TAG

祖父母

親孝行大賞受賞作品★ハッピー賞★『親孝行したいときに親がいないのはいやだろ?』

【ペンネーム】前田憶人さん 【性別】男性 【年齢】10代 【住所】京都府京都市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「親孝行したいときに親がいないのはいやだろ?」 【「親孝行大賞」の本文】 「親孝行したいときに親がいないのはいやだろ?今のうちにしときや。」が口癖の母親。 僕は、今反抗期の真っただ中にいると思う。理由は明白で、母親が発言したこと全てに苛ついて歯向かってしまう。例として、期日まであまり時間が […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『お父さん、アンタのことほめちょったよ』

山口県立柳井商工高等学校 角谷さん <心に響いた「たった一言」> 「お父さん、アンタのことほめちょったよ」 <「たった一言エピソード」> 私は昔から嫌なことがあります。それは、姉や兄と比べられることです。確かに姉や兄は頭が良くて成績も優秀です。それでもどんなに頑張っても比べられて終わりならやる気もなくなります。姉や兄のことは大好きですが、それでもうんざりしちゃいます。 けれどある日、両親も姉兄も不 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『非番なんじゃがの〜』

徳島県板野郡 ペンネーム:のんきな父さん <心に響いた「たった一言」> 「非番なんじゃがの〜」 <「たった一言エピソード」> 私の父はまさに「おやじ」という感じの人物です。自営業をしていて普段は無口な人です。父は長男で弟妹5人、母は長女で弟妹2人がおり、当然ながら私のいとこにあたる甥は8人、姪は3人おります。その父から、私が成人して帰省した時に聞いた話です。 当時高校生だった姪の一人が駅前でチャラ […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『がんばって生きてね』

<氏名>黒田さん(池田中学校) <心に響いた「たった一言」> 「がんばって生きてね」 <「たった一言エピソード」> 私は5年前、祖父をなくしました。原因は脳がんでした。5年前の夏休み。私は友達に手紙をかいていました。 その時、電話が鳴り、母がでました。電話の話の中で、何を話しているのか分からなかったけど、母は静かに泣いていました。すると母は電話をおき、私の所に来て、「おじいちゃんが、脳がんで死んだ […]

親孝行大賞受賞作品★ちょっといい話で賞★『親孝行のかたち』

【お名前】吉澤さん 【性別】女性 【年齢】31 【住所】埼玉県北足立郡 【「親孝行大賞」のタイトル】 「親孝行のかたち」 【「親孝行大賞」の本文】 「北海道に行っちゃった、ななにまた会いたいねぇ」 おばあちゃんが独り言のようにぼそっと呟いた。「なな」とは私の妹の名前だ。妹は北海道の専門学校に進学したため、以前のように気軽に会えなくなっていた。 それならばと当時大学生だった私はアルバイトをして旅の資 […]

親孝行大賞受賞作品★親にありがとう賞★ 『オマモリ』

【ペンネーム】葉子さん 【性別】女性 【年齢】33 【住所】埼玉県 さいたま市 【「親孝行大賞」のタイトル】 『オマモリ』 【「親孝行大賞」の本文】 私は一児の母です。今は優しい夫と可愛い子供に恵まれ幸せな時間を過ごしています。 ですが、私は23歳の時、新卒で入社した会社をたった6ヶ月で辞めた過去があります。自分も辛かったですが、今思い返しても親不孝者だと思います。その後はいくつかの非正社員の仕事 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『家に残ってくれてありがとう』

新潟県長岡市 ペンネーム:あつしさん <心に響いた「たった一言」> 「家に残ってくれてありがとう」 <「たった一言エピソード」> 「家に残ってくれてありがとう」 今から三十三年前、高校を終え就職をするとき関東の大きな企業に行くことよりも、地元に残ることを選んだ私に言ってくれた祖母の一言です。 「給料倍違うぜ」千葉の石油会社に勤めた友人の言葉を聞き正直悔みました。そんな暗い気持ちを引きずって家に帰る […]

親孝行大賞<元気になったで賞>『手紙』京都府木津川市 北澤喜幹様の作品

もうすぐ、80歳を迎える父母に、どうしても聞いておきたいことがあった。それは、父母の生い立ちである。自分のルーツを辿ることにもなるので、父母が元気なうちにと考えていた。同時に、まだ一度も口にしたことがない「感謝」の気持ちを伝えたいという思いもあった。 そんな気持ちを察したかのように、タイミング良く母から連絡があった。「渡したいものがあるから実家に来て欲しい」と。収穫した野菜でもくれるのかと思いきや […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『泣いたら負け!』

前田さん 池田中学校 <心に響いたたった一言> 「泣いたら負け!」 <たった一言エピソード> この言葉は、祖母の口ぐせです。小さいころから私はかっぱつな子で弟や友達とケンカしては、すぐに泣いてしまうくせがありました。そんな時、いつもばあちゃんが言っていた言葉がこれでした。 昔はあまり意味を理解できず、「なんであんなこというんだろう」とふしぎに思っていました。しかし、成長した […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『ありがとう』

帝京高等学校倉代さん <心に響いた「たった一言」>「ありがとう」 <「たった一言で」エピソード>ぼくの祖父は、ぼくが生まれる三年前から、脳梗塞という病気で左手足にまひがあり不自由な生活をしていた。 ぼくは小さい時から祖父の左手のかわりとなり、いろいろなことをしてあげた。祖父は、僕の大切な理解者で、僕はやんちゃでいつも母にしかられていたが、「こんなやさしい思いやりのある子はいない」と言っていつもなで […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG