TAG

病気・ケガ

『大丈夫。必ず治りますよ』|たった一言でコンテスト こころぽかぽか賞

佐藤さん <心に響いた「たった一言」> 「大丈夫。必ず治りますよ」 <「たった一言エピソード」> 私は27歳のとき、骨髄炎という病気にかかりました。右足の付け根辺りに痛みがあり、歩くことも困難なほどでした。即入院で翌日には緊急で手術となりました。 手術後、痛みはうそのようになくなり、楽になりましたが、骨にはぽっこり穴があいた状態で、全体重をかけ歩くことができず、最初は車いす、次は松葉づえの生活です […]

『大丈夫。必ず治りますよ』|たった一言でコンテスト受賞作品 こころぽかぽか賞

佐藤さん <心に響いた「たった一言」> 「大丈夫。必ず治りますよ」 <「たった一言エピソード」> 私は27歳のとき、骨髄炎という病気にかかりました。右足の付け根辺りに痛みがあり、歩くことも困難なほどでした。即入院で翌日には緊急で手術となりました。 手術後、痛みはうそのようになくなり、楽になりましたが、骨にはぽっこり穴があいた状態で、全体重をかけ歩くことができず、最初は車いす、次は松葉づえの生活です […]

『胸の傷痕』|ほろほろ通信 志賀内泰弘

瀬戸市の中学教諭で、現在は市教育委員会に勤務している渡辺康雄さん(49)は30歳のとき、人間ドッグを受診した際に「胸に腫瘍がある」と告げられた。 あまりにも唐突で信じられなかった。 「そんな重要なことは、まず親族に話をするはず。うそに違いない」 と思った。ところが医師は「○○病院に手術の上手なお医者さんがいるので、紹介状を書きます」と真剣な表情でペンを走らせた。 数日後、紹介先の病院へ行くと、医師 […]

たった一言でコンテスト受賞作品 ホスピタリティ賞『私があなたを食べさせるから』

<氏名>安田さん <住所>鹿児島 <心に響いた「たった一言」> 私があなたを食べさせるから <「たった一言エピソード」> 現在、うつ病で休職中でたまに、妻に辛くあたったりしております。休職して2年になりますが、いまだに休職しております。 たまに、精神障害が続き涙もろくなります。すると必ず妻が、 「私があなたを食べさせるから」 と言ってくれます。 まあ、復職目指しています。妻には、口では言えませんが […]

ほろほろ通信『救急車が来るまでに』志賀内泰弘<中日新聞掲載2013年4月14日>

今から4年前のこと。 小牧市の運輸・倉庫会社に勤める吉川知宏さん(40)は、いつものように同僚とランチに出掛けた。事務所に戻ると、その同僚は机に顔を伏せて仮眠を取った。 ところが、休憩が終わる午後1時を過ぎても起きない。「よく寝てるね」と笑いながら周りの人が声を掛けた。よく見ると青ざめた顔をしている。意識がなく呼吸もしていなかった。慌てて救急車を呼んだ。 社員の一人が胸骨圧迫と人工呼吸の処置をした […]

ちょっといい話『健気な思いやり』志賀内泰弘

「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」運動の事務局に、一通のメールが届きました。京都市立西京高等学校の2年生の生徒さんからです。 「プチ紳士の活動に興味を持ちました。そこで、研修旅行に伺い貴社の皆さんと交流させていただけないでしょうか」 という趣旨でした。いくつものグループに分かれて企業訪問する修学旅行らしいのです。 参加者の生徒さんには、訪問の前後に二度、「思いやり」「親切」をテーマにした「ちょっといい […]

ちょっといい話『ポジィティブ新庄剛志の原点』志賀内泰弘

日本ハムフィターズの新監督に就任した新庄剛志さんが好きです。とにかく明るい。メチャクチャ前向き。そのプレーを見ていると元気になりました。 さて、毎週欠かさず見ているテレビ番組「1億人の大質問!?笑ってこらえて!」の人気コーナー「ダーツの旅」に新庄さんが出演かしていました。 訪ねたのは福島県北会津村。ある木工所を見学するなり、新庄さんは電動のこぎりに目が留まり近づきました。 「中学のとき、これで椅子 […]

ほろほろ通信『一番の親孝行は何だろう』志賀内泰弘<2013年2月17日>

春日井市の野々川明子さん(33)は19歳のとき、マンションを借り、友達とルームシェアをして暮らし始めた。 「今が楽しければいい」とフリーターをしながら気ままで自由な生活。実家までは車で20分ほどの距離だったが、年に1、2回しか帰らなかった。 23歳とのとき、旅行先の海外のホテルに電話が入った。父親が倒れたという。慌てて帰国すると、父親は病院のベッドに横たわり、会話すらできない状態。脳梗塞だった。 […]

たった一言でコンテスト受賞作品 スマイル賞『あなたのためにパワーをあげる』

愛知県春日井市立高座小学校 前田さん <心に響いた「たった一言」> あなたのためにパワーをあげる <「たった一言エピソード」> わたしは、おじいちゃんに会いに行くと、おたがいの手をタッチして「パワーをあげるよ」と言って何回も何回も手をタッチしました。 わたしは、おじいちゃんのびょうきがよくなるようにと、ねがいをこめました。 おじいちゃんは、わたしが明日も元気に学校へ行けるように、わたしにもパワーを […]

親孝行大賞受賞作品 ハッピー賞『小さな息子の親孝行』

【ペンネーム】もこさん 【性別】女性 【年齢】30代 【住所】山梨県都留市 【「親孝行大賞」のタイトル】 小さな息子の親孝行 【「親孝行大賞」の本文】 突然のことだった。息子が発熱したある日。はじめての熱性痙攣の重責発作を起こした1歳の息子。痙攣は病院についても止まらず、唇は真っ青。本当に生きた心地がしなかった救急車の車内。 病院でも、手に負えず大学病院へドクターヘリで転送になってしまった。今まで […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG