「いい話の図書館」館主を募集中!

「いい本は、生きる力を与えてくれる。そんな本との出会いを提供できれば」
「いい話の図書館」代表 小林由美子

第二回「親孝行大賞」受賞者発表!

第二回「親孝行大賞」
募集期間:2020年6月1日から10月31日
受賞者の発表:2021年3月1日

「いい話」は心の社員教育に最適

楽しく読みながら、心の「社員教育の教材」としてもご活用されています。
社員・バイトさんのサービス向上に、仕事もモチベーションUPに実績あり。

月刊紙『プチ紳士からの手紙』のサンプルを無料でお届けいたします
しく読みながら、心の「社員教育の教材」としてもご活用されています。
広告無しで15年以上続く月刊紙です。

ちょっといい話『星野源さんの言葉』志賀内泰弘

「明日死んじゃうかもしれないから」 それが、私の口癖です。でも、そう口にすると、たいていの人から引かれます。かなり前なら、そう思ってはいましたが、相手のリアクションが想像できたので、控えていました。しかし、歳を経て重ねて様々な経験をするたびに、その思いは強くなっていきました。 35歳のとき、会社の上司のパワハラに遭い(当時はパワハラという言葉はありませんでしたが)、大病をして生死を彷徨いました。死 […]

親孝行にまつわるいい話『めいるうてるようになつたよ』

上中さん(千葉県千葉市) 病気を患い、人生にふてくされてばかりいた母に、 「メールでも始めたら?」 と携帯電話をプレゼントした。 「どうせ無理だから。どうせ忘れちゃうから。どうせ…」 母は、説明書を読もうとすらしてくれなかった。 ある日、息子が母にメールを送った。 《自転車に乗れるようになったよ》 すると、すぐに母は息子にお祝いの電話をかけてきてくれた。 また、ある日。 《逆上がりできるようになっ […]

ちょっといい話『日本講演新聞のこと 新刊読者プレゼント』志賀内泰弘

知っている人は、知っている。知らない人は、まったく知らない。 「え? 当たり前のことを、何をバカなこと言っているんだよ」 と、おっしゃる方も多い事でしょう。いえいえ、でもこれが真実。知ってる人は、ただ知っているだけではありません。知っている人は、熱烈ファン。一度、購読してしまうと、もうやめられない。 「日本講演新聞(旧・みやざき中央新聞)」とは、そういう存在なのです。 初めて、この新聞を手にしたの […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『こちらに来てくれる、片道きっぷで』

神奈川県横浜市 ペンネーム:メアリさん <心に響いた「たった一言」> 「こちらに来てくれる、片道きっぷで」 <「たった一言エピソード」> 私が主人の妹の友達という事もあり、知り合いました。私は京都、彼は仕事で広島という長距離恋愛でした。 その頃(昭和48年)は週休2日制でもなく彼が京都に日帰り、または土曜日が休みの日に会いに来る。時には岡山辺りでよく会ったものです。知り合ってまだ、6ヶ月でしたが、 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『家のごはんが一番!』

神奈川県横浜市 ペンネーム:病弱だった息子の母さん <心に響いた「たった一言」> 「家のごはんが一番!」 <「たった一言エピソード」> このところ、反抗期で生意気ざかりの次男が、体験学習で2泊旅行へ。準備はさんざんさせておいて、途中の連絡は一切ない。 帰ってきても、「ただいま」もなければ、「どうだった?」ときいても、「別に・・」。 あ〜あ、まったく・・と思いながら準備した夕食の食卓にすわると、この […]

ほろほろ通信『良い友達を持って幸せです』志賀内泰弘

豊橋市の山下雅代さん(60)は、6年前に息子さんを亡くした。28歳だった。以来、十日に一度くらいお墓参りをしている。 4月の初めのこと。お寺の境内に桜の花びらが散っていた。それを両手いっぱいに拾いお墓に向かった。ところが、お墓の水受けを見ると、なみなみと新しい水が注がれて花びらが満面に浮かんでいる。それを見て、山下さんは涙があふれてきた。 息子さんには高校時代の仲の良い二人の友達がいた。卒業後も一 […]

ちょっといい話『機転の速さに天晴れ』志賀内泰弘

ペンネーム「トシちゃん」から、こんな「いい話」の投稿をメールでいただきました。まずは、御覧ください。     *    *    *    *    * 友人の話に感動しました。 その友人の次男さんは、電車で通学しています。その電車で大学生くらいの男性がおばあさんに席を譲ってたそうです。 「席、どうぞ」 と。 ところが、お婆さんは、 「年寄り扱いしないで」 と、答えました。 すると、その男性は、 […]

親孝行にまつわるいい話『俺が育てられたように、俺の子も普通に育てるよ』

ペンネーム:薩摩太郎(東京都葛飾区) 息子に子供が誕生し、妻とお祝いに駆けつけた。祝杯を重ねるうち息子が幼い頃の話になった。顔を赤くした息子もいつになく饒舌だった。 子供の頃の息子は、可もなく不可もない平凡な子だった。幼稚園の運動会の徒競走では、両隣の子が走り出したのを見届けてから走るような子で、親父としては、(こんなノンビリ屋で厳しい社会を生きていけるのか?)と、不安に感じたものだった。そんな思 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『「ありがとう」って言えばいいんだよ』

静岡県浜松市 ペンネーム:かかこさん <心に響いた「たった一言」> 「ありがとう」って言えばいいんだよ <「たった一言エピソード」> もう20年前、高校生のとき友達に言われた言葉です。私の髪は生まれつき少し茶色いくせっ毛です。それを、高校に入学して間もない頃、友達に「かわいいね」ってほめられました。 心ではもちろんうれしかったのですが、「そんなことないよ、全然」っていつものように否定しました。 そ […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『何があっても味方だからね』

大阪府羽曳野市 近藤さん <心に響いた「たった一言」> 「何があっても味方だからね」 <「たった一言エピソード」> 私はアスペルガー障害です。人とうまく関わることができない障害です。それ故小さい頃から孤独を感じることが多い人生でした。 でもそんな私にも信用できる友人ができました。 私はあるところで誹謗中傷をされていました。そのことがとてもショックで、人間不信に陥っていました。 「何があっても味方だ […]

CATEGORY カテゴリごとの最新記事

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG