『父親から学んだこと』|ほろほろ通信 志賀内泰弘

一宮市の服部修寛さん(63)がまだ独身だったころの父光孝さんの思い出話。

ある日、家族で名古屋の中華料理店に出掛け、支払いを済ませて車に乗り込んだ。もうすぐ家に着くというところで、光孝さんが突然「店に引き返せ」と大声で言った。

「注文した料理の合計と支払った金額が合わない。支払ったのが500円安かった」とのこと。

50年も珠算の先生をしているので間違いないと思われた。修寛さんは「もう閉店しているから、明日、仕事の帰りに不足分を支払ってくるよ」と言い、そのまま帰宅した。

翌日の昼すぎ。修寛さんの職場に光孝さんから電話が入った。「何だか悪いことをしたような気になり、一睡もできなかったので、朝一番で店まで行って支払ってきたから、行かなくてもいい」との連絡だった。

聞けば、往復7000円のタクシー代をかけたのだという。「なんてばかな。そして、なんて素晴らしい父親だろう」と尊敬した。

その光孝さんが6年前に亡くなった。

遺言には「残したお金はすべて恵まれない人に寄付すること。香典は受け取らないこと。そして、自宅は人のために役立てること」とあり、修寛さんはその通りに実行した。父親の住んでいた家は、今、ホームレスのための共同生活施設として提供している。

「呼吸と同じで、お金も物も出さないと入って来ません。何かいただき物があると、必ず周りの人に差し上げるようにしています。すると、それ以上のものが返ってきます。わらしべ長者のように。人は一人では生きていけません。「おかげさま」の心を父親から学びました」と修寛さんは話す。

<中日新聞掲載2013年10月27日>

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG