TAG

音楽

ほろほろ通信『恩返しのコンサート』志賀内泰弘

瀬戸市の尾山寿子さん(73)には重度身体障害の息子さんがいる。範芳さん(44)だ。ポリオ(小児まひ)で四肢機能障害になった。今も車いすの生活で、寿子さんが介護をしている。 小学校4年までは訪問授業で自宅まで先生が教えに来てくれた。ところが教育制度が変わり5年生から養護学校へ通わなくてはならなくなった。範芳さんを背負い路線バスに乗る。途中、迎えに来ているスクールバスに乗り換える。学校の授業中もそばに […]

親孝行大賞受賞作品★ハッピー賞★『風になびく柳の誤り』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】シケバンさん 【性別】男性 【年齢】19 【住所】東京都 目黒区 【「親孝行大賞」のタイトル】 「風になびく柳の誤り」 【「親孝行大賞」の本文】 私は今年で20歳になる。そしてついこの間、生まれて初めて親孝行をした。 私が手のつけようのない不良であったかのように思われるかもしれないが、そうではない。むしろその逆である。習い事、友達づきあい、大学…全て両親の言うことに […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころにビタミン賞★『何か自分のとりえを持っているの?』

<氏名>小川さん <学校名・学年>岐阜県立岐阜農林高等学校 <心に響いた「たった一言」> 「何か自分のとりえを持っているの?」 <「たった一言エピソード」> 私の将来の夢はテレビに出ることでした。どうしてもテレビに出たかった私は唯一相談することのできる母にテレビに出たいことを告げました。 そのとき母に「何か自分のとりえを持っているの?」と言われました。この一言で私は自分には勉強も運動もできないし何 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『必要なのは心だよ』

<氏名>阿部さん <年齢>25 <性別>女性 <住所>岩手県盛岡市 <心に響いた「たった一言」> 「必要なのは心だよ」 <「たった一言エピソード」> 子供の頃から音楽をならっていた私は、10歳のとき母に連れられてバイオリニスト・葉加瀬太郎さんのコンサートへ。公演後、握手をする機会があり、普段引っ込み思案な私ですが、公演に感動し高揚した気持ちも後押しして思い切って質問しました。 「ずっと音楽を続ける […]

ほろほろ通信『おじさんたちの涙』志賀内泰弘

名古屋市中区でデザイン事務所を経営する権内俊幸さん(59)は、忙しくても毎週木曜日の夜には仕事の予定を入れないようにしている。経営者が中心になって作る栄ミナミ男声合唱団の練習に参加するためだ。ほとんどの団員が楽譜も読めない。そんな自分のことは棚に上げて人のミスを指摘したりする。練習後の飲み会の方が楽しみという気さくな仲間だ。 年に二回ほど、老人介護施設へ出前コンサートに行く。おじいさん、おばあさん […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG