たった一言でコンテスト受賞作品 ニコニコ賞『お子さんがよく笑うのは・・・』

<掲載時のお名前>ふわふわさんん
<年齢>31才
<性別>女性

<心に響いた「たった一言」>
「お子さんがよく笑うのは、お母様がいっぱいお子さんに笑いかけているからですよ」

<「たった一言エピソード」>
今はもう4歳になる我が息子は、乳幼児の頃、それはそれは手のかかる子でした。

2歳になるまで、連続して2時間以上寝てくれたことはありません。離乳食を何時間もかけて作っても、一口も食べてくれない日が1年以上続きました。

さらに、一日中、抱っこを要求され、私は軽い育児ノイローゼになっていたようです。

当時、親しい友人は未婚者が多く、話を分かってくれる人もいませんでした。
「きっと、私の子育てが間違っているんだ」
そう思い込み、ふさぎ込む日が多くありました。

ある日のこと、自治体が主催する乳幼児健診に行き、保健士さんに育児に関する面談を受けました。
「私の子育て法が間違っていると言われるだろうな」
憂鬱な気持ちで、席に座り、いくつか質問を受けました。
「子育てがわからない」
と正直に相談しました。

すると、保健士さんは
「あなたのお子さんはとてもよく笑いますよ。お子さんがよく笑うのは、お母様がいっぱいお子さんに笑いかけているからですよ」
と言ってくださり、その言葉に涙が自然と溢れてきました。

私の子育ては間違っていなかった。そして暗闇でもがいていた私の苦労を理解してくれる人がいた。

たったその一言で私は救われました。子育てに正解なんてないかもしれない。ただ1つ正しいのは、子供を愛することだけ。それに気づき、肩の力を抜き、前向きに子育てをできるようになりました。

あの時の保健士さん、ありがとうございます!
今の息子も相変わらず、手はかかるけれど、よく笑う子どもです!

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG