CATEGORY

ちょっといい話

ちょっといい話『物をもらう『思いやり』』志賀内泰弘

よくこんな話を耳にします。電車の中で青年が、お年寄りに席を譲ろうとした。すると、 「私はまだ、そんな歳じゃない」 と言い、断られたというのです。そんな話が、新聞の投稿欄に掲載され物議を呼んだことがありました。 「私は、お婆さんと呼ばれるのが嫌いです。だから断った女性の気持ちがよくわかります」 「せっかくの若者の気持ちを、受けてあげてもよかったのでありませんか。そうしないと、若者は本当に困った人にも […]

ちょっといい話『少し爪立って前方を眺めてみよう』志賀内泰弘

ときどき、ご近所の人と立ち話をします。井戸端会議とまではいきませんが、生活に有益な情報を得られることもあります。 例えば、コロナ禍が始まった当初は、どこのドラッグストアでマスクが何時くらいに入荷するとか。公園の向こうの工場跡地に、大きなディスカウントストアができるとか。はたまた、カラスからゴミを守る方法や庭の同じところフンをしていく猫対策など、生活の知恵を教えてもらうこともあります。 さて、そんな […]

ちょっといい話『名前を呼べば、心の距離が近くなる』志賀内泰弘

ニワゼキショウ トキワハゼ ユウゲショウ マツバウンラン・・・。 さて、何のことかお判りでしょうか。これなら、「知ってる!」と声が上がると思います。 カタバミ スミレ ツユクサ ハルジオン。 そう、雑草の名前です。それも、特別に珍しいものは一つもありません。都会の真ん中にある公園や街路樹の下、コインパーキングにも、ごく普通に見られるものです。自粛、自粛と呼びかけられて、これでは身体だけでなく心もお […]

ちょっといい話『必ず誰かが見ている』志賀内泰弘

友人で、ラジオのパーソナリティをしている、林ともみさんから「こんな話を思い出しました」とメールが届きました。それは、今は大学生になられた息子さん話です。    *   *   *   *   * 息子が小学生のときに、ゴミをいっぱい抱えて帰ってきたことがありました。どうしたのか聞くと、近所の同級生の女の子とゴミ拾いの競争をしながら帰ってきたと。 息子は女の子に負けたのか意欲満々で、その日からしばら […]

ちょっといい話『言っていいこと悪いこと』志賀内泰弘

岐阜県多治見市で、中学の校長や教育委員会教育長などを歴任された村瀬登志夫さんは、心に浮かんだことや「気づき」になる事柄を常にメモし、「生き方サプリメント101錠」という冊子にまとめてきました。 そのタイトルの通り、101個の心が元気になる話が詰め込まれています。今回、その第1~4集をまとめた合冊版が発行され、その第4集の中のこんな話(64錠目と65錠目)に目が留まりました。     *    *  […]

ちょっといい話『良い行いをしなさい』志賀内泰弘

岐阜聖徳学園大学で、学校の先生になる夢をかなえようとして勉強する学生を指導している玉置崇教授から、ゼミ生が書いた文章を送っていただきました。眩し過ぎる素直な心に感動。そこで、ご本人にお許しをいただき、ここに紹介させていただきます。      *     *     *     * 「良い行いをしなさい」 玉置ゼミ7期生・今井美羽 お食事中の方は、読まない方が良いと思います。 先日の朝、犬の散歩をし […]

ちょっといい話『どういう負け方をするかで人生は変わる』志賀内泰弘

「勝ち組」「負け組」という言葉が、一時巷で流行ったことがあります。でも、今は、そんな言葉を使う人は珍しいように思います。人生は勝ち負けではありませんからね。そして、「幸せかどうか」は、他人が決める事ではなく、自分が思う事です。 「勝ち」「負け」はともかくとして、人生は挫折、失敗の連続だと思います。おそらく、一度も転んだことのない人はいないのではないでしょうか。何かにチャレンジしている人。何かに打ち […]

ちょっといい話『父から学んだこと』志賀内泰弘

もうすぐ「父の日」です。父なんて言うと、少し照れるので「オヤジ」と書きます。 オヤジは頑固者でした。大正10年生まれ。軍隊にも行っていて、幼い頃、一緒にお風呂に入ると敵の玉に撃たれたお腹の傷を見せてくれました。しかし、それがどんな状況だったのかまでは詳しく教えてはくれませんでした。 後々、私が大人になって気づくことですが、父は「戦争」というものを、自分の中で封印していたのだと思います。語らずとも、 […]

ちょっといい話『戦場の祈り』志賀内泰弘

感染者の増加の波が押し寄せる度、医療関係機関の方々は、たいへんなご苦労をされておられます。いつも元気な医師の友人が「めちゃくちゃしんどい」と、弱音を吐くのを初めて聞きました。 医療従事者のみなさんを応援するため、チャリティプック「人生にエールを。」(リベラル社)を発刊しました。その中から、ぜひみなさんに読んでいただきたい文章を全文公開させていただきます。 読者の方々から、「胸がくるしくなりました」 […]

ちょっといい話『高野登さんの集大成「百年思考」』志賀内泰弘

元ザ・リッツカールトン・ホテル日本支社長で、現在、精力的に講演・セミナー活動をしておられる高野登さんの新刊が出ました。「百年思考」(かざひの文庫)です。これは、高野さんが、もっと力を注いでおられる善光寺寺子屋「百年塾」の講話100選です。まずはその中から、一編をお読みください。     *    *    *    * 「想像力の翼を、大きく広げましょう」 ある時、都心の高層ビルの一階でエレベータ […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG