TAG

贈り物・手紙

親孝行にまつわるいい話『あなたが大切だから・・・』

『あなたが大切だから・・・』 武居さん (愛知県春日井市立高座小学校) 学校で「二分の一成人式」という行事がひらかれました。そこで親からの手紙をもらいました。その最後に、 「あなたが大切で大好きだから、いいたくないことでもいうのですよ。あなたが幸せになるために…」 と書いてありました。 私はお父さん、お母さんに悪い口をきいたりしていたけれど、なぜか、涙が流れてきました。だから、これからは、お父さん […]

親孝行大賞受賞作品★ハッピー賞★『赤ちゃん通信届けたよ』

【ペンネーム】さたけゆうこさん 【性別】女性 【年齢】51 【住所】福岡県 北九州市 【「親孝行大賞」のタイトル】 赤ちゃん通信届けたよ 【「親孝行大賞」の本文】 真っ白い紙に、ぽっちゃりとしたややしもぶくれの丸を描く。てっぺんに毛が三本。丸の下半分に、ぱっちりおめめと小さな鼻。にっこりおちょぼ口。はい、赤ちゃんの顔のできあがり。かわいらしい赤ん坊は、素人画伯の格好の題材だった。 娘は私の両親にと […]

親孝行大賞受賞作品★ちょっといい話で賞★『明日、笑えますように』

【お名前】塚本さん 【性別】男性 【年齢】18 【住所】京都府長岡京市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「明日、笑えますように」 【「親孝行大賞」の本文】 深夜2時、遠く離れた実家にいる父にメッセージを送信する。高校3年生になると同時に始めた父とのやりとりは、半年を迎えた。もう寝ているだろうから返信は明日になる。どんな言葉が返ってくるのか、楽しみな思いを抱きながら目を瞑った。 小学4年生の頃、僕は毎 […]

親孝行大賞受賞作品★元気になったで賞★『手紙』

【お名前】北澤さん 【性別】男性 【年齢】50 【住所】京都府 木津川市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「手紙」 【「親孝行大賞」の本文】 もうすぐ、80歳を迎える父母に、どうしても聞いておきたいことがあった。それは、父母の生い立ちである。自分のルーツを辿ることにもなるので、父母が元気なうちにと考えていた。同時に、まだ一度も口にしたことがない「感謝」の気持ちを伝えたいという思いもあった。 そんな気 […]

親孝行大賞受賞作品 ★ちょっといい話で賞★ 『兄弟の絆』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】はらちゃんさん 【性別】女性 【年齢】19 【住所】大分県大分市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「兄弟の絆」 【「親孝行大賞」の本文】 私には2人の兄がいる。私たち兄妹はそれぞれの進路を進み、今は3人とも一人暮らしをしている。連絡も頻繁に取り合う方ではないが、年に数回兄妹のメッセージグループが動く日がある。 それは母の日、父の日、父の誕生日、両親の結婚記念日、母の誕 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『綺麗だよ…着物がな』

<氏名> 竹中さん(東京福祉専門学校) <心に響いた「たった一言」> 「綺麗だよ…着物がな」 <「たった一言エピソード」> 今年はちょうどおばあちゃんとおじいちゃん結婚50周年の年でした。私はお父さんに頼んでホテルのレストランの宴会場を貸しきりにしてもらい、いとこや伯父さん夫婦にも協力してもらって、おじいちゃんとおばあちゃんの金婚式を行いました。 おじいちゃんは若いときにパチンコや競馬、お酒などた […]

ほろほろ通信『アサガオに励まされて』志賀内泰弘

豊田市の田中久美子さん(60)は、3月にご主人を亡くした。悲しみに明け暮れ、まるで抜け殻のような日々を送っていた。 最低限の家事だけをこなし、テレビの前でボーと過ごす。家の前に並べていたプランターの花も、水やりを忘れて枯れてしまった。そんな様子を心配して、近所に住む友人がアサガオの鉢植えをプレゼントしてくれた。一つの鉢にえんじ色とむらさき色の2種類の花がいくつか咲いていた。 実は田中さん。昔はアサ […]

親孝行大賞受賞作品 ★スマイル賞★ 『80年の願いを叶えて』

【お名前】飯森さん 【性別】女性 【年齢】55 【住所(受賞者には賞品を進呈させていただきます)】 長野県 東筑摩郡 【「親孝行大賞」のタイトル】 「80年の願いを叶えて」 【「親孝行大賞」の本文】 母には80年間胸に秘めてきた願いがあった。それは、出雲大社に行くこと。私がこの願いを知ったのは、母が急性胆のう炎で入退院を繰り返しているときだった。 気落ちしている母を励ますため、「退院したら旅行しよ […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『サンタさんもダイエーで買い物するんやなぁ』

奈良県香芝市 ペンネーム:奈良せんと <心に響いた「たった一言」> 「サンタさんもダイエーで買い物するんやなぁ」 <「たった一言エピソード」> 今は独立して働いている娘が、小学校2年生の頃のことです。 クリスマスにはサンタクロースがプレゼントを持ってきてくれると信じていた可愛い盛り。 それまではクリスマスプレゼントはお菓子の入った赤い長靴でしたが、2年生になってお姉ちゃんになったんだから、そろそろ […]

ほろほろ通信『思い出のマンションで』志賀内泰弘

岐阜市の高崎裕樹さん(51)は、2年ほど前に奥さんを病気で亡くした。その3カ月後、まだ悲しみが深く残る中、高校生の娘さん、社会人と大学生の息子さんの4人で家族の思い出の地を旅した。15年ほど前に会社の転勤で暮らしたことのある東京や家族旅行で行った御殿場(静岡県)・箱根(神奈川県)へ。 会社の社宅のマンションは多摩川べりにあった。眺めのよい部屋だった。たまたまその部屋に、以前から親しくしている職場の […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG