TAG

動物・自然

ちょっといい話『木も親に教育されている』志賀内泰弘

古の時代から、「最近の若者は・・・」と大人は言っていたそうです。私もご多分に漏れず、「最近の若者は・・・」とよく口にします。その若者を誰が育てたのかというと、親、つまり大人です。ろくでもない教育をしてきたことを棚に上げて、いつの時代でも大人は「最近の若者は・・・」と言い続けてきたわけです。 さて、せんだっての当メルマガでは、春日大社の葉室頼昭宮司の言葉「人も自然の一部です」についてお話しました。そ […]

ほろほろ通信『動物を愛する人の輪がつながった』志賀内泰弘

名古屋市昭和区の市川しのぶさん(66)の母親は大の猫好き。10匹くらいの世話をしていた。餌をやるだけではない。ご近所の迷惑にならないようにと、車庫に猫用のトイレを設置してしつけもしていた。なんと、それを野良猫たちも利用するようになった。 うわさを聞いてか、家の前に子猫を捨てていく人もいた。これを黙って引き取る。中には死んだ猫を玄関前に捨てていく心無い人まで。こちらはタクシーで火葬場まで運び供養した […]

ほろほろ通信『愛犬に供えられた菜の花」』志賀内泰弘

豊田市の太田のりこさん(40)は介護福祉士として病院勤めをしている。今年の3月初めこと、夜勤明けで帰宅すると愛犬のジョーが冷たくなっていた。老化がすすみ、1ヶ月くらい前から歩けなくなっていた。覚悟はしていたものの、14年間も一緒に過ごしてきたのでショックだった。 ふと見ると、ジョーの亡きがらの上に、かわいいリボンで結ばれた菜の花が置かれてあった。「誰が…」と思い巡らしたがわからない。でも、そのおか […]

ほろほろ通信『5匹の子猫の末を案じて』志賀内泰弘

昨年の5月のこと。春日井市の田之上薫さん(63)は奥さんから「家の前の軒先でゴトゴトと音がする」と言われて見に行った。すると置いてあった段ボール箱の中に、5匹の子猫がいるではないか。黒が2匹、白に黒のぶちが3匹。田之上さんの気配に気付くと、ミャーミャー鳴き出した。どこかの野良猫が産んだのだろう。そっとしておいてやることにした。 翌日、すぐ近くのごみ捨て場に、黒猫の死骸が放置してあるのを見つけた。乳 […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG