TAG

大学生・専門学生

ちょっといい話『「あたりまえ」のことなんて一つもない』志賀内泰弘

岐阜聖徳学園大学の玉置崇教授は、学校の先生になる夢をかなえようとして勉強する学生を指導しておられます。その玉置ゼミのみなさんが拙著「人生にエールを。~はげまし、はげまされ」(リベラル社)を読んでいただきました。 そのゼミ生の一人、3年生の高橋奈優さんがこんな便りが玉置先生の元に届きました。ご本人にお許しをいただき、ここに紹介させていただきます。     *    *    *    * こんにちは […]

たった一言でコンテスト受賞作品★いい言葉で賞★『お前が凹んだら俺が凸にしてあげるやん』

滋賀県大津市 ペンネーム:ぜんさん <心に響いた「たった一言」> 「お前が凹んだら俺が凸にしてあげるやん」 <「たった一言で」エピソード゙> 実家を離れ大学で寮暮らしを初めていたとき、同じように実家を離れ一人暮らしを始めた近所の友達からのメール。 「お前が凹んだら俺が凸にしてあげるやん」 いつも何かあれば話を聞いてくれ、元気をもらっていた。不慣れな土地での新たな生活環境。今までとあらゆるものが違う […]

ちょっといい話『良い行いをしなさい』志賀内泰弘

岐阜聖徳学園大学で、学校の先生になる夢をかなえようとして勉強する学生を指導している玉置崇教授から、ゼミ生が書いた文章を送っていただきました。眩し過ぎる素直な心に感動。そこで、ご本人にお許しをいただき、ここに紹介させていただきます。      *     *     *     * 「良い行いをしなさい」 玉置ゼミ7期生・今井美羽 お食事中の方は、読まない方が良いと思います。 先日の朝、犬の散歩をし […]

ちょっといい話『機転の速さに天晴れ』志賀内泰弘

ペンネーム「トシちゃん」から、こんな「いい話」の投稿をメールでいただきました。まずは、御覧ください。     *    *    *    *    * 友人の話に感動しました。 その友人の次男さんは、電車で通学しています。その電車で大学生くらいの男性がおばあさんに席を譲ってたそうです。 「席、どうぞ」 と。 ところが、お婆さんは、 「年寄り扱いしないで」 と、答えました。 すると、その男性は、 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『ごめん、俺は結果よりもその過程を大事にしたいから』

東京都昭島市 増田さん <心に響いた「たった一言」> 「ごめん、俺は結果よりもその過程を大事にしたいから」 <「たった一言で」エピソード> 大学生の頃。講義にはろくに出席せず、いかに要領よく単位をとるか、そんな学生が多かった。真面目にノートをとる学生なんてダサく感じられた。だからあの時K君に、私は普通のことのように話していた。 「この講義出席しなくても大丈夫だよ。先輩からノート借りることができたか […]

ちょっといい話『スペアが効く人間になるなよ』志賀内泰弘

ときどき、学生の相談を受けます。多くの人は、将来に不安を抱いています。それは、自分も同じ。「あの頃」、どうやって生きて行ったらいいのかわからなくて、心の鬱々モヤモヤして押しつぶされそうでした。 そんな若者に、こんなアドバイスをします。 「スペアが効く人間にならないようにしろよ」 これは、私がサラリーマン1年目の4月に体験したことから生まれた言葉です。 まだ仮配属の研修中、その職場の課長が亡くなりま […]

親孝行大賞受賞作品★ハッピー賞★『風になびく柳の誤り』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】シケバンさん 【性別】男性 【年齢】19 【住所】東京都 目黒区 【「親孝行大賞」のタイトル】 「風になびく柳の誤り」 【「親孝行大賞」の本文】 私は今年で20歳になる。そしてついこの間、生まれて初めて親孝行をした。 私が手のつけようのない不良であったかのように思われるかもしれないが、そうではない。むしろその逆である。習い事、友達づきあい、大学…全て両親の言うことに […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『綺麗だよ…着物がな』

<氏名> 竹中さん(東京福祉専門学校) <心に響いた「たった一言」> 「綺麗だよ…着物がな」 <「たった一言エピソード」> 今年はちょうどおばあちゃんとおじいちゃん結婚50周年の年でした。私はお父さんに頼んでホテルのレストランの宴会場を貸しきりにしてもらい、いとこや伯父さん夫婦にも協力してもらって、おじいちゃんとおばあちゃんの金婚式を行いました。 おじいちゃんは若いときにパチンコや競馬、お酒などた […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『これも何かのご縁でしょうから』

神奈川県南足柄市 ペンネーム:S.Sさん <心に響いた「たった一言」> 「これも何かのご縁でしょうから」 <「たった一言エピソード」> 学生時代、親元を離れ一人暮らしをしていました。移動はもっぱら自転車で、どこへ行くときにも乗り回していました。 ある日急いでいた私は70歳ぐらいのご婦人と交差点で接触し、相手の方を転ばせてしまいました。私は“大変なことをしてしまった”とパニック状態でしたが、ご婦人は […]

ほろほろ通信『男らしさと優しさと』志賀内泰弘

一宮市の丸山裕子さん(40)の小学5年の長男は、学級文庫にある歴史まんがを読んで歴史に興味を覚えた。特に戦国と幕末が好きだという。それに影響を受けた小学二年の弟も歴史ファンになった。家族4人で関ケ原合戦410年祭に出掛け、当時の布陣を再現した家康隊や三成隊、鉄砲隊の演武を観覧したときの話。 イベントの最後に紅白の餅まきが行われた。たいへん混雑していたため「危険ですから小学生以下のお子さんは後ろに離 […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG