ほろほろ通信『大みそかの「トイレの神様」』志賀内泰弘

一昨年の4月、岡田豊さん(57)が岡崎市の南中学校校長に赴任すると、前任からこんな申し送りを受けた。大みそかになると、南中学に「トイレの神様」がやってくるというのだ。 25年前、卒業生4人が大みそかにやってきて外庭の掃除やペンキ塗りの補修など奉仕活動を始めた。その後何年かたち、それぞれの事情で一人減り二人減り。しかし、今でもたった一人、大久保芳朗さん(39)という造園業を営むОBだけがやってくるの […]

ちょっといい話『辛抱することの賛否両論』志賀内泰弘

今日のお話は、「いい話」のようで、そうとも言い切れない。少々、悩ましいお話です。 友人から相談を受けました。有名大学を卒業した息子さんが、せっかく人気の大手企業に就職して喜んでいたら、辞めてしまったというのです。理由は、 「上司や先輩から嫌な事を言われたから」 というのです。もともと、優秀なのですぐに次の就職先が見つかりました。ところが、そこも、 「営業の仕事が向かないことがわかった」 といい早々 […]

親孝行大賞受賞作品 ★ハッピー賞★ 『白血病の、わたし』

【ペンネーム】マカロンさん 【性別】女性 【年齢】28 【住所】愛知県 豊田市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「白血病の、わたし」 【「親孝行大賞」の本文】 私は義理の母親と祖母しか家族がいません。変わった家庭環境だけど、それでも幸せです。 2017年私は急性骨髄性白血病になりました。そんな私は親孝行なんて二度と出来ない。親不孝者だ。と思っていて落ち込んでいました。 ある日祖母が、あなたが生きてく […]

たった一言でコンテスト受賞作品★いい言葉で賞★『分けられないけど、分かち合える』

長崎県長崎市 ペンネーム:メロンパンさん <心に響いた「たった一言」> 「分けられないけど、分かち合える」 <「たった一言で」エピソード> 2年前、臨月を迎えたころのことです。日々大きくなるお腹やはっきりと感じられる我が子の胎動に、喜びと期待で胸を膨らませる一方、痛みに堪えられるのか、無事に出産できるのかと不安で押し潰されそうになっていました。 険しい表情でため息をつく私を見兼ねたのか、主人が優し […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『行ってらっしゃい、お帰りない』

愛知県犬山市立犬山中学校 佐藤さん <心に響いた「たった一言」> 「行ってらっしゃい、お帰りない」 <「たった一言エピソード」> 小学校のころ、ずっと、交通安全の縁のおばさんに、お世話になった。ぼく達が通る通学路はとても危なく、横断歩道を通る時は通勤する車を停めてもらわないと、通れなかった。 毎朝、雨の日も雪の日も下校の時もいつもぼく達の安全を守ってくれた、緑のおばさんは、そこを通るぼく達の他にも […]

ほろほろ通信『アシナガバチの心配をして』志賀内泰弘

4月下旬、刈谷市の高山千可子さん(47)宅の2階バルコニーに、アシナガバチが巣を作り始めた。ご主人に「大きくなる前に駆除して」と頼むと、「ちょっかいを出さなければ刺されないから大丈夫」と言われた。その言葉に従い、高山さん一家はアシナガバチとの共生を始めた。 自宅の隣がご主人の会社事務所。2階で繋がっており、普段はバルコニーを使って行き来している。しばしば二人のお子さんたちも、事務所のコピー機やパソ […]

ちょっといい話『コロナ禍の新春に、幸せって何だろう?と考える』志賀内泰弘

昨年一年間は、コロナのおかげ(?)で、自分を見つめ直す良い機会にもなりました。何か一つ、行動を起こす時にも、「今、これが一番やりたいことなのか?」と、自分に問いかけました。なぜなら・・・いつコロナに感染して死んでしまうかもしれないからです。 そうでなくても、「命」「時間」「人生」ということを、今まで以上に考えるようになりました。そんな暮れも差し迫るある日、福島市の渡辺経営コンサルタント事務所所長・ […]

親孝行大賞受賞作品 ★こころぽかぽか賞★ 『家族の絆』

【ペンネーム】オウンゴール 【性別】男性 【年齢】66 【住所】大阪府大阪市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「家族の絆」 【「親孝行大賞」の本文】 お盆の季節と春秋の彼岸に、母は墓参りを欠かさなかった。前夜から線香、ロウソク、数珠を揃え、「引越し先の掃除に行く」と言い置き、翌朝早くに母は出かける。しかし、墓前では十五年前に癌で他界した夫に、「もう少し待っててな」と話しかけるそうだ。引越しするには、 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『我慢するな、気張れよ』

沖縄県名護市 氏名:安藤さん <心に響いた「たった一言」> 「我慢するな、気張れよ」 <「たった一言エピソード」> 母の告別式を迎える朝、友からもらった言葉です。 母は、自転車に乗っていたところ、後ろから追突され、3日後になくなりました。私は、事故を知ってから3日間、不安、悲しみ、憤り・・・いろんな感情が身体からあふれていきました。 そして、母が亡くなり呆然としていた時です。この言葉をもらって、私 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『大丈夫』

京都府 高等学校 有野さん <心に響いた「たった一言」> 「大丈夫」 <「たった一言エピソード」> 私が中学3年生の頃、私の母は、記憶障害という病気になりました。今までは私を分かってくれますが、最初の方は、会っても「誰?」と言われるだけで、私のことを覚えてくれていませんでした。 私は、すごくショックで毎日辛くて、頭の中がお母さんの病気のことでいっぱいでどうしたらいいのか分からない状況でした。 そん […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG