TAG

企業・就活

『人生に無駄なことなどない、たとえ・・・』|たった一言でコンテスト受賞作品

<掲載時のお名前>クリーチャー <年齢>36 <性別>男性 <住所>兵庫県伊丹市 <心に響いた「たった一言」> 「人生に無駄なことなどない、たとえ行き止まりに迷い込んでも、その道が行き止まりということを知れるんだ。 <「たった一言エピソード」> 私が仕事に失敗して、頑張っていたことが無駄になった時に上司に言われた言葉です。 頑張っていたのに失敗したことをクヨクヨしていたら、言葉をかけてくれました。 […]

『普段言えないけど、ありがとう』|ほろほろ通信 志賀内泰弘

春日井市の森世昶(としあき)さん(81)は、以前、大手電機メーカーに勤めていた。若いころから正しいと思ったことは、絶対に曲げない性格だった。しかしそれは、会社員としてはあまり適していなかった。 当時は、世界各国へ電気機器を輸出する際に、取扱説明書は日本語で書かれていた。上司に「相手国の言語で作って欲しい」と申し出ると「日本語で十分だ」と却下された。それが原因で言い争いになった。そんなことが日常茶飯 […]

『死ぬ前に逃げろや』|たった一言でコンテスト

<掲載時のお名前>アッガイさん <年齢>48 <性別>男性 <心に響いた「たった一言」> 「死ぬ前に逃げろや」 <「たった一言エピソード」> きつい仕事の連続で、思わず自殺に追い込まれそうになった時、先輩が言ってくれた一言。 「死ぬ前に逃げろや」 この言葉で救われ、自殺を思い止まった。 普段は厳しい先輩だったが、私が追いつまれる性格を分かって、この言葉を言ってくれた。先輩と今では酒を飲み明かす仲で […]

『三九郎稲荷神社で学んだこと(その1)・・・嫌いな人間について考える』|ちょっといい話 志賀内泰弘

サラリーマンをしていた時、会社を辞めたくしてたまりませんでした。仕事が嫌いになったわけではありません。人間関係で耐えられなくなったのでした。 その一つは、上司からのパワハラです。今なら、コンプライアンス委員会に訴えたり、弁護士と相談するかもしれません。でも今から30年近くの前のことで、当時は「パワハラ」などという言葉さえありませんでした。 「会社でお金をもらうのは、人間関係の我慢料だよ」 などと、 […]

『親ばかですが… 』|ほろほろ通信 志賀内泰弘

瀬戸市の加藤太伸さん(61)の娘さんはアパレルメーカーに4年間勤めていた。ところが、突然辞めて転職するという。これには大反対した。東京本社で商品企画の部署に就き、将来を有望視されていた。 大企業なので安定もしている。転職希望先はベンチャー企業。誰もが知る有名な会社ではあるが、勤務時間が長いなど労働条件が厳しくて離職率が高い。しかし反対を押し切り、勝手に転職してしまった。 しばらくして娘さんから加藤 […]

『パパはいつも会社から帰ってきて・・・』|たった一言でコンテスト受賞作品 ホスピタリティ賞

<掲載時のお名前>のんびりパパさん <年齢>38 <性別>男性 <心に響いた「たった一言」> パパはいつも会社から帰ってきて「疲れた〜」って言うけど仕事ってめっちゃ楽しいんやなぁ <「たった一言エピソード」> 夏休みに混みあってイモ洗い状態の遊泳プールへ行ったその夜、疲れきって寝ようとした時に娘がポツリ、 「パパはいつも会社から帰ってきて”疲れた〜”って言うけど仕事ってめっちゃ楽しいんやなぁ」と。 […]

たった一言でコンテスト受賞作品 ホスピタリティ賞『私があなたを食べさせるから』

<氏名>安田さん <住所>鹿児島 <心に響いた「たった一言」> 私があなたを食べさせるから <「たった一言エピソード」> 現在、うつ病で休職中でたまに、妻に辛くあたったりしております。休職して2年になりますが、いまだに休職しております。 たまに、精神障害が続き涙もろくなります。すると必ず妻が、 「私があなたを食べさせるから」 と言ってくれます。 まあ、復職目指しています。妻には、口では言えませんが […]

ちょっといい話『建設業の本当にあったいい話・・・今どきのワカモノの話』志賀内泰弘

建設業は3K(きつい、汚い、危険)と言われる不人気業種です。その上、容易に一人前になれる仕事ではありません。 でも、そこで働く人々がいます。3Kと承知で「建設で働きたい」と言う若者もいます。 そこには、他業種以上に「なぜ望んで、その仕事に就いたのか?」「辛い時、苦しい時、どうやって乗り越えて来たのか?」とドラマが潜んでいます。 建設コンサルタントの降籏達生さんは、建設業に携わる人たちの「心温まるい […]

たった一言でコンテスト受賞作品 ★こころぽかぽか賞★『命が1番大事!ぬちどぅ宝(沖縄方言)』

<掲載時のお名前>やすさん <年齢>26才 <性別>男性 <心に響いた「たった一言」> 「命が1番大事!ぬちどぅ宝(沖縄方言)」 <「たった一言エピソード」> 始めてバイトをした高校生の時の話。 ピザのデリバリーのバイトで時間に急いでおり赤よりの黄色の信号で進み、車と危なくぶつかりそうになった。 それをたまたま上司に見られ、ぶつかりそうになった車からもクレームの電話が届き、怒られた時に言われた一言 […]

ちょっといい話『建設業の本当にあったいい話・・・コンビニに来店する解体職人さんの話』志賀内泰弘

建設業は3K(きつい、汚い、危険)と言われる不人気業種です。その上、容易に一人前になれる仕事ではありません。でも、そこで働く人々がいます。3Kと承知で「建設で働きたい」と言う若者もいます。そこには、他業種以上に「なぜ望んで、その仕事に就いたのか?」「辛い時、苦しい時、どうやって乗り越えて来たのか?」とドラマが潜んでいます。 建設コンサルタントの降籏達生さんは、建設業に携わる人たちの「心温まるいい話 […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG