たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『おれ、てつだおーかー?』

東京都青梅市 ペンネーム:HARUさん <心に響いた「たった一言」> 「おれ、てつだおーかー?」 <「たった一言エピソード」> 3歳になったばかりの次男が、ある日突然、台所に立つ私に言いました。 「おれ、てつだおーかー?」 それは1つ年上の長男がよく言う台詞の真似でした。 次男はトイレトレーニングの真っ最中。恥ずかしながら、まだオムツがとれていません。 幼稚園入園にむけて、お着替えもトレーニング中 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『空見て深呼吸♪』

ペンネーム:しぃさん <心に響いた「たった一言」> 「空見て深呼吸♪」 <「たった一言で」エピソード゙> わたしは高校3年生です。将来の夢のために専門学校の面接がありました。 緊張していた私はいつも一緒にいる友達のひとりにメールをしました。その子はいつも私の背中を押してくれた大好きな友達でした。 メールをすると「空見て深呼吸♪」と返ってきました。 その子は空が大好きでいつも空を見ています♪ 広い空 […]

ほろほろ通信『これがないと生きていけない』志賀内泰弘

名古屋市港区の田中智世さん(44)の長男は、4月から建築関係の会社に就職した。その会社の研修を受けたときの話。帰ってくるなり家族全員に名刺を配ってくれた。正式入社の前だが、新入社員全員に50枚ほど名刺を作ってくれたのだという。それが実にユニークなものだった。 名前の上に「入社予定者」という肩書きが付いている。裏面には、びっしりと自己PRが書かれていた。 【好きなこと、興味があること】車、スノーボー […]

ちょっといい話『続・建設業で本当にあった心温まる物語 その1』志賀内泰弘

建設業は3K(きつい、汚い、危険)と言われる不人気業種です。その上、容易に一人前になれる仕事ではありません。でも、そこで働く人々がいます。3Kと承知で「建設で働きたい」と言う若者もいます。そこには、他業種以上に「なぜ望んで、その仕事に就いたのか?」「辛い時、苦しい時、どうやって乗り越えて来たのか?」とドラマが潜んでいます。 建設コンサルタントの降籏達生さんは、建設業に携わる人たちの「心温まるいい話 […]

親孝行大賞受賞作品 ★親にありがとう賞★ 『父への親孝行』

【お名前】田中さん 【性別】男性 【年齢】69 【住所】山口県 防府市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「父への親孝行」 【「親孝行大賞」の本文】 3年前、父が95歳で逝った。最後の2年間は施設に入ったが、母が早く亡くなったので約30年間一人暮らしをした。 近くに住む娘(私の妹)夫婦の支援も受けたが、よく頑張った。私たち夫婦は少し離れたところに住んでいたが、ときどき訪ねて行った。 正月には手作りのお […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『暑い中、ありがとう』

京都府八幡市 ペンネーム:るかさん <心に響いた「たった一言」> 「暑い中、ありがとう」 <「たった一言で」エピソード゙> この言葉は、夏にチラシ配布をしていた時に知らない方がかけてくれた言葉です。 暑くてバテそうだったときにふと気にかけてくれたことがすごく嬉しかったです。チラシ配布の仕事はもらってくれる人も少なく、酔ったオジサンに絡まれたり、暴言をはかれたりして凹むことが多いのですが、中には優し […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『雨の中、わざわざ有り難うございます』

<掲載時のお名前>のびこ007さん <年齢>36才 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「雨の中、わざわざ有り難うございます」 <「たった一言エピソード」> 会計時に言われて、気の利いた店員だと思った。暑い時には暑い中ありがとうございますと言われ、帰るときには、どうぞきを御つけてと言われる。 個人の店だが人柄がわかる店だと思った。大型店やチェーン店のように接客マニュアルはないと思います。長 […]

ほろほろ通信『結婚式を延期して』志賀内泰弘

浅田孝枝さん(47)は、 名古屋市内にある結婚式場の社長をしている。東日本大震災の影響で、何組かのカップルが挙式・披露宴の延期を余儀なくされているという。参列予定の親戚が被災してしまった。その苦労を考えると、とても自分たちだけが幸せな気分にはなれないと。 そんな中、新郎が自衛官だという新婦さんから電話が入った。急きょ、被災地で救援活動をするために現地に派遣されたのだという。挙式の予定は5月。本来な […]

ちょっといい話『木も親に教育されている』志賀内泰弘

古の時代から、「最近の若者は・・・」と大人は言っていたそうです。私もご多分に漏れず、「最近の若者は・・・」とよく口にします。その若者を誰が育てたのかというと、親、つまり大人です。ろくでもない教育をしてきたことを棚に上げて、いつの時代でも大人は「最近の若者は・・・」と言い続けてきたわけです。 さて、せんだっての当メルマガでは、春日大社の葉室頼昭宮司の言葉「人も自然の一部です」についてお話しました。そ […]

親孝行大賞受賞作品 ★親にありがとう賞★ 『母と息子の時間』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】向山さん 【性別】女性 【年齢】64 【住所】富山県 小矢部市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「母と息子の時間」 【「親孝行大賞」の本文】 夫は六十八歳。現在特別養護老人ホームに勤めている。家族はパート勤務の妻である私と、夫の母親の二人。義母は八十八歳。同じ敷地内の別の家に住んでいる。朝食、夕食をともにしているが、夫も私もそれぞれに忙しく、義母とはあまり話すことがな […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG