TAG

消防士

ほろほろ通信『小牧市消防署の「まもるくんカード」』志賀内泰弘<中日新聞掲載2013年4月21日>

前回、小欄で、小牧市の会社員・吉川知宏さん(40)が取引先の人が意識を失って倒れた際に、自動体外式除細動器(AED)などを使って救命措置を行ったという話を紹介した。 吉川さんは初めてのことで、実は緊張と焦りで手が震えていた。救急車を見送った後も、一命を取り留めたという連絡が入るまで「自分がやったことは正しかったのだろうか」と不安で仕方がなかったという。 今年の1月。吉川さんは、たまたま小牧消防署の […]

ほろほろ通信『救急車が来るまでに』志賀内泰弘<中日新聞掲載2013年4月14日>

今から4年前のこと。 小牧市の運輸・倉庫会社に勤める吉川知宏さん(40)は、いつものように同僚とランチに出掛けた。事務所に戻ると、その同僚は机に顔を伏せて仮眠を取った。 ところが、休憩が終わる午後1時を過ぎても起きない。「よく寝てるね」と笑いながら周りの人が声を掛けた。よく見ると青ざめた顔をしている。意識がなく呼吸もしていなかった。慌てて救急車を呼んだ。 社員の一人が胸骨圧迫と人工呼吸の処置をした […]

ほろほろ通信『続々!救急車・消防車の「ありがとう」』志賀内泰弘

前回の「ほろほろ通信」で、車の運転中に救急車のサイレンが聞こえたので路肩に寄せて道を譲ったら、追い抜いて行く瞬間に「どうもありがとう」と言われたという話を紹介した。すると、愛西市や弥富市などあちこちで「私も同じ体験をした」という便りが何通も届いた。いずれもうれしくて感動したという。 その中の一人、名古屋市港区の熊沢美枝子さん(65)の話。娘さんの運転する車で同市中川区かの里の辺りを走っていたところ […]

ちょっといい話『一粒のキャラメル』志賀内泰弘

あの震災から、9年が経ちました。本日の朝日新聞デジタルに、こんな記事が掲載させていたました。 「あの日 キャラメルをくれたのは」 という見出しです。 避難所に現れた消防士さんが、ポケットから森永の黄色いパッケージのキャラメルを一粒、息子さんに渡し、 「お母さんを助けて、がんばりや」 と言い、息子の頭にそっとふれ、立ち去ったというのです。 シングルマザーのお母さんは、これからのことを考えると不安でた […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG