TAG

スポーツ

ほろほろ通信『山崎川で「おはようございます」』志賀内泰弘

名古屋市港区の田中智世さん(43)がテニス大会に出場する娘さんの応援に瑞穂公園へ出掛けたときの話。 山崎川沿いを歩いていると、向こうから男女四人の大学生の一団が走ってくるのが見えた。陸上部のトレーニングのようだ。「おや?」と思った。田中さんの前を歩く人に、その学生たちが大きな声で「おはようございます」とあいさつしたのだ。きっと先生か先輩なんだろう、と思った。ところが、すれ違う全員にあいさつする。 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★いい言葉で賞★『お母さんで、良かった』

東京都板橋区 氏名:櫻井さん <心に響いた「たった一言」> 「お母さんで、良かった」 <「たった一言エピソード」> うちの子供は今高校3年生で知的障害を持っています。旦那の子供です。私が見てから約10年が過ぎました。 小さい頃は上手く話せず。いじめに遭ったりもしました。今は大分分かり合える様になって来て コミュニケーションが中々取る事が難しい子ですが、サッカーを小さい頃からずっとやっていて、今では […]

新刊発売!「101人の、泣いて、笑って」(その2)

「たった一言で」コンテストは、平成21年に第1回を開催し、平成30年の第10回までに、合計31,904編の応募をいただきました。今回、「プチ紳士」運動事務局の選考スタッフと、ごま書房新社・池田雅行社長がさらに読み込んで厳選し、志賀内が監修をして10年間の入選作品の中から100編を選び、一冊の本として出版の運びとなりました。 タイトルは、 「101人の、泣いて、笑って、たった一言物語 世の中捨てたも […]

ちょっといい話『私はあなたの先輩です』志賀内泰弘

二宮清純さんの講演を聴く機会に恵まれました。演題は「2020年東京オリンピック・パラリンピックをどう迎えるか」です。「これは、タイムリーな話題だなぁ」と、興味津々で出掛けました。 二宮さんは、日本のスポーツジャーナリストの第一人者です。トップアスリートたちの逸話が、次々に披露されグイグイと引き込まれました。さて、話も後半。二宮さんは、こんなことを言われました。 「今度の大会で注目すべきは、間違いな […]

ほろほろ通信『息子の友だちへ「ありがとう」』志賀内泰弘

昨年の12月半ばのこと。名古屋市守山区の木村まきさん(39)が仕事から帰ると、小学2年生の息子さんがトイレに入ったきり出てこない。おなかが痛いという。以前から大腸の過敏症があり、ときどきけいれんを起こしたように痛くなる。話を聞くと、息子さんも今帰って来たところで、友だちに助けてもらったのだという。 学校から帰り、家から少し離れた公園でサッカーをして遊んでいたら、おなかが痛くなってきた。ベンチで一人 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころにビタミン賞★『これからどうなりたいんだ?』

<氏名>森村さん <学校名・学年>高崎市立佐野中学校 <心に響いた「たった一言」> 「これからどうなりたいんだ?」 <「たった一言エピソード」> この言葉は、僕がある練習試合の日に言われた一言です。 僕は、ソフトテニス部に所属しています。ある日、別の中学校の練習試合の日でした。僕は試合で良いショットを打てたものの、零勝二敗で終えました。試合報告をするため顧問の先生のところへ行きました。そして、アド […]

ほろほろ通信『野球部のあいさつ』志賀内泰弘

みよし市の会社員、大津泰弘さん(42)は小学校から大学まで野球部に所属していた。社会人になってからも地元のチームに入り、今も野球を続けている。 3年前、大津さんの母校の中学に息子さんが入学。と同時に野球部に入部した。自分と同じ道を歩んでくれたことが、この上なくうれしかったという。以来、休日には野球部の練習や試合の手伝いを買って出て、審判やプレーの指導もしている。 その野球部の対外試合に付き添い、相 […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG