親孝行大賞受賞作品 ★親にありがとう賞★ 『初めてのデート』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】クテーんさん 【性別】男性 【年齢】40 【住所】愛知県 名古屋市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「初めてのデート」 【「親孝行大賞」の本文】 誰もが知っている。それこそ音楽に関心がなくても日本、いや世界的に認知されている。世界的なロックバンドXJAPAN。昭和世代である自身もファンの一人であるが、実家に帰った際家の母も大変なファンである事が発覚した。 きっかけは購 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころにビタミン賞★『休んでいいよ』

<氏名> 谷口さん <学校名・学年> 岐阜県立高等学校 <心に響いた「たった一言」> 「休んでいいよ」 <「たった一言エピソード」> 私は、中学生のときクラスの雰囲気になじめず、学校生活も上手くいかなかったことがありました。次の日の学校のことを考えてしまい、なかなか眠れない日もありました。そんな生活に耐えられなくなりました。 ある日の朝、学校に行くのがどうしても嫌で泣きそうになりながら学校に行く準 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★いい言葉で賞★『形あるものは、いつか壊れるから』

<掲載時のお名前>カーリーママさん <年齢>32 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「形あるものは、いつか壊れるから」 <「たった一言エピソード」> 小学生の時に友達の家に遊びにいって、友達のお母さんがコレクションしていた小物を不注意で壊してしまいました。友達から、お母さんが大事にしている物と聞いて泣きながらごめんなさいと謝った時に笑顔で言われた一言です。 「形あるものは、いつか壊れるか […]

ほろほろ通信『心が詰まった腕時計』志賀内泰弘

今年の4月1日。大府市の加古有子さん(46)の中学3年生の娘さんが、中2の時のクラスの仲間で「あいち健康の森」へ遊びに行ったときの話。 帰りにどこかでお茶を飲もうということになり、自転車で移動する途中でハッとした。前の籠に入れておいた腕時計がない。10歳の「二分の一成人式」のお祝いに、父親からプレゼントしてもらった大切なものだった。普段は使わないので、ケースに入れてしまっている。 どこかで落とした […]

ちょっといい話『「第10回言の葉大賞入選作から(その2)』志賀内泰弘

一般社団法人「言の葉協会」では、全国の小・中学校。高等学校から毎年のテーマに合わせた大切な人への思いや強く感じた気持ちを自分の言葉で綴る作品を募集し、その優秀作品を「言の葉大賞」として顕彰しています。 「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」運動事務局が主催している「たった一言で」コンテストと、大いに趣旨が重なります。 第10回言の葉大賞のテーマは「『失敗から』学んだこと」。入選作品から、一つ紹介させていた […]

親孝行大賞受賞作品 ★こころにビタミン賞★ 『サプライズパーティー』

【ペンネーム】ゆああさん 【性別】女性 【年齢】42 【住所】北海道 釧路市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「サプライズパーティー」 【「親孝行大賞」の本文】 『母さんへ パーティーを開くので、私たちの部屋に来てください』 ある日、仕事から帰るとパソコン机の上にメモが上がっていた。その日は家族の者の誕生日の日ではなく、もともと頻繁にホームパーティーを開くような家庭でもなかったため、何のパーティーか […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『あんたの顔は一生忘れんよ!』

愛知県半田市 ペンネーム:星の王子さまさん <心に響いた「たった一言」> 「あんたの顔は一生忘れんよ!」 <「たった一言で」エピソード゙> 父の経営する水道工事店に入社して3年目、1日の仕事を終えてほっとしていました。 するとトイレが詰まって使えないのですぐ来てほしいという電話。父に行ってこいと言われ、正直言ってイヤイヤ、仕方無く行きました。 修理は大したこと無くすぐ終わりました。 するとその家の […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『来てもらうだけで嬉しい!』

宮城県柴田郡 氏名:岩間さん <心に響いた「たった一言」> 「来てもらうだけで嬉しい!」 <「たった一言エピソード」> 施設に入所して5年になる89歳の母。最近、自分が生きている事に「みんなに迷惑かけて悪いな」と悲観的になっている。会う事を楽しみにして来ているのだからと言うと「来てもらうだけで嬉しいんだ!」と母は泣き顔になる。 施設で過ごす2時間。一緒にTVを観たり、母の好きな民謡を歌ったり、時に […]

ほろほろ通信『先生を泣かせます!』志賀内泰弘

この春、伊藤正明先生(37)は前任校の東海市富木島中学校で、特に思い出深い一人の生徒を高校へ送り出した。 それは1、2年生のときに担任をした田中あずささんだ。彼女は左耳が難聴というハンディを負っている。そのため、教室では前の方の席になるように配慮してきた。しかし、本人は大変活発で駅伝の代表選手に選ばれたり、ハンドボールでは日本オリンピック委員会(JOC)ジュニアオリンピックにも県代表として出場した […]

ちょっといい話『第10回言の葉大賞入選作から(その1)』志賀内泰弘

一般社団法人「言の葉協会」では、全国の小・中学校。高等学校から毎年のテーマに合わせた大切な人への思いや強く感じた気持ちを自分の言葉で綴る作品を募集し、その優秀作品を「言の葉大賞」として顕彰しています。 「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」運動事務局が主催している「たった一言で」コンテストと、大いに趣旨が重なります。第10回言の葉大賞のテーマは「『失敗から』学んだこと」。入選作品から、一つ紹介させていただ […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG