ほろほろ通信『息子の一人旅』志賀内泰弘

学校が秋休みの10月11日、犬山市の花木希容子さん(48)の長男・優太君(小学6年)は、おにぎりと釣りざお、それに寝袋を持って自転車旅行に出発した。 「木曽川沿いに下って海で釣りをする」という一人旅の計画。しかし地図も持たず、野宿するという。引き留めたが言い出すと聞かない。自由奔放な性格で、「大きくなったらジャングルの中で生活したい」と言っているほど。たぶん、途中で不安になって帰ってくるだろうと思 […]

ちょっといい話『みんなが家族のことを考えた一年』志賀内泰弘

コロナは、禍(わざわい)であることは間違いありません。でも、これほど、みんなが、家族のことを考えた一年は、今までなかったのではないでしょうか。 「不要不急の外出は慎んでください」 そう言われて、多くの人が戸惑ったことでしょう。故郷に帰省するのは、「不要不急に」にあたるのだろか?うちは、母親が病気がちで、週末だけでも介護したい。うちの父親は、認知症が始まっており、一人にしておくの心配だ。 でも、もし […]

親孝行大賞受賞作品 ★ハートフル賞★ 『また来るねと握手とでいつもの一コマ』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】ぴょろこさん 【性別】女性 【年齢】61 【住所(受賞者には賞品を進呈させていただきます)】愛知県 名古屋市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「また来るねと握手とでいつもの一コマ」 【「親孝行大賞」の本文】 認知症になり3回目の秋を迎える母。それと同時に、私には帰省という言葉に「介護のため」が添えられるようになった。 両手で温かく迎えられてた立場から、両手に荷物持ち、 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『上を見るのも大事だけど、下も見ないとダメになる』

<掲載時のお名前>ぜんきちさん <年齢>29 <性別>女性 <住所>香川県 <心に響いた「たった一言」> 「上を見るのも大事だけど、下も見ないとダメになる」 <「たった一言エピソード」> まだ19歳位の就職してすぐの頃、完璧主義で真面目過ぎた私は、誰よりも強くなって仕事もプライベートも勝ち上がる事ばかり考えて疲れ切っていました。 そんなある日、友人と食事をしていると友人の携帯が鳴りました。すると、 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『がんばって生きてね』

<氏名>黒田さん(池田中学校) <心に響いた「たった一言」> 「がんばって生きてね」 <「たった一言エピソード」> 私は5年前、祖父をなくしました。原因は脳がんでした。5年前の夏休み。私は友達に手紙をかいていました。 その時、電話が鳴り、母がでました。電話の話の中で、何を話しているのか分からなかったけど、母は静かに泣いていました。すると母は電話をおき、私の所に来て、「おじいちゃんが、脳がんで死んだ […]

ほろほろ通信『トウモロコシの思い出』志賀内泰弘

この夏、岩倉市の住田和子さん(75)は、トウモロコシをもらった。弟さんが育てたものだ。早速食べようと、皮を剥ぎ取って蒸す。がぶりとかぶりつくと、口いっぱいに甘い香りが広がる。そして、ほろ苦い思い出がよみがえった。 昭和19年の夏の日のこと。農家をしている母方の祖父が、トウモロコシを届けてくれた。当時小学校の低学年だった住田さんに、母親がおやつに出してくれた。一緒に食べていたところに来客があった。母 […]

ちょっといい話『ほんの少し、ことばを変えるだけで、人生が変わる』志賀内泰弘

一昨年、元・ザ・リッツ・カールトンホテル日本支社長の高野登さんに、とても親しくされている友達を紹介していただきました。元NHKのエグゼクティブアナウンサーの村上信夫さんです。「おはよう日本」や「ニュース7」を担当しておられたので、名前に覚えがなくても、顔を見ると「知ってる知ってる」と、誰もが言う方です。 その村上さんが、新刊を出されました。 「嬉しいことばが自分を変える」(ごま書房新社)です。 最 […]

親孝行大賞受賞作品 ★ちょっといい話で賞★ 『兄弟の絆』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】はらちゃんさん 【性別】女性 【年齢】19 【住所】大分県大分市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「兄弟の絆」 【「親孝行大賞」の本文】 私には2人の兄がいる。私たち兄妹はそれぞれの進路を進み、今は3人とも一人暮らしをしている。連絡も頻繁に取り合う方ではないが、年に数回兄妹のメッセージグループが動く日がある。 それは母の日、父の日、父の誕生日、両親の結婚記念日、母の誕 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『勝たなくていいから、負けないで』

滋賀県大津市 氏名:久田さん <心に響いた「たった一言」> 「勝たなくていいから、負けないで」 <「たった一言エピソード」> 休む暇なくクタクタになり、仕事での失敗も多く、上司から怒られ、その全てを克服しようと躍起になり、結局できずに、自分で自分を追い詰めていきました。 そんなときに、僕の漏らした『もうダメだ、仕事を辞める』という一言に対して、彼女が言ってくれました。 「勝たなくていいから、負けな […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG