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『ごめんね。きちんと産んであげられなくて』

東京都世田谷区 大島さん <心に響いた「たった一言」> 「ごめんね。きちんと産んであげられなくて」 <「たった一言エピソード」> 高校生の時、腎臓の病気で手術入院した私は、当初一回の手術をして二週間で退院できるはずが、経過があまり良くなく、三回の手術と1ヶ月以上の入院を余儀なくされた。 しかも入院したのは、高校三年生の夏休み。受験も控えている自分は、看護してくれる人(親と看護士さん)へ気を使う余裕 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『「ありがとう」って言えばいいんだよ』

静岡県浜松市 ペンネーム:かかこさん <心に響いた「たった一言」> 「ありがとう」って言えばいいんだよ <「たった一言エピソード」> もう20年前、高校生のとき友達に言われた言葉です。私の髪は生まれつき少し茶色いくせっ毛です。それを、高校に入学して間もない頃、友達に「かわいいね」ってほめられました。 心ではもちろんうれしかったのですが、「そんなことないよ、全然」っていつものように否定しました。 そ […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG