TAG

園児・小学生

『兄弟の遅刻の理由』|ちょっといい話 志賀内泰弘

安城市の片桐さおりさん(41)の家の前には長い長い一本道がある。両側はほとんどが田んぼだ。その道は通学路になっていて小学生の分団が通る。 一つの班は平均10人程度。それが10班以上も延々と連なって歩いて行く。片桐さんは洗濯物を干しながら、毎朝その様子を見ている。班長の子どもは大変だ。歩くのが速い子もいれば遅い子もいる。中には、ふざけて田んぼに落ちてしまう子もいるという。 ある春の日のこと。すべての […]

『オリエンタル中村にいる』|ほろほろ通信 志賀内泰弘

40年以上も前の話。名古屋市名東区の横井和子さん(79)はご主人を早くに亡くした。その時、長女が9歳、長男は7歳だった。 亡くなる前の2年間、ご主人は大阪に単身赴任しており、週末だけ帰宅。日曜の夕方、新幹線を見送りに行くと「あ〜あ、行っちゃった」と長男はぽつりとつぶやいた。二人の子どもをふびんに思い、和子さんの父親がよく遊びに来てくれていた。 ご主人が亡くなり、何カ月かたったある日の夕方のこと。長 […]

たった一言でコンテスト受賞作品 ニコニコ賞『ありがとう』

岐阜県立岐阜総合学園高等学校 氏名:末永さん <心に響いた「たった一言」> 「ありがとう」 <「たった一言エピソード」> 私の夢は、幼稚園教諭になることだった。 高校一年生の職場体験で、私は幼稚園に行った。初めてのことばかりで、すぐに慣れることができずに、とても大変だった。園児たちが着替えている時に園の先生に「困っている子がいたら助けてあげて。」と言われた。 私は、着替えに戸惑っている子の手伝いを […]

たった一言でコンテスト受賞作品 スマイル賞『あとはおれたちでなんとかするから』

愛知県春日井市立高座小学校 氏名:上田さん <心に響いた「たった一言」> あとはおれたちでなんとかするから <「たった一言エピソード」> 大事なしあいで、ピッチャーで出た時に、 その日は調子がわるくて連続でファーボールを出して、満るいになってピッチャーをかえられました。 かえられたピッチャーがボコボコにうたれて、ぼくは泣きました。 その回がおわって、野手の人たちに 「あとはおれたちでなんとかするか […]

ほろほろ通信『子どもたちからの感謝状』志賀内泰弘<中日新聞掲載2013年3月10日>

江南市の高橋ちどりさん(75)は、6年前からボランティアで防犯パトロール隊員を務めている。小学校の分団登校に付き添い、無事に校門まで見送るのが仕事だ。 毎朝4時に起きて食事の支度などの家事を済ませて出掛ける。7時40分に担当する分団の集合場所へ。 子どもたちに「おはよう」と声を掛けると「おはようございます」と返ってくる。これは「あいさつ運動」の一環でもある。 約70人の子どもに対して付き添いは高橋 […]

たった一言でコンテスト受賞作品 ハッピー賞『家に遊びに来いよ』

東京都大田区 氏名:大聖さん <心に響いた「たった一言」> 家に遊びに来いよ <「たった一言エピソード」> 当時、僕は友達が欲しいと思っていました。 いじめられている訳ではなく、挨拶程度はしますが、放課後や休日に遊ぶような仲のいい友達はいませんでした。 小学五年生の林間学校での出来事です。 ほとんど話したことがない、優等生タイプの雄介とガキ大将タイプの直樹と同じ部屋になりました。 夜就寝時間を過ぎ […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『ありがたい』

秋田県秋田市 氏名:石田さん <心に響いた「たった一言」> 「ありがたい」 <「たった一言で」エピソード゙> 7才の娘が言う。 お友達やご近所からのお菓子や野菜のおすそ分けに 「ママ、ありがたいね」 実家の畑の野菜達や稲刈りしたお米にも 「ありがたいねぇ」 じぃじやばぁばがくれたジュースや服や靴にも 「ありがたいね」 ひぃばぁばが送ってくれるキリタンポまで 「ありがたいわあ〜!」 もうはけないズッ […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『行ってらっしゃい、お帰りない』

愛知県犬山市立犬山中学校 佐藤さん <心に響いた「たった一言」> 「行ってらっしゃい、お帰りない」 <「たった一言エピソード」> 小学校のころ、ずっと、交通安全の縁のおばさんに、お世話になった。ぼく達が通る通学路はとても危なく、横断歩道を通る時は通勤する車を停めてもらわないと、通れなかった。 毎朝、雨の日も雪の日も下校の時もいつもぼく達の安全を守ってくれた、緑のおばさんは、そこを通るぼく達の他にも […]

ほろほろ通信『息子の一人旅』志賀内泰弘

学校が秋休みの10月11日、犬山市の花木希容子さん(48)の長男・優太君(小学6年)は、おにぎりと釣りざお、それに寝袋を持って自転車旅行に出発した。 「木曽川沿いに下って海で釣りをする」という一人旅の計画。しかし地図も持たず、野宿するという。引き留めたが言い出すと聞かない。自由奔放な性格で、「大きくなったらジャングルの中で生活したい」と言っているほど。たぶん、途中で不安になって帰ってくるだろうと思 […]

ほろほろ通信『まだ十歳ですよ』志賀内泰弘

去る7月7日、半田市の吉田陽子さん(49)は小学校の個人懇談会へ出掛けた。いつものことながら、少し不安を抱きつつ。というのは、小学5年生の息子さんが広汎性発達障害のため、集団行動が苦手だからだ。感情を伝えたり読んだりすることが難しく、周りの人とのコミュニケーションがはかりにくい。 新任の伊藤正明先生は、開口一番にこうおっしゃった。「頑張ってますよー」。続けて「僕は大輝(ひろき)君のことが大好きです […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG