こころに沁みるいい話

いつも、隣にいる、幸せをお届け

『1055人にありがとう』|ほろほろ通信 志賀内泰弘

渡部隆一さん(47)は名古屋市昭和区の児童養護施設「名広愛児園」で施設長をしている。 夏休みに大須スケートリンクから「子どもたちをスケート教室に招待したい」との申し出があった。ほとんどの子どもは初体験なので喜んで受けることにした。 当日、57人の園児たちがスケート靴を履いた。中には3歳の子もいる。しかし、コーチに指導してもらい、こわごわながらも、あっと言う間に滑れるようになった。誰かが転ぶと歓声が […]

第2918号『四半世紀前のレフトスタンドの物語』山本孝弘|ちょっといい話 志賀内泰弘

今日のメルマガは、日本講演新聞中部支局長でコラムニストの山本孝弘さんに、書下ろしていただきました。 ちょっと胸がキュンとなる、セピア色の物語です。      *     *     *     *     * 「四半世紀前のレフトスタンドの物語」 山本孝弘 東京に住んでいた20代の頃、中日ドラゴンズが関東に来る度に球場に応援に行った。何度足を運んだかわからないある日のこと。 僕は東京ドームのレフト […]

『親父との一本勝負』|親孝行大賞受賞作品

【お名前】大藤さん 【性別】男性 【年齢】70代 【住所】福岡県 【「親孝行大賞」のタイトル】 親父との一本勝負 【「親孝行大賞」の本文】 親父が病院から外出の許可をもらったので久しぶりに家族水入らずで近くの公園に散歩に出かけた。 緑の芝生を歩くことが気持ちよさそうで、親父は私に、一丁やるか、と声をかけてきた。母や妹は、やめなさいよ、と笑いながら言っているが止めてはいない。 よし、私も応じた。親父 […]

『ありがとう子どもたち』|親孝行大賞受賞作品

【ペンネーム】木立慈雨さん 【性別】男性 【年齢】50代 【住所】宮城県石巻市 【「親孝行大賞」のタイトル】 ありがとう子どもたち 【「親孝行大賞」の本文】  子育てはスリリングだ。特にやんちゃな男の子二人を授かった我が家では、特に保育園時代の忘れがたいエピソードが多い。それも一般家庭では事件というような代物だ。 例えばディズニーランドでの出来事。次男が柵に首を突っ込んでそのまま抜けなくなった。思 […]

『うちは、んあの呼吸だね』|たった一言でコンテスト受賞作品

青森県三沢市 ペンネーム:やまっちさん <心に響いた「たった一言」> 「うちは、んあの呼吸だね」 <「たった一言で」エピソード> 「ん?」食事中、夫が箸をとめる。 私は、その「ん?」に、夫の焼き魚をつまんでみる。 「あ…。」味がしない。 夕方、散歩に出かける夫が、またまた「ん?」。ポケットから取り出したのは、シワシワになったハンカチ。 「あ…。」また中を確かめずに洗濯してしまった。 夫の「ん?」に […]

『おもちゃを直す喜び』|ほろほろ通信 志賀内泰弘

建築の仕事をしている服部幸一さん(49)は、笠寺おもちゃ病院で十数人のメンバーと共にボランティア活動をしている。基本的に部品交換がなければ無料とのこと。 服部さんはもともと、機械いじりが好きで仕事柄手先が器用。まったく経験はなかったが、先輩に教えてもらいながら修理の腕を磨いてきた。 ある時、おばあさんがロボットのおもちゃを持ってやってきた。操作すると恐竜に変身する。三カ月ほど前にお孫さんに買ってや […]

『念願のM-1グランプリに出場』山本孝弘|ちょっといい話 志賀内泰弘

今日のメルマガは、日本講演新聞中部支局長でコラムニストの山本孝弘さんに、書下ろしていただきました。50歳を過ぎても、夢を追いかける愉快なお話です。    *   *   *   *   * 「念願のM-1グランプリに出場」 山本孝弘 最近はテレビを観るのはスポーツ中継とドラマくらいになってしまった。バラエティ番組はほとんど観ない。そんな僕が唯一楽しみにしているのが年末に放映されるM‐1グランプリだ […]

『おてんば母さん』|親孝行大賞受賞作品

【ペンネーム】おとみさんさん 【性別】男性 【年齢】70代 【住所】大阪府吹田市 【「親孝行大賞」のタイトル】 おてんば母さん 【「親孝行大賞」の本文】 母は8年前に102才で亡くなりましたが、おてんばで子どものように天真爛漫な人でした。90歳ぐらいから足が弱って長い距離を歩けなくなり、車椅子で出かけるようになりました。 ある日、バラ園が有名な大きな公園に一緒に行った時に、母が大きな観覧車を見つけ […]

『困った時は、お互いさま』|たった一言でコンテスト受賞作品

門屋さん 中学校(浜松市) <心に響いた「たった一言」> 「困った時は、お互いさま」 <「たった一言エピソード」> 今からちょうど一年前の水窪祭りの日、私と父と弟は水窪の町を歩きまわっていました。水窪祭りは、出店もいっぱい出て人もたくさん集まるので、毎年にぎやかです。 その日、私たちは、お昼過ぎから水窪で遊んでいました。すると、三時を過ぎたころに、雨がバラバラと降ってきました。 私たちは、折りたた […]

『つらいことはあるかもしれないけど・・・』|たった一言でコンテスト受賞作品

愛知県知立市中学校 氏名:小池さん <心に響いた「たった一言」> 「つらいことはあるかもしれないけど、それ以上に他の人にあなたは支えられているんだよ」 <「たった一言エピソード」> 僕はアレルギーで卵と牛乳が食べられません。僕は小さい頃、そのことで、からかわれたことがありました。 本当に小さなことですが、まだ小さく、幼かった僕にはとても悲しくて、ショックで、家に帰った後、お母さんにあたって、文句を […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう。