TAG

志賀内泰弘

ちょっといい話『心に沁みるエッセイ(その2) 友人の母に捧げるバラード』志賀内泰弘

日本講演新聞(旧みやざき中央新聞)の水谷もりひと編集長から 「うちの特派員で、なかなかいい文章を書く人がいるので、応援してもらえませんか」 と頼まれました。愛知県在住の山本孝弘さんです。 実は、一度お目にかかったことがあったのですが、あまり記憶がありませんでした。そこで、すぐにアポを取りゆっくりお話を伺うと、話がメチャクチャ面白い。そして、文章も秀逸。 「本を出しましょうよ!」 と提案し、出版社の […]

ちょっといい話『コロナ禍で応援したくなるお店』志賀内泰弘

このコロナ禍で、日本経済はたいへんな状況になっています。特に影響が大きい業種の一つが、飲食店です。生き残りをかけて、「安心」「安全」をお客様に提供できるように、さまざまな対策が取られています。 店内に入る際の検温と消毒。「三密」を避けるために席の間隔を空け、アクリル板で仕切る。窓を開けて空気の入れ替え。スタッフはマスクシェードをはめ、お客様との距離を保つ。お店で働く人たちは感染に対する不安以上に、 […]

ほろほろ通信『母の教え「人の出会いを大切に」』志賀内泰弘

豊田市の河野則雄さん(69)は自動車工場に勤めていた。いったん定年退職した後、会社から請われて全国で期間従業員を募集する仕事に就いた。 皮切りは2月の厳寒に函館への出張。次の目的地である室蘭へ行く駅のホームでのこと。後ろから同年配の女性が足早にやってきて「室蘭へ行く特急はどこですか」と聞かれた。発車時刻は迫っている。河野さんも初めてのことで迷っているところだった。 駅員さんを呼びとめて聞き、一緒に […]

ちょっといい話『第10回言の葉大賞入選作から(その1)』志賀内泰弘

一般社団法人「言の葉協会」では、全国の小・中学校。高等学校から毎年のテーマに合わせた大切な人への思いや強く感じた気持ちを自分の言葉で綴る作品を募集し、その優秀作品を「言の葉大賞」として顕彰しています。 「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」運動事務局が主催している「たった一言で」コンテストと、大いに趣旨が重なります。第10回言の葉大賞のテーマは「『失敗から』学んだこと」。入選作品から、一つ紹介させていただ […]

ちょっといい話『「総務部総務課山口六平太」に学ぶ』志賀内泰弘

「総務部総務課山口六平太」の大ファンです。 え?!ご存じいなですか? 長く、「ビッグコミッグ」に連載されていて、全81巻にも及ぶ人気コミックです。主人公の山口六平太は、自動車メーカー・大日自動車の総務部総務課勤務。どう見ても冴えないボーとした風体の平社員です。 でも、気配り・気遣いの天才で、縁の下の力持ちとして、会社中のトラブルを黒子として次々に解決してしまいます。社長からも、後輩からも、いえいえ […]

ちょっといい話『シンパシーとエンパシーの違い』志賀内泰弘

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」(新潮社)が、大ベストセラー。本屋大賞2019ノンフィクション部門大賞を受賞。日本テレビ系「世界一受けたい授業」に著者のブレディみかこさんが出演し、ますます話題になっています。 ブレディみかこさんは、アイルランド人の夫と息子さんの三人でイギリスのブライトン在住。イギリスの公立中学に通う息子さんと、母親のブレディさんの会話を通して「多様性って何?」「差別 […]

ちょっといい話『オススメのコミック・・・ゴミ清掃員の日常』志賀内泰弘

「なぜ『そうじ』をすると人生が変わるのか?」(ダイヤモンド社)という本を書いていることもあり、「そうじ」関連の本が本屋さんに並んでいると、ついつい手に取ってしまいます。 そんな中の一冊。とびきり面白くて、めちゃめちゃためになるオススメ本です。 「ゴミ清掃員の日常」(講談社) まんがは滝沢友紀さん、原作・構成は滝沢秀一さん。ご夫婦です。といっても、ほぼ無名。それもそのはず、滝沢秀一さんは、マスシンガ […]

ちょっといい話『ウィズコロナ時代の親孝行』志賀内泰弘

この夏、故郷への帰省をやめられた方が多いようです。もしも・・・のことを考えて、親に合うのを我慢する。孫の顔を見せるのも控える。 その代わり、リモートでスマホの画面を見ておしゃべりしたり、リモート墓参り、リモート盆送りなどというのも報道されました。 こうして考えてみると、ITって「無機質」のようなイメージですが、人の心を繋ぐのに役立っているんですね。 さて、第2回親孝行大賞の締め切り(10月末)が近 […]

ちょっといい話『コロナ禍の中でドラッグストアに届いた一通の手紙』志賀内泰弘

(株)ユタカファーマシーさんは、大阪・京都・滋賀・愛知などに201店舗のドラッグストアを展開しています。遠くのお宅まで配達したり、お子さんの手を引いて一緒に買い物をしてあげたり、車までお米や水など重い物を運んで差し上げるのが当たり前のハートフルなお店です。 新型コロナウイルスが蔓延し、マスクなどが不足する中、ドラッグストアでは日々対応に追われています。 そのドラッグユタカさんの滋賀県彦根高宮店に、 […]

ちょっといい話『コロナ禍の中でドラッグストアのちょっといい話』志賀内泰弘

(株)ユタカファーマシーさんは、大阪・京都・滋賀・愛知などに201店舗のドラッグストアを展開しています。遠くのお宅まで配達したり、お子さんの手を引いて一緒に買い物をしてあげたり、車までお米や水など重い物を運んで差し上げるのが当たり前のハートフルなお店です。 ドラッグユタカさんでは、社員やアルバイトさんたちが休憩時間に、バックヤードで「ちょっといい話ノート」を綴っています。仕事に限らず、家庭や普段の […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG