TAG

動物・自然

ちょっといい話『少し爪立って前方を眺めてみよう』志賀内泰弘

ときどき、ご近所の人と立ち話をします。井戸端会議とまではいきませんが、生活に有益な情報を得られることもあります。 例えば、コロナ禍が始まった当初は、どこのドラッグストアでマスクが何時くらいに入荷するとか。公園の向こうの工場跡地に、大きなディスカウントストアができるとか。はたまた、カラスからゴミを守る方法や庭の同じところフンをしていく猫対策など、生活の知恵を教えてもらうこともあります。 さて、そんな […]

ちょっといい話『名前を呼べば、心の距離が近くなる』志賀内泰弘

ニワゼキショウ トキワハゼ ユウゲショウ マツバウンラン・・・。 さて、何のことかお判りでしょうか。これなら、「知ってる!」と声が上がると思います。 カタバミ スミレ ツユクサ ハルジオン。 そう、雑草の名前です。それも、特別に珍しいものは一つもありません。都会の真ん中にある公園や街路樹の下、コインパーキングにも、ごく普通に見られるものです。自粛、自粛と呼びかけられて、これでは身体だけでなく心もお […]

ほろほろ通信『子猫を救った子どもたち』志賀内泰弘<中日新聞掲載2012年10月14日>

名古屋市名東区の栗原美紗さん(高1)が、小学6年の弟・淳(あつし)君から聞いた話。 学校が終わってから、淳君が近くの公園で6人の友達と遊んでいると、そのうちの一人の子が猫を抱えて来た。何でも道路の真ん中で車にひかれそうになっていたのだという。グレーのかわいい子猫だが、目にけがをしており、目やにが付いていた。 一人の友達が家に走ってキャットフードを持って来た。食べさせるが少ししか口にしない。元気がな […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『ワン!』

高知県南国市 ペンネーム:パンダ。さん <心に響いた「たった一言」> 「ワン!」 <「たった一言エピソード」> 愛犬とのエピソードですが、子供の頃から悩みがあるといつも犬に話しを聞いてもらっていました。 普段、めったに吠えない犬だったのですが、私の話しをじーっと聞き終わった後にかならず「ワン!」と一言、元気に吠えてくれました。 なんだか励まされているような気がして勇気と元気を貰いました。悲しい事が […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『にゃおーん』

<掲載時のお名前>かみうらみゆきさん <年齢>48才 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「にゃおーん」 <「たった一言エピソード」> 子供の頃から大好きだった父親が大腸がんに罹り、手術で一時は元気になったものの再発。そして、具合はどんどん悪くなりついには医者から、 「余命はあと数日です」 と告げられた日。 私は悲しくて悲しくて。夫や子供の前では気丈にふるまってはいたものの、夜になると涙が […]

親孝行大賞受賞作品 ★こころぽかぽか賞★ 『雨上がり倶楽部』

【ペンネーム】雨上がりさん 【性別】女性 【年齢】70 【住所】福井県福井市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「雨上がり倶楽部」 【「親孝行大賞」の本文】 「雨上がり倶楽部」。部員2名。部長は私で、副部長は娘。現在ものんびり活動中。 5年前、私は主人を癌で亡くしました。69歳という早すぎる死でした。不思議なもので、悲しみという感情は時間が経つほどに止めどなく湧き上がるものです。何でもないときに涙がぽ […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『毎朝「おはよう」といってるんよ』

愛知県犬山市立犬山中学校 森川さん <心に響いた「たった一言」> 『毎朝「おはよう」といってるんよ』 <「たった一言エピソード」> この間、私が祖母の家へ行ったら祖母が写真に、話しかけてた。その写真は、今まで飼っていた猫の写真で一匹一匹に、 「おはよう、おはよう」 と言っていた。 何をしているのか私が訪ねると、「このこ達が生きていたときにも、毎日同じように『おはよう』と言っていたから、そのクセかね […]

ほろほろ通信『アシナガバチの心配をして』志賀内泰弘

4月下旬、刈谷市の高山千可子さん(47)宅の2階バルコニーに、アシナガバチが巣を作り始めた。ご主人に「大きくなる前に駆除して」と頼むと、「ちょっかいを出さなければ刺されないから大丈夫」と言われた。その言葉に従い、高山さん一家はアシナガバチとの共生を始めた。 自宅の隣がご主人の会社事務所。2階で繋がっており、普段はバルコニーを使って行き来している。しばしば二人のお子さんたちも、事務所のコピー機やパソ […]

ほろほろ通信『心配しております』志賀内泰弘

台風15号が近づいていた9月20日(2011年)。名古屋市守山区の大川孝次さん(76)は、不安な夜を迎えていた。テレビのニュースは、堤防が氾濫して浸水した民家の様子を映していた。消防署員に救助されたり体育館に避難する人たち。 人ごとのように思っていたことが、こんな身近で起きようとは。自分の住んでいる町が避難勧告の対象となったことが、何度もテロップで流されていた。そんな時、電話が鳴った。昔住んでいた […]

ちょっといい話『木も親に教育されている』志賀内泰弘

古の時代から、「最近の若者は・・・」と大人は言っていたそうです。私もご多分に漏れず、「最近の若者は・・・」とよく口にします。その若者を誰が育てたのかというと、親、つまり大人です。ろくでもない教育をしてきたことを棚に上げて、いつの時代でも大人は「最近の若者は・・・」と言い続けてきたわけです。 さて、せんだっての当メルマガでは、春日大社の葉室頼昭宮司の言葉「人も自然の一部です」についてお話しました。そ […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG