TAG

親子・家族

『父からのひとこと』|たった一言でコンテスト受賞作品

<掲載時のお名前>櫻子さん <年齢>53 <性別>女性 <住所>大阪府東大阪市 <心に響いた「たった一言」> 父からのひとこと <「たった一言エピソード」> 父はとても厳しく仕事でほとんど家にいない人でした。子どもの頃はよく叱られ、時には殴られる事もありました。 結婚して家を出てからも法事や家族のイベントごとに「こうあるべき」との小言を言われる事はしょっちゅうで、ついつい実家に行くのも足が遠のいて […]

『「ありがとう」の電話』|親孝行大賞受賞作品

【ペンネーム(掲載時のお名前)】しゅう 【性別】男性 【年齢】50代 【住所】埼玉県さいたま市 【「親孝行大賞」のタイトル】  「ありがとう」の電話 【「親孝行大賞」の本文】 コロナで会えなくなり、数か月、知人を通じて、日用品やお菓子を我が家に届けてくれる母。50を越えた息子を気遣う。 スーパーなどに行くたびに、「自分の買い物のついでだから」と、息子の、嫁の、孫たちの好きなものを考え、ながら、かご […]

『親孝行の形』|親孝行大賞

【ペンネーム(掲載時のお名前)】たまろうさん 【性別】男性 【年齢】50代 【住所】岐阜県飛騨市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「親孝行の形」 【「親孝行大賞」の本文】 私の父親は本当に趣味が無く、唯一の楽しみと言えば歌うこととパチンコと宝くじを買うことといった、端から見たらつまらない男である。 私はこんな父親の生き方に常に反発していた。パチンコは自動の台が出てからは面白くないらしく止めてしまった […]

第2770号『かえって良かったです 』|ほろほろ通信 志賀内泰弘

豊橋市の松下芳子さん(93)は、骨折などで足が不自由になり週2回、デイサービスに通っている。元気だった80歳ごろまでは一人で電車やバスに乗りどこへでも出掛けていた。2005年に愛・地球博が開催されたときは一日中、会場を歩き回ったそうだ。 まだ一人で歩くことができたころの豊橋鉄道・渥美線の車内での話。 松下さんが高師駅から乗り込むと、満員で座席は空いていなかった。重い手荷物があったので「弱ったな」と […]

『我が家の親孝行娘』|親孝行大賞受賞作品

【ペンネーム(掲載時のお名前)】住 田 沙 織さん 【性別】女性 【年齢】30代 【住所】愛知県名古屋市 【「親孝行大賞」のタイトル】 我が家の親孝行娘 【「親孝行大賞」の本文】 我が家には重い障害のある娘がいる。生まれてすぐに、呼吸状態が悪くなり、大きい病院の新生児集中治療室に移された。 治療の甲斐もあり、少しずつ元気になってきたが、母乳がうまく飲みこめず、むせてしまっていた。先生からは「この子 […]

『息子が教えたこと』|親孝行大賞

【お名前】高瀬さん 【性別】女性 【年齢】60代 【住所】山口県宇部市 【「親孝行大賞」のタイトル】 息子が教えたこと 【「親孝行大賞」の本文】 息子が、小学二年生の時のことだ。国語のテストの点の悪さに驚き、一緒に見直しをした。何度も問いかける私の言葉に、嫌気がさした息子は、でたらめな答えを言い出した。 「真剣さが足りない」 と私は腹を立てて息子を怒鳴った。その剣幕に驚いた彼は、 「お母さん、僕が […]

『毎日の積み重ね』|親孝行大賞 こころにビタミン賞

【ペンネーム】ヨーダさん 【性別】女性 【年齢】40代 【住所】滋賀県大津市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「毎日の積み重ね」 【「親孝行大賞」の本文】 「親孝行」と言ってしまうと大げさかもしれませんが、わたしは毎日一人暮らしの母に電話をかけます。 長い時は1時間ぐらい話をしますが、短い時は5分ぐらいの時もあります。それでも母の声音や話題で母の今日の気分や体調がわかります。 この毎日の何気ない日常 […]

『無言は肯定』|親孝行大賞受賞作品 ハッピー賞

【ペンネーム】めんさん 【性別】女性 【年齢】30代 【住所】宮城県仙台市 【「親孝行大賞」のタイトル】 無言は肯定 【「親孝行大賞」の本文】 私は神社仏閣が好きです。影響は母からです。仕事が一段落し、旅行に行きたいと思い実家に住んでいる母を誘いました。 母だけ誘うのもなぁと思い 「お父さんも誘ってみて?」 「いいけど行かないと思うよ」 後日母から連絡がありました。 「お父さん行くって」 「行きた […]

『パパはいつも会社から帰ってきて・・・』|たった一言でコンテスト受賞作品 ホスピタリティ賞

<掲載時のお名前>のんびりパパさん <年齢>38 <性別>男性 <心に響いた「たった一言」> パパはいつも会社から帰ってきて「疲れた〜」って言うけど仕事ってめっちゃ楽しいんやなぁ <「たった一言エピソード」> 夏休みに混みあってイモ洗い状態の遊泳プールへ行ったその夜、疲れきって寝ようとした時に娘がポツリ、 「パパはいつも会社から帰ってきて”疲れた〜”って言うけど仕事ってめっちゃ楽しいんやなぁ」と。 […]

『子どもの存在こそが親孝行』|親孝行大賞受賞作品 こころぽかぽか賞

【ペンネーム】青山ナツさん 【性別】女性 【年齢】60代 【住所】長崎県長崎市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「子どもの存在こそが親孝行」 【「親孝行大賞」の本文】 母は苦労して私を育ててくれたのに、病気になった時も介護できず、何も親孝行できないまま亡くなってしまいました。 それがずっと気になっていたのですが、弟が「姉貴は、孫を見せてやれたんだから、それでいいんじゃない」と言ってくれて、少し気が楽 […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG