TAG

介護・看病・高齢者

たった一言でコンテスト受賞作品★いい言葉で賞★『うちに来てもらえばいい』

<氏名>米村さん <心に響いた「たった一言」> 『うちに来てもらえばいい』 <「たった一言エピソード」> 私の祖母は86歳を迎えました。 少しずつ物忘れも激しく同じ内容の話題を繰り返し言うようにもなりました。 先日まで母の姉、つまり私の叔母家族と同居していましたが、先月に老人ホームへ入居しました。その日は敬老の日です。本人の意思とは全く違った為、私は酷く反対し叔母家族だけでなく母の兄、そしていくら […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『あんたの顔は一生忘れんよ!』

愛知県半田市 ペンネーム:星の王子さまさん <心に響いた「たった一言」> 「あんたの顔は一生忘れんよ!」 <「たった一言で」エピソード゙> 父の経営する水道工事店に入社して3年目、1日の仕事を終えてほっとしていました。 するとトイレが詰まって使えないのですぐ来てほしいという電話。父に行ってこいと言われ、正直言ってイヤイヤ、仕方無く行きました。 修理は大したこと無くすぐ終わりました。 するとその家の […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『来てもらうだけで嬉しい!』

宮城県柴田郡 氏名:岩間さん <心に響いた「たった一言」> 「来てもらうだけで嬉しい!」 <「たった一言エピソード」> 施設に入所して5年になる89歳の母。最近、自分が生きている事に「みんなに迷惑かけて悪いな」と悲観的になっている。会う事を楽しみにして来ているのだからと言うと「来てもらうだけで嬉しいんだ!」と母は泣き顔になる。 施設で過ごす2時間。一緒にTVを観たり、母の好きな民謡を歌ったり、時に […]

ほろほろ通信『10年前の「じゃこめし」がきっかけで』志賀内泰弘

4月24日付「ほろほろ通信」で、尋ね人の話を紹介した。中川区の岡村幸栄さんの母親は、10年ほど前、市バスの中で中年の女性に声をかけられた。病気の母親の介護に実家を訪ねるところだという。「一緒に食べるためお弁当を5つ作ってきました。私の母とお姿が重ってしまって。食べていただけませんか」と言われて差し出されたのが「じゃこめし」だった。 幸栄さんは、今、病床にある母親から頼まれた。「なぜあの時、名前・住 […]

親孝行大賞受賞作品 ★こころぽかぽか賞★ 『なんとかなるさ』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】たけちゃんさん 【性別】男性 【年齢】51 【住所】鳥取県鳥取市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「なんとかなるさ」 【「親孝行大賞」の本文】 同居している実父は80歳。長男の私とは男同士なので昔から会話は必要最低限。最近少し認知度が落ちてきており、免許証の返納も進めていますが、ふんぎりがついていません。通院等できる限り送迎するようにしていますが、常に付き添えないので […]

ほろほろ通信『六十歳の就職活動』志賀内泰弘

春日井市の寺嶋みち子さん(60)は、昨年の10月に28年間勤めていた会社を定年退職した。いくらかの蓄えもあるが、それだけでは先が不安。働くことで世の中のためになりたいとも思い就職活動を始めた。 ハローワークや就職情報誌で捜した約30社に電話。何社か面接を受けたがすべて不採用。新卒さえ難しい時代、年齢だけで不利になる。ある程度覚悟はしていたが、改めて厳しい現状を思い知らされた。 ある会社では「60過 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『あなた達を産んで本当によかったわぁ』

<掲載時のお名前>三姉妹ママさん <年齢>40 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「あなた達を産んで本当によかったわぁ」 <「たった一言エピソード」> 十数年前に他界した母の一言です。体調を崩し、入院して出た診断が、末期がん。余命一ヶ月。 数日前まで体調が悪いといいながら仕事に行ってた母。絶対誤診だと思いました。がんでも余命一ヶ月は間違いだろうと。 入院して二週間ほどが経ち、入浴したいと […]

親孝行大賞受賞作品 ★親にありがとう賞★ 『母と息子の時間』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】向山さん 【性別】女性 【年齢】64 【住所】富山県 小矢部市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「母と息子の時間」 【「親孝行大賞」の本文】 夫は六十八歳。現在特別養護老人ホームに勤めている。家族はパート勤務の妻である私と、夫の母親の二人。義母は八十八歳。同じ敷地内の別の家に住んでいる。朝食、夕食をともにしているが、夫も私もそれぞれに忙しく、義母とはあまり話すことがな […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『重かったね』

兵庫県神戸市 氏名:山内さん <心に響いた「たった一言」> 「重かったね」 <「たった一言エピソード」> 満員電車で子どもを立ったまま抱っこして乗っていた時のこと。 電車が混む時間だということもわかっていたし、いつでも座れるわけではないということもわかっていましたが、それでも2歳の子どもが抱っこで寝てしまうとたまらなく重いんです… 「あと少し、あと少し」と思いながら必死に足を踏ん張って立っていると […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『悪いが作っておいてく

<掲載時のお名前>まりいさん <年齢>28 <性別>女性 <「たった一言エピソード」> 『悪いが作っておいてく』 私の父は喉の癌でただ今治療中。最近離婚し、1人になった父は、週1で私に喉に優しいおかゆを作るように指示した。 古い人間で「ありがとう」「ごめんね」を素直に言わない言えない人で、母も私も奴隷のように使われていた。 そんな父が先週、眉毛を下げて申し訳なさそうに、 「悪いが作っておいてくれ。 […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG