『思い出のマグカップ』|親孝行大賞受賞作品

【ペンネーム(掲載時のお名前)】山 崎 裕 美 子さん
【性別】女性
【年齢】30代
【住所】岡山県都窪郡

【「親孝行大賞」のタイトル】
 思い出のマグカップ

【「親孝行大賞」の本文】
高校生2年の頃、初めてのバイト代で、コーヒー好きな母の為、ショッピングセンターのブランド食器コーナーで、可愛らしく上品な苺柄のマグカップを購入した。

高級感のある店内は学生の私には少し緊張した。帰り道は自転車のカゴに乗せて帰ったので、でこぼこ道でも落ちないよういつもよりゆっくり帰ったのを覚えてます。

社会人になり、十数年…
実家に帰った時、母が食器を洗ってると、

「ガチャーン…」

大事に長年使ってたけど、割れてしまった。

私は
「まぁ、割れ物だし、しょうがないよー」
と言うと
母は
「大事にしてたのに…」
と涙声で、
「なんか涙が出てきた…」
とそれを見てそんなに大切にしてくれてたの?と思って、
私も目頭が熱くなってしまいました。

私が14歳の時から母子家庭で頑張ってきた母親にとって思い入れのあるものだったんでしょう…もう正規店では販売してないので、後日ネットで探して同じ物を購入し、プレゼントしましたが、割れたカップは、接着剤で繋がれ、植物用の鉢になり、今もベランダで活躍中です。

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG