TAG

教師

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『先生のおかげで、人生を誤らずにすみました』

愛知県尾張旭市 氏名:黒田さん <心に響いた「たった一言」> 「先生のおかげで、人生を誤らずにすみました」 <「たった一言エピソード」> 私は子どもの頃から、先生になりたいという夢を抱いていました。そして、大学1年の時に出会った「塾講師になりませんか?」という1枚のチラシ。これが先生の道のスタートとなりました。 子どもたちによりよい指導をするため、仲間たちと切磋琢磨してきました。当時、大学も自宅も […]

ほろほろ通信『先生を泣かせます!』志賀内泰弘

この春、伊藤正明先生(37)は前任校の東海市富木島中学校で、特に思い出深い一人の生徒を高校へ送り出した。 それは1、2年生のときに担任をした田中あずささんだ。彼女は左耳が難聴というハンディを負っている。そのため、教室では前の方の席になるように配慮してきた。しかし、本人は大変活発で駅伝の代表選手に選ばれたり、ハンドボールでは日本オリンピック委員会(JOC)ジュニアオリンピックにも県代表として出場した […]

ほろほろ通信『段ボール箱を探して』志賀内泰弘

東浦町の尾関千草さん(53)の娘さんは保育園に勤めて3年目。休日も行事の準備に追われている。尾関さんは以前、中学の先生をしていた。娘さんをゼロ歳から保育園に預けて働いていたため、幼い頃に十分に話に聞いてやれなかったことが心残り。その分、今できるかぎり仕事の悩みの相談に乗っている。 保育園の卒園式のため、アーチを作ることになった。冷蔵庫が入っていたくらい大きな段ボールが必要になる。尾関さんは娘さんと […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『一生懸命になれる人であれ』

氏名:辻本さん 学校名学年:大阪府立泉陽高等学校 <心に響いた「たった一言」> 「一生懸命になれる人であれ」 <「たった一言エピソード」> 私が中学一年生の時。担任の先生は体育の先生で、何事にも熱い先生、いわゆる、熱血教師でした。先生の姿からは、どんなことにも挑戦し、本気でぶつかりあい、ひたむきに努力することの大切さを学びました。 毎日楽しい生活を送っていた中で、父の仕事の都合で私は転校することに […]

親孝行大賞受賞作品★ホスピタリティ賞★『一番の親孝行』志賀内泰弘

宮崎県延岡市 濱 田 祐介様の作品 「 一番の親孝行」 「大学教授になって帰ってくるから」 そう言って、私は両親と離れ自分の希望通りの大学へと進学した。母は別れ際の車で泣いていたというが、そんなことはつゆ知らず、私は明日から始まる新生活に胸を躍らせていた。 しかし、新生活はそう甘いものではなかった。周りを見ると、到底かないそうにない友だちが居て進学早々に大学教授の夢を諦めざるをえなかった。自信を失 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『人の不幸の上に自分の幸せをつくらない』

橋口さん 池田学園小学校 <心に響いたたった一言> 「人の不幸の上に自分の幸せをつくらない」 <たった一言エピソード> 「人の不幸の上に自分の幸せをつくらない」 というのは、ぼくの担任の先生がおっしゃった言葉です。 たしかに当たり前のことですが最近よく耳にするいじめというのは、これを守ることができていないのでおこるものだと思います。いじめる人の気持ちになると、たぶんいじめる […]

たった一言でコンテスト受賞作品★いい言葉で賞★『いつもしっかり掃除してるね』

東京都練馬区 ペンネーム:JINさん <心に響いた「たった一言」> 「いつもしっかり掃除してるね」 <「たった一言エピソード」> 私が中学3年の頃のことです。 私は同級生にすれ違いざまに蹴られたり色々な仕事を押し付けられたりといったいじめを日常的に受けていました。 いつものように掃除当番になった同級生がゴミを少し端に寄せて遊びに行こうとして、私が少し注意しても聞く耳を持たず校庭へ遊びに行ってしまい […]

ほろほろ通信『疲れた顔をしてますよ』志賀内泰弘

不破美樹さん(39)の娘さんは、昨年名古屋市中村区の六反小学校に入学した。都会の真ん中で住民が少なく、たった8人のクラスである。担任は天田先生。50代後半の女性だ。 最初の授業で「あまたの『あ』は明るくの『あ』、『ま』は毎日の『ま』、『た』は楽しくの『た』です。1年間、毎日明るく楽しく過ごしましょう」と自己紹介され、しゃがんで子どもたちと同じ目線になり全員と握手を交わした。不破さんは、こんな温かな […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころにビタミン賞★『やったことは必ず力になります。むしろやったことしかできません』

<掲載時のお名前>由良さん <学校名・学年>京都共栄学園高等学校 <心に響いた「たった一言」> 「やったことは必ず力になります。むしろやったことしかできません」 <「たった一言エピソード」> 私は吹奏楽部に所属しています。高校1年生で人生初の吹奏楽コンクールでした。金賞をとって大きな大会に出場するのが目標でした。 はじめてのコンクールでどのように練習するのか、そのように頑張ればいいのか分からず泣き […]

「2019サンタクロース・プロジェクト」志賀内泰弘

今年も、群馬県の新町中学校教諭・齊藤貴三先生から、担任をされている2年1組のみなさんの取り組み「サンタクロース・プロジェクト」の報告をいただきました。もう6年目になります。 クリスマスを迎えるに先立ち、12月10日は、世界人権デーでがあります。 そこでまず、斎藤先生はクラスのみんなに世界人権宣言について説明しました。 「すべての人間は生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利について平等である […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG