【親孝行大賞】いい話で感動した賞 「弟の供養」

<代表作品>大阪府豊中市 大阪のアン様の作品 昭和20年8月、ソ連軍が樺太に侵攻し、我が家の近くでも戦闘があった。弟は母に抱かれ、私は手を引かれて逃げ惑った。地上戦は沖縄だけでなく、樺太でもあったのだ。やがて樺太はソ連に占領され、我が家は接収された。 すぐの引き揚げは叶わなかった。追いやられた家は掘立小屋で、トイレも風呂もなかった。そこで終戦1年目の冬を迎えた。隙間風が吹き込み、家族が体を寄せ合っ […]

ちょっといい話『私はあなたの先輩です』志賀内泰弘

二宮清純さんの講演を聴く機会に恵まれました。演題は「2020年東京オリンピック・パラリンピックをどう迎えるか」です。「これは、タイムリーな話題だなぁ」と、興味津々で出掛けました。 二宮さんは、日本のスポーツジャーナリストの第一人者です。トップアスリートたちの逸話が、次々に披露されグイグイと引き込まれました。さて、話も後半。二宮さんは、こんなことを言われました。 「今度の大会で注目すべきは、間違いな […]

親孝行プロジェクト『俺んち、母子家庭なんだ』志賀内泰弘

ずいぶん以前に、「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」運動の月刊紙「プチ紳士からの手紙」に掲載させていただいた、支部報告のお話が心に残っています。それは、こんなお話です。ペンネーム「ながゆ」さんからの報告です。    *   *   *   *   * うちの高校生の娘と同じクラスの男の子の話です。毎日、マクドナルドのハンバーガーを買って登校し、それをお昼に食べているのだそうです。その男の子は、クラスのみ […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『自分だけじゃない』

<掲載時のお名前>前向きママさん <年齢>33 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「自分だけじゃない」 <「たった一言エピソード」> 付き合っていた彼氏が亡くなってしまった時。落ち込んで塞ぎこんでしまった私をずっとそばで見ていてくれた友人。黙ってただただ話を聞いてくれていた友人が、私が「消えてなくなりたい」ってつぶやいた言葉にかえしてくれた言葉です。 「自分だけじゃないよ。苦しいのはあな […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『私がいるじゃん』

千葉県白井市 ペンネーム:あみさん <心に響いた「たった一言」> 「私がいるじゃん」 <「たった一言エピソード」> 高校生だった頃ずっと仲良くしていた同じクラスのグループから急に無視をされ始め、毎日学校に行くのが憂鬱だった時があった。親にも先生にも言えず、この世から消えたいとさえ思った。 なにもかも嫌で違うクラスの友達に 「もう学校行くのが辛い。今までいろいろとありがとうね」 とメールをしたら、す […]

ちょっといい話『させてもらっていいですか?』志賀内泰弘

NHKの朝の情報番組「あさイチ」で、こんな特集をしていました。 「みなさん、どうしてる? ~子連れの外出」 ベビーカーはもちろん、幼い子供を連れてのママたちの外出はたいへんです。特に、電車は鬼門。志賀内の友人のママさんも言います。 「通勤のラッシュはできるだけ、電車に乗らないようにしてます。もっとも、ベビーカーでは乗れないくらい混雑してますけどね。でも、通院とか、急用でラッシュ時に電車に乗りたい時 […]

親孝行プロジェクト『日曜日、午前8時の親孝行』志賀内泰弘

友人K君の話です。彼は、次男で実家から1時間ほどのところで暮らしています。父親は、90歳を超えていますが、比較的元気。それでも、自分で車の運転ができません。それで、毎週日曜日の朝8時に電話がかかってきます。 「おう、おはよう」 「なに?」 「散髪に連れてってくれ」 「そんなの兄貴に連れてってもらえよ」 「・・・」 「仕方ないなあ・・・じゃあ、昼過ぎに行くよ」 「待ってる」 という具合。K君のお兄さ […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『月に負けないくらい星が光ってるように、リナも負けずにがんばってるよ』

松野さん 愛知県木曽川中学校 <心に響いた「たった一言」> 「月に負けないくらい星が光ってるように、リナも負けずにがんばってるよ」 <「たった一言エピソード」> 私が心に残った言葉は、六年の時に行った三大家族キャンプで、友達が言った言葉です。毎年ゴールデンウイークになると、三つの家族でキャンプに行きます。山キャンプです。 夜になると、何千にも瞬く星が見えるのですが、そのときの私は、そのとき、忘れた […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『必要なのは心だよ』

<氏名>阿部さん <年齢>25 <性別>女性 <住所>岩手県盛岡市 <心に響いた「たった一言」> 「必要なのは心だよ」 <「たった一言エピソード」> 子供の頃から音楽をならっていた私は、10歳のとき母に連れられてバイオリニスト・葉加瀬太郎さんのコンサートへ。公演後、握手をする機会があり、普段引っ込み思案な私ですが、公演に感動し高揚した気持ちも後押しして思い切って質問しました。 「ずっと音楽を続ける […]

ほろほろ通信『どこかで落とした500円玉』志賀内泰弘

清須市清洲東小学校六年の野中愛次郎君が、家族とスーパーマーケットに出掛けた時の話。食品売り場で485円のお菓子を買った。千円出して釣り銭を受け取った。ところが、家に帰ってみるとポケットには15円しかない。どこかで落としたのだ。車の中を捜したが見つからない。 その日にもらったばかりの小遣いだったのでショツクだった。落ち込んでいると、お母さんに「お店に聞いてみたら」と言われ電話をしてみた。するとレジの […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG