TAG

親子・家族

「親孝行大賞」コンテスト ★こころにビタミン賞★『マッサージ』

【ペンネーム】ミトさん 【性別】女性 【年齢】29 【住所】長崎県 長崎市 【「親孝行大賞」のタイトル】 『マッサージ』 【「親孝行大賞」の本文】 私の親孝行はすばりマッサージである。物心ついたころには親専属のマッサージ師となっていた。 小学一年生の頃の夏休みの日記に今日はマッサージを頑張ったと書いた日があったほどだ。 子供というのは単純で、親に褒められるとついつい調子に乗って頑張ってしまうもので […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころにビタミンいい話賞★『うまい!』

<掲載時のお名前>横浜のみいこさん <年齢>51才 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「うまい!」 <「たった一言エピソード」> 大学3年になる息子は、母親である私の手料理が一番おいしい!とよく言ってくれます。 もちろん、世の中には美味しいものがたくさんあって、外食にも行くのですが、たまによその家に行ってご飯をごちそうになると、自分のうちの御飯の方がが美味しいと思うのだそうです。(失礼! […]

ちょっといい話『マザー・テレサと母親に学ぶ』志賀内泰弘

もう30年数年も前の話です。いっとき、集中して自己啓発の本を読んだり、セミナーを受講した時期がありました。 その中の著者のお一人と、講演者のお一人が、はからずも同じことを説いておられることが心に響き、素直に実践しました。それは、「ありがとう」を言うことです。それも、一日100回、200回と尋常ではない回数を口にするというものです。 「『ありがとう』は、奇跡を起こす」 とか、 「『ありがとう』で願い […]

親孝行大賞受賞作品★いい話で感動したで賞★『本当の親孝行を』

【お名前】森屋さん 【性別】女性 【年齢】61 【住所】埼玉県東松山市     *    *    *    *    * 『本当の親孝行を』 これは自慢だが、私は親孝行な娘だ。もう61歳だから「娘」というのも照れ臭いが、舅姑、実父母。四人の親に対して、尽くした。尽くしている。 舅と実父はすでに他界したが、それぞれが入院している時は、毎日のように病院へ行った。舅にいたっては、夜の付き添いから下の世 […]

親孝行大賞受賞作品★親にありがとう賞★『相づちは親孝行』

神奈川県平塚市 かなともこ様の作品 「 相づちは親孝行」 母に一年半ぶりに会いました。お母さん、この前より小さくなったみたい…。しかも、ほんの数時間前に話したことも、「えっ、それなに?」って聞くようになりました。まるで、初めて話を聞くかのように。それでも、何十年も前のことを思い出しては、昨日のことのように、はっきり、そしてイキイキと話します。 翌日になると、母は、また、いつもと同じ遠い昔の話を始め […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『お疲れが出ませぬように』

<氏名>大釜さん <年齢>72 <性別>男性 <住所>徳島県 <心に響いた「たった一言」> 「お疲れが出ませぬように」 <「たった一言エピソード」> その日は大安だった。親類の人達と大阪のホテルに泊まる予定でいた。挙式も終わり夜も更け、思い出話の花も萎みかけた時、突然頭を殴られた。鈍器は鳴門の二女からの電話だった。 「にいちゃんが三宮で倒れた」 神戸へ急ぐタクシーの中では、京都在住の三十三歳の長男 […]

「親孝行大賞」コンテスト受賞作品★スマイル賞★『今度は、私の番』

静岡県富士市 yukari様の作品 <タイトル> 「今度は、私の番」 朝、ベランダの物干し竿に暖簾代わりの黄色いバスタオルを干す。それが、本日『ムスメ居酒屋』開店の合図。 『ガタン、ゴトン。ガタン、ゴトン』 父を思う時、真っ先に浮かぶ音。酒販勤めの父は毎日、沢山の酒瓶を荷台に載せてトラックを運転し、各地の酒屋へ配達し続けた。街の大型酒店から、奥深い山道を走り抜けた僻地の雑貨店まで。ガタン、ゴトンと […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ちょっといい話で賞★『お姉ちゃんだってあんたにはなれない』

<氏名>石田さん <学校名・学年> 岐阜県立岐阜農林高等学校 <心に響いた「たった一言」> 「お姉ちゃんだってあんたにはなれない」 <「たった一言エピソード」> 私が中学三年生だったころ。受験生ということで、毎日、塾に行っては勉強し、帰ってきては、また勉強をしていた。少し遊んだり休んでもよかったのに、とにかく今は合格することが大事とばかり思っていた。 そのうちやりたい事も後回しにしていたら、ストレ […]

新刊発売!『101人の、泣いて、笑って」(その5)』志賀内泰弘

「たった一言で」コンテストは、平成21年に第1回を開催し、平成30年の第10回までに、合計31,904編の応募をいただきました。今回、「プチ紳士」運動事務局の選考スタッフと、ごま書房新社・池田雅行社長がさらに読み込んで厳選し、志賀内が監修をして10年間の入選作品の中から100編を選び、一冊の本として出版の運びとなりました。 タイトルは、 「101人の、泣いて、笑って、たった一言物語 世の中捨てたも […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『頭の下げられる人になりなさい』

桶谷さん 池田中学校 <心に響いた「たった一言」> 「頭の下げられる人になりなさい」 <「たった一言エピソード」> 今年の3月、バスケットボールの試合でキレてしまって、周りの人々にたくさんの迷惑をかけてしまった。 その数日後、父親と練習の後に先生に謝りに行った。先生は一度も怒ることがなかった。そして、そのことを笑い話の様に話してくれた。 父親と一緒に頭を下げる前は、とてもいやだった。僕は自分がいけ […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG