『鯖寿司』|親孝行大賞受賞作品

滋賀県守山市
coni様の作品

地元の祭りなどの時に義母が作る鯖寿司は日本一旨いと思ってきたし、息子達も大ファンです。妻の実家は車で10分ほどなので、鯖寿司に限らず収穫できた米に野菜、色々な煮物を貰ってます。

ところが高齢になった義母の料理の味にバラつきが見え出しました。常に旨かった味が時々「???」になったのです。
それを一緒に食ってた長男が危機感を持ったのでしょう。

「今のウチに鯖寿司の作り方を弟子入りして覚える」と言い出しました。義父母に頼むともちろんOK、しかし並大抵ではなかったのです。

まずは鮮度の良い鯖を手に入れるため、鯖街道を北上して日本海近くの店まで買いに行くことからでした。片道1時間以上もよく義父の運転で行ってたものです。

義父も高齢となり流石に長距離運転を諦めたので、今後は一族の誰かが送迎することになりました。持ち帰った鯖を捌くのは義父でした。夫婦共同作業だったのですね。

骨を抜き酢で〆た後の義父の切り方や、義母の酢飯の作り方や押し方もノウハウ満載で、長男は何度も通って自宅でも復習しました。まぁ、なんとか近づけた頃合いで指導は終わりました。

その後、義母に煮物を貰うと味が元に戻りました。鯖寿司の作り方を孫に伝える大役に気持ちが張り直し、ちょっと認知症に向かいかけていた脳が回復したのかも知れません。

息子の味ではまだまだ届いてないので、義父母が元気なウチは運転手役をかってでも、老夫婦の旨い鯖寿司合作を楽しみにしたいです。

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG