「いい話の図書館」館主を募集中!

「いい本は、生きる力を与えてくれる。そんな本との出会いを提供できれば」
「いい話の図書館」代表 小林由美子

第3回「親孝行大賞」始まりました!

第3回「親孝行大賞」
募集期間:2021年6月1日から10月31日
受賞者の発表:2022年3月1日
受賞者サイト:https://ii0855.com/

「いい話」は心の社員教育に最適

楽しく読みながら、心の「社員教育の教材」としてもご活用されています。
社員・バイトさんのサービス向上に、仕事もモチベーションUPに実績あり。

月刊紙『プチ紳士からの手紙』のサンプルを無料でお届けいたします
しく読みながら、心の「社員教育の教材」としてもご活用されています。
広告無しで15年以上続く月刊紙です。

親孝行大賞受賞作品★こころぽかぽか賞★『母の最後の生徒』

【ペンネーム】まるさん 【性別】女性 【年齢】50代 【住所】京都府京都市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「母の最後の生徒」 【「親孝行大賞」の本文】 ひとり暮らしの母に食事を作って届けていた。 行く度に、 「遠いところすまないねぇ~」 「仕事 忙しいのに無理せんといてな」 「悪いな」を繰り返す母。 とても気丈であった母から聞く気弱な言葉。きっと世話になるのは本当は嫌なのかな。 ある日、「中1から […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『卒業』

愛知県名古屋市 氏名:Sさん <心に響いた「たった一言」> 「卒業」 <「たった一言エピソード」> 私が以前勤めていた会社では、技術を身につけるため、毎日の練習が不可欠だった。毎日毎日帰りが遅く、朝の早い生活が続いたが、先輩も毎日毎日練習に付き合ってくれた。会社の仲間とは家族よりも長い時間を共にした。 そんな日々を繰り返していると、体力の限界からか体調を壊すことが多くなった。毎日の練習が辛くなり、 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『非番なんじゃがの〜』

徳島県板野郡 ペンネーム:のんきな父さん <心に響いた「たった一言」> 「非番なんじゃがの〜」 <「たった一言エピソード」> 私の父はまさに「おやじ」という感じの人物です。自営業をしていて普段は無口な人です。父は長男で弟妹5人、母は長女で弟妹2人がおり、当然ながら私のいとこにあたる甥は8人、姪は3人おります。その父から、私が成人して帰省した時に聞いた話です。 当時高校生だった姪の一人が駅前でチャラ […]

ほろほろ通信『30年間励まし続けて』志賀内泰弘

稲沢市の内藤はるえさん(76)から届いた63歳の友達M子さんの話。M子さんは30年もの間、一人暮らしの叔母さんの世話や介護をしてきた。その叔母さんが70歳のとき、入院したと連絡が入り駆けつけた。以来、仕事帰りに病院へ立ち寄るようになった。 その後、老人ホームへ入所。97歳のとき、肺炎にかかり寝込んでしまう。気弱になり「早くあの世に行きたい」とつぶやくようになった。そこでM子さんは「100歳まで生き […]

ちょっといい話『戦場の祈り』志賀内泰弘

感染者の増加の波が押し寄せる度、医療関係機関の方々は、たいへんなご苦労をされておられます。いつも元気な医師の友人が「めちゃくちゃしんどい」と、弱音を吐くのを初めて聞きました。 医療従事者のみなさんを応援するため、チャリティプック「人生にエールを。」(リベラル社)を発刊しました。その中から、ぜひみなさんに読んでいただきたい文章を全文公開させていただきます。 読者の方々から、「胸がくるしくなりました」 […]

親孝行大賞受賞作品★ こころぽかぽか賞★『いっぱい話そう』

【ペンネーム】みみさん 【性別】女性 【年齢】40代 【住所】愛媛県今治市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「いっぱい話そう」 【「親孝行大賞」の本文】 父は年々耳が遠くなり補聴器が手放せなくなった。 地域の行事など率先して手伝っているが、人と話すのが億劫になってきたと言う。補聴器を付けていても聞き取り辛く何度も言ってもらうのが申し訳ないから、なるべく話しかけないようにしているそうだ。近所の人と話し […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ ニコニコ賞★『徒競走は、せんのかなあ!』

徳島県阿南市 ペンネーム:スマイルままさん <心に響いた「たった一言」> 「徒競走は、せんのかなあ!」 <「たった一言エピソード」> 老人会の運動会を終えて、賞品を抱えて帰宅した両親との会話。 「おかえり。何の種目に出たの?」と私が聞くと、 二人そろって「スプーンレースに出たんじゃ」 「おばあちゃんのチームは、遅かったんよ」と母が言うと、 「わいは二番だった」と父が言った。 「すごいね、じいちゃん […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ ニコニコ賞★『ママが飛んでしまわないように』

兵庫県神戸市 ペンネーム:山田 一休さん <心に響いた「たった一言」> 「ママが飛んでしまわないように」 <「たった一言エピソード」> あの頃のわたしは何もかもに疲れていた。だんなの会社の業績も思わしくなく、専業主婦だったわたしもパートに出る毎日だった。 その日も、朝長女を幼稚園へ送って行き、そのまま仕事へ行かなければならなかった。幼稚園まで長女を後ろに乗せて自転車で急いで10分。そのままノーブレ […]

ほろほろ通信『続々!救急車・消防車の「ありがとう」』志賀内泰弘

前回の「ほろほろ通信」で、車の運転中に救急車のサイレンが聞こえたので路肩に寄せて道を譲ったら、追い抜いて行く瞬間に「どうもありがとう」と言われたという話を紹介した。すると、愛西市や弥富市などあちこちで「私も同じ体験をした」という便りが何通も届いた。いずれもうれしくて感動したという。 その中の一人、名古屋市港区の熊沢美枝子さん(65)の話。娘さんの運転する車で同市中川区かの里の辺りを走っていたところ […]

ちょっといい話『高野登さんの集大成「百年思考」』志賀内泰弘

元ザ・リッツカールトン・ホテル日本支社長で、現在、精力的に講演・セミナー活動をしておられる高野登さんの新刊が出ました。「百年思考」(かざひの文庫)です。これは、高野さんが、もっと力を注いでおられる善光寺寺子屋「百年塾」の講話100選です。まずはその中から、一編をお読みください。     *    *    *    * 「想像力の翼を、大きく広げましょう」 ある時、都心の高層ビルの一階でエレベータ […]

CATEGORY カテゴリごとの最新記事

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG