親孝行大賞★こころぽかぽか賞★『形より中身』

ペンネーム】まるぽちさん
【性別】女性
【年齢】40代
【住所】兵庫県五色町

【「親孝行大賞」のタイトル】
『形より中身』

【「親孝行大賞」の本文】
姉妹三人を一人で育ててくれた父。漁師であった父は、夕方に沖へ出て朝帰宅だったので、顔を合わせるのは私が学校へ行くまでの30分くらいでした。

小学生の頃は岸壁へと魚や父の荷物を取りに行ったり、登校するまでの少しの時間をお手伝いをしていました。中学生になると部活動の朝練、夕方練習があるので、週1くらいしか顔を合わしていませんでした。

部活動などのお弁当を自分で作るようになった頃に父に卵焼きを焼いて欲しいと言われ、仕事に行く前に食べるからと、作ったのは形の悪いダシ巻き卵でした。それでも父は美味しいと言って食べてくれました。

「見た目より一生懸命作ってくれたうまい味がする!」と嬉しそうでした。あまり会わなかった父に、卵焼きは私がほぼ毎日作るようになり、私が作る特大おにぎりを持参して仕事に行ってました。

ダシ巻き卵を作るたび、娘(中学生)に作り方を教えている時、何よりも仕事が好きだった父への「ダシ巻き卵」が親孝行だったかなと思い出します。

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG