CATEGORY

ちょっといい話

ちょっといい話『どういう負け方をするかで人生は変わる』志賀内泰弘

「勝ち組」「負け組」という言葉が、一時巷で流行ったことがあります。でも、今は、そんな言葉を使う人は珍しいように思います。人生は勝ち負けではありませんからね。そして、「幸せかどうか」は、他人が決める事ではなく、自分が思う事です。 「勝ち」「負け」はともかくとして、人生は挫折、失敗の連続だと思います。おそらく、一度も転んだことのない人はいないのではないでしょうか。何かにチャレンジしている人。何かに打ち […]

ちょっといい話『父から学んだこと』志賀内泰弘

もうすぐ「父の日」です。父なんて言うと、少し照れるので「オヤジ」と書きます。 オヤジは頑固者でした。大正10年生まれ。軍隊にも行っていて、幼い頃、一緒にお風呂に入ると敵の玉に撃たれたお腹の傷を見せてくれました。しかし、それがどんな状況だったのかまでは詳しく教えてはくれませんでした。 後々、私が大人になって気づくことですが、父は「戦争」というものを、自分の中で封印していたのだと思います。語らずとも、 […]

ちょっといい話『戦場の祈り』志賀内泰弘

感染者の増加の波が押し寄せる度、医療関係機関の方々は、たいへんなご苦労をされておられます。いつも元気な医師の友人が「めちゃくちゃしんどい」と、弱音を吐くのを初めて聞きました。 医療従事者のみなさんを応援するため、チャリティプック「人生にエールを。」(リベラル社)を発刊しました。その中から、ぜひみなさんに読んでいただきたい文章を全文公開させていただきます。 読者の方々から、「胸がくるしくなりました」 […]

ちょっといい話『高野登さんの集大成「百年思考」』志賀内泰弘

元ザ・リッツカールトン・ホテル日本支社長で、現在、精力的に講演・セミナー活動をしておられる高野登さんの新刊が出ました。「百年思考」(かざひの文庫)です。これは、高野さんが、もっと力を注いでおられる善光寺寺子屋「百年塾」の講話100選です。まずはその中から、一編をお読みください。     *    *    *    * 「想像力の翼を、大きく広げましょう」 ある時、都心の高層ビルの一階でエレベータ […]

ちょっといい話『普通の仕事を、普通ではないレベルでやる』志賀内泰弘

元ザ・リッツカールトン・ホテル日本支社長で、現在、精力的に講演・セミナー活動をしておられる高野登さんとの出逢いは、この本でした。 「リッツカールトンが大切にするサービスを超える瞬間」(かんき出版)です。 最初に書店で見かけた時、迷わず手にしていました。当時まだサラリーマンだった私は、帰宅するとすぐ読了。 「これは凄い本だ!」 「なんとか、高野さんを自分が主宰する勉強会に講師としてお招きできないだろ […]

ちょっといい話『人を見てくれで判断するなかれ』志賀内泰弘

昔から、よくこう言います。 「人を見てくれで判断するなかれ」 でも、実際のところ、何も知らない初対面の人を判断するのは、「見てくれ」、つまり「どんな格好をしているか」になってしまうものです。 ある銀行のカウンターの内側に、こんな張り紙がしてあるそうです。 「人を見た目で判断するな! 思わぬ人が、大金持ち」 それでも、人は、見た目で相手のことを「思い込んで」しまいます。仕方のないこととはいえ、それが […]

ちょっといい話『自分につく嘘』志賀内泰弘

もしも過去に戻れたら・・・。一度は誰もが思うことです。 子育てのイライラから怒りをぶつけてくる妻の言動に、 「こんなはずじゃなかった。もう一度、人生をやり直したい」と嘆く銀行マンの主人公。そんなある日、タイムスリップして人生を、好きな時点からやり直せることなる。 ところが・・・。過去に戻ってみたものの、やっぱり何をしても上手くいかない。どんどん、周りの人をも不幸にしてしまう。そして、主人公は、悩み […]

ちょっといい話『星野源さんの言葉』志賀内泰弘

「明日死んじゃうかもしれないから」 それが、私の口癖です。でも、そう口にすると、たいていの人から引かれます。かなり前なら、そう思ってはいましたが、相手のリアクションが想像できたので、控えていました。しかし、歳を経て重ねて様々な経験をするたびに、その思いは強くなっていきました。 35歳のとき、会社の上司のパワハラに遭い(当時はパワハラという言葉はありませんでしたが)、大病をして生死を彷徨いました。死 […]

ちょっといい話『日本講演新聞のこと 新刊読者プレゼント』志賀内泰弘

知っている人は、知っている。知らない人は、まったく知らない。 「え? 当たり前のことを、何をバカなこと言っているんだよ」 と、おっしゃる方も多い事でしょう。いえいえ、でもこれが真実。知ってる人は、ただ知っているだけではありません。知っている人は、熱烈ファン。一度、購読してしまうと、もうやめられない。 「日本講演新聞(旧・みやざき中央新聞)」とは、そういう存在なのです。 初めて、この新聞を手にしたの […]

ちょっといい話『機転の速さに天晴れ』志賀内泰弘

ペンネーム「トシちゃん」から、こんな「いい話」の投稿をメールでいただきました。まずは、御覧ください。     *    *    *    *    * 友人の話に感動しました。 その友人の次男さんは、電車で通学しています。その電車で大学生くらいの男性がおばあさんに席を譲ってたそうです。 「席、どうぞ」 と。 ところが、お婆さんは、 「年寄り扱いしないで」 と、答えました。 すると、その男性は、 […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG