「親孝行大賞」受賞作品
CATEGORY

「親孝行大賞」受賞作品

「親孝行大賞」第1回から第3回までの応募総数2,530件の中から選りすぐりの親孝行にまつわるいい話をご紹介いたします。

『親父との一本勝負』|親孝行大賞受賞作品

【お名前】大藤さん 【性別】男性 【年齢】70代 【住所】福岡県 【「親孝行大賞」のタイトル】 親父との一本勝負 【「親孝行大賞」の本文】 親父が病院から外出の許可をもらったので久しぶりに家族水入らずで近くの公園に散歩に出かけた。 緑の芝生を歩くことが気持ちよさそうで、親父は私に、一丁やるか、と声をかけてきた。母や妹は、やめなさいよ、と笑いながら言っているが止めてはいない。 よし、私も応じた。親父 […]

『ありがとう子どもたち』|親孝行大賞受賞作品

【ペンネーム】木立慈雨さん 【性別】男性 【年齢】50代 【住所】宮城県石巻市 【「親孝行大賞」のタイトル】 ありがとう子どもたち 【「親孝行大賞」の本文】  子育てはスリリングだ。特にやんちゃな男の子二人を授かった我が家では、特に保育園時代の忘れがたいエピソードが多い。それも一般家庭では事件というような代物だ。 例えばディズニーランドでの出来事。次男が柵に首を突っ込んでそのまま抜けなくなった。思 […]

『おてんば母さん』|親孝行大賞受賞作品

【ペンネーム】おとみさんさん 【性別】男性 【年齢】70代 【住所】大阪府吹田市 【「親孝行大賞」のタイトル】 おてんば母さん 【「親孝行大賞」の本文】 母は8年前に102才で亡くなりましたが、おてんばで子どものように天真爛漫な人でした。90歳ぐらいから足が弱って長い距離を歩けなくなり、車椅子で出かけるようになりました。 ある日、バラ園が有名な大きな公園に一緒に行った時に、母が大きな観覧車を見つけ […]

『親孝行の形』|親孝行大賞受賞作品

【お名前】宮本さん 【性別】女性 【年齢】10代 【住所】大阪府高槻市 【「親孝行大賞」のタイトル】 親孝行の形 【「親孝行大賞」の本文】 私の母は頑張り屋だ。父が仕事で家を開けることが多くても、子育てと家事を両立し、何一つ手を抜かなかった。 年子の兄と私の面倒を一人で見ることは、とても大変だっただろう。兄はとてもやんちゃな性格で、大きな声を出しながら家中を走り回り、母を困らせたそうだ。 私は兄と […]

『孫の顔を見せる』|親孝行大賞受賞作品

【ペンネーム】はなまるさん 【性別】女性 【年齢】20代 【住所】東京都調布市 【「親孝行大賞」のタイトル】 孫の顔を見せる 【「親孝行大賞」の本文】 「孫の顔を見せる」 広く認知されている親孝行の方法である。しかし、なんのあてもない独身の娘には残酷な響きである。 不妊の可能性あり。はじめから産めないとわかっているから、誰かと結ばれることをも躊躇する。自分ではあきらめがついている。 しかし両親には […]

『お手伝い』|親孝行大賞受賞作品

浜松市立都田中学校 鈴 木 舞 歩様の作品 親孝行大賞コンテストということで、母にどのようなことが嬉しいかを聞いた。 すると 「日頃の家事を手伝ってくれるのが一番嬉しい。一つやることがなくなるだけでとても楽になるし、長い休みの間はほぼ全て手伝ってくれるからすごく助かっている」 と言っていた。 それを言われてとても嬉しい気分になったのだが、その時に家事を母の仕事だと思ってしまっていたことに気がついた […]

『頼ってほしい親心』|親孝行大賞受賞作品

神奈川県横浜市 畑心様の作品 いつの日からか、母の手伝いをするようになりました。最初は興味のあった料理から。 少しずつ洗濯をしたり、服を畳んだりしたりするようになりました。 段々と母のしていたほとんどの家事をできるようになり、母がいなくても一人で家事をできるようになったのです。 買い物に行き、予算内でできるものを考え、残ったものを使えるようにメニューを考えます。料理の合間に洗濯をし、掃除をして過ご […]

『マグロの刺身』|親孝行大賞受賞作品

福島県白河市 月見どろぼう様(50代男性) 実家で暮らしていた父も兄も姉も相次いで亡くなり、母が一人暮らしになった。私は週末になると、会社から実家へ直行する。 翌日の母の通院の付き添いのため泊まるのだ。通院の朝は早い。順番を取るために母と朝7時には家を出る。待ち時間と診察、そして点滴で午前は終わってしまう。病院の売店で、おにぎりを買って、車の中で食べながら家へ帰る。 家に戻ると母は、ほっとするのか […]

『俺がやる』|親孝行大賞受賞作品

長野県上伊那郡 かきちゃん様の作品 65歳にして食道がんに罹ってしまい入院。その宣告が受け容れられず、でもどうしようもなくて一人もがいていた時、長男から電話がありました。 直ぐに見舞いに行けない詫びかと思いきや、治療法からセカンドオピニオンのことやらいろいろ調べていて、うじうじしている私の考えるべきことを率直に伝えてくれました。 「そんなこと言ったって、どうしようもないじゃないか」と答えた私に、「 […]

『あなたの息子で良かったです』|親孝行大賞受賞作品

広島県広島市 きむらあらた様の作品 新卒でマスコミ業界に就職。実家の大阪を出て、大都会東京で一人暮らし。やっと手に入れた初任給で親孝行しようと決意したが、何をすればいいのか…。考えに考えて、両親に温泉旅行をプレゼントすることにした。 「おかん、就職してちょっと慣れてきたし次の週末実家帰るわ!」 「わかった~、何食べたいんや?から揚げか? ハンバーグか?」 「から揚げ頼むわ」 恥じらいなのか、有難う […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう。