TAG

習い事

親孝行大賞受賞作品 ★こころにビタミン賞★ 『母から義母へ』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】さよかなさん 【性別】女性 【年齢】43 【住所】大阪府 茨木市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「母から義母へ」 【「親孝行大賞」の本文】 「何でもやってみな!」 私の母の口癖である。興味を持った物には何でもやってみないことには、楽しいかどうかわからない。 そんな母はちぎり絵を30年近くやっている。先生として教えたり、家でコツコツと作品を作っては何度も大きな賞をもら […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『試験官は私の味方』

宇留島さん 鹿児島純心女子高等学校 <心に響いた「たった一言」> 「試験官は私の味方」 <「たった一言エピソード」> 私はガタガタふるえていました。自分の番号の書いてある受験票を強くにぎりしめて、その時を待っていました。その時、目を閉じて先生のあの一言を思い出しました。 中学三年生の冬。私は二度目の英検準二級の一次試験に合格しました。私はうれしかったのと同時に二次試験への緊張にどうすれば良いのか分 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『先生も頑張って長生きしますから』

高崎市立高南中学校 丸山さん <心に響いた「たった一言」> 「先生も頑張って長生きしますから」 <「たった一言エピソード」> 私は書道を習っています。小学三年生から習い始め毎週月曜日に行くのがとても楽しみで、そんな私は書道が大好きです。書道を教えてくれるのは75歳くらいの、おばあちゃん先生です。 先生はいつも面白いお話をしてくれ、有名な展覧会にも出していて、たくさんのお弟子さんがいて私は先生をとて […]

ほろほろ通信『おじさんたちの涙』志賀内泰弘

名古屋市中区でデザイン事務所を経営する権内俊幸さん(59)は、忙しくても毎週木曜日の夜には仕事の予定を入れないようにしている。経営者が中心になって作る栄ミナミ男声合唱団の練習に参加するためだ。ほとんどの団員が楽譜も読めない。そんな自分のことは棚に上げて人のミスを指摘したりする。練習後の飲み会の方が楽しみという気さくな仲間だ。 年に二回ほど、老人介護施設へ出前コンサートに行く。おじいさん、おばあさん […]

ほっこり親孝行ものがたり『第14回 同じカルチャーセンターの講座に通う』志賀内泰弘

買い物帰りに、「ちょっと付き合ってよ」と母に頼まれ、カルチャーセンターにやってきた。地元のテレビ局が運営するところで、初めて訪れてびっくりした。なんと1.000以上もの講座があるのだ。受講案内の冊子をもらい、そのまま二人で喫茶店に入った。 「なにか習いたいものがあるの?」と訊くと、「うん、俳句をね・・・」 という。なんでも、最近、中高年に俳句がブームになっているのだという。 「お母さんさあ、そんな […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG