たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『卒業』

愛知県名古屋市
氏名:Sさん

<心に響いた「たった一言」>
「卒業」

<「たった一言エピソード」>
私が以前勤めていた会社では、技術を身につけるため、毎日の練習が不可欠だった。毎日毎日帰りが遅く、朝の早い生活が続いたが、先輩も毎日毎日練習に付き合ってくれた。会社の仲間とは家族よりも長い時間を共にした。

そんな日々を繰り返していると、体力の限界からか体調を壊すことが多くなった。毎日の練習が辛くなり、笑顔で仕事ができなくなった。

自分の頑張りたいという気持ちと体のバランスが合わず、思い通りに行かないことばかりだった。こんな気持ちで、これから先も働いてはいけないと思い、仕事を辞める決意をした。

先輩に励まされ、頑張った毎日の練習を思うと、もう少し頑張れないだろうか...?と何度も自分に問いかけた。そんなことを考えながら幾日か経ったが、決意が変わることはなかった。

会社を辞める時、みんなが送別会をしてくれた。その時のことが今でも忘れられない。

送別会のテーマは「卒業」だった。

私は自分の意思で会社を辞める決意をし、新しい道を選択したが、その時会社のみんなが送り出してくれた時の言葉は、
「今日で卒業されます。」
「この会社を卒業し、新しい夢に向かってスタートされます。」
という言葉をかけてくれたのだ。

その言葉に感動し、胸がいっぱいになりこの会社に入って良かったなぁと思った。私は「後悔のない人生にします。本当に感謝しています。ありがとうございました」と精一杯みんなに伝えた。

言葉では伝えられないくらいの感謝の気持ちでいっぱいだった。素敵な環境に恵まれ、素敵な仲間に出会えたことに今本当に感謝している。

そして今私は、新しい会社で新しい夢に向かって頑張っている。後悔のない人生にするために..

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG