TAG

アーチスト

ちょっといい話『星野源さんの言葉』志賀内泰弘

「明日死んじゃうかもしれないから」 それが、私の口癖です。でも、そう口にすると、たいていの人から引かれます。かなり前なら、そう思ってはいましたが、相手のリアクションが想像できたので、控えていました。しかし、歳を経て重ねて様々な経験をするたびに、その思いは強くなっていきました。 35歳のとき、会社の上司のパワハラに遭い(当時はパワハラという言葉はありませんでしたが)、大病をして生死を彷徨いました。死 […]

ほろほろ通信『恩返しのコンサート』志賀内泰弘

瀬戸市の尾山寿子さん(73)には重度身体障害の息子さんがいる。範芳さん(44)だ。ポリオ(小児まひ)で四肢機能障害になった。今も車いすの生活で、寿子さんが介護をしている。 小学校4年までは訪問授業で自宅まで先生が教えに来てくれた。ところが教育制度が変わり5年生から養護学校へ通わなくてはならなくなった。範芳さんを背負い路線バスに乗る。途中、迎えに来ているスクールバスに乗り換える。学校の授業中もそばに […]

親孝行大賞受賞作品 ★親にありがとう賞★ 『初めてのデート』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】クテーんさん 【性別】男性 【年齢】40 【住所】愛知県 名古屋市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「初めてのデート」 【「親孝行大賞」の本文】 誰もが知っている。それこそ音楽に関心がなくても日本、いや世界的に認知されている。世界的なロックバンドXJAPAN。昭和世代である自身もファンの一人であるが、実家に帰った際家の母も大変なファンである事が発覚した。 きっかけは購 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『何もなくても、笑えていればいい』

<氏名>大場さん<学校名・学年>一宮市立千秋中学校 <心に響いた「たった一言」>「何もなくても、笑えていればいい」 <「たった一言エピソード」>この言葉は、私が大好きなバンドのある歌の中の歌詞です。その歌のこの歌詞の部分を聴いたとき、一瞬にして心に突き刺さりました。そのころ、中学校生活にだいぶ慣れてきた頃でした。少しずつ勉強も難しくなっていって、私は数学でつまずいていました。「どうしよう」と何度か […]

ちょっといい話『ユーミンですら・・・』志賀内泰弘

物書きをするようになって、20年ほどが経ちます。ベストセラーと呼ばれる本を出すこともできましたが、まだまだ、売上は満足いくものではありません。そこで、いつも悩むのが、「書きたいもの」と「売れるもの」の狭間です。 そこで編集者との戦いがあります。作家は、一人で本を書いているわけではありません。0の段階から、「今度は、どんな本にしましょうか」などと二人で相談をしたりします。「こんなもの書きたい」と言う […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG