ほろほろ通信『母の日と古ぼけた二足の靴』志賀内泰弘

名古屋市瑞穂区の小栗健吾さん(40)は毎年、母の日に二人の子どもを連れて実家を訪れる。お姉さんも二人の子どもと一緒にやってくる。4人の孫が競うようにして肩を叩く。小栗さんの両親はそれを楽しみにしている。

2年前の母の日のことだ。実家の玄関で二足の靴を見かけた。ペアのトレッキングシューズだ。茶色に変色し、ずいぶん古ぼけている。「あれ?これって…」と首をかしげたとき、母親が言った。

「この靴、15年前にあなたが初任給で買ってくれたものだよ。大切に履いていたので今でももっているのよ。これからも大事に履くからね」

小栗さんは当時のことを思い出した。「初任給で何かプレゼントしたい」と言うと、「夫婦でハイキングに出掛けたい」というので贈ったことを。自分でも忘れかけていたのに、ずっと大切にしていてくれたのだと思うと泣けてきてしまった。母の日に反対に大きなプレゼントをもらった気がしたという。

そんな自分が、今は父親になった。先日のことだ。会社に着くとコートのポケットが膨らんでいることに気づいた。手を入れると、みかんと一通の手紙が出てきた。それは小学4年と1年の娘からのものだった。

それぞれに「お仕事がんばってね。みかん食べて風邪ひかないでね」「パパ大好き」。残業続きで午前さまが続いているのを心配してくれたのだった。その手紙は小栗さんの宝物になっている。

母の日に、小栗さんから母親へのメッセージ。「生んでくれてありがとう」。そして、娘さんたちへのメッセージ。「生まれてくれてありがとう」

<中日新聞掲載2012年5月13日>

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG