ちょっといい話『どっちも正しい・・・コロナ禍から学んだこと』志賀内泰弘

地元の中日新聞に、「わけあり記者」という新聞記者さんがいます。政治部もベルリン特派員などを歴任され、現在は編集委員をされています。過労で休職し、その後両親が要介護になり、自らもパーキンソン病を発病されたいうたいへんな事情を抱えて生きて来られたことから、そう自称されているのです。

ときどき紙面で記事を拝読させていただいているのですが、持病、介護、休職など私と共通点が多いので、面識はないのにもかかわらず、なぜか妙に親しみ(?)を覚えてしまう方です。その「わけあり記者」さんが、このコロナ禍の「不要不急」ということの意味について、こんなことを書かれていました。

第二波の8月に、「わけあり記者」さんは高校時代の同級生を突然死で亡くしました。毎年、盆暮れに集まる仲間だったので、「それじゃ、また今度!」と言って別れるのがいつものことだったそうです。「来年もまた会える」と信じて。

ところが、「来年」は来ませんでした。このコロナ禍、今年は事情が違った。「今年は我慢だ」「来年があるじゃないか。どうしても、今年会わねばならない理由もないし」と、お盆に集まるのを控え、「不要不急」に仲間で協力したのだといいます。
ところが・・・訃報が。

「わけあり記者」さんは、こう疑問を呈します。郷里の友人や家族、恩ある人、縁深い人に会うことは、「不要不急」なのか否か。普通の年でも、会えるチャンスは限られる。50歳を超えれば、急な葬祭の知らせに驚くこともある。その友人とは、あっけなく会えなくなってしまったというのです。

こんなニュースを耳にしました。田舎の年老いた両親に会うため帰郷したら、車にいたずら書きをされた。玄関のドアに、「帰れ」と貼り紙がしてあった。いわゆる自粛警察です。
「自分がこんなに我慢してるのに」
「もし、お前が原因でウイルスが広まったら」
「いけない」とわかってはいても、不安が募って心のブレーキが止まらなくなってしまうのでしょう。

では、故郷の両親に会いに行くのは、「不要不急」に当たるのか否か。「わけあり記者」さんは、自らの両親の介護の経験から、こんなことを綴っています。

それは、「匂い」だったいいます。母親が父親の介護をする「老々介護」が始まった頃のこと。母親に認知症の症状が出始めた。「わけあり記者」さんがお盆に帰省した時に、玄関に入るなり、すえて匂いに気付いたそうです。それは、台所の買い物袋や、いつ調理したかわからない鍋。母親の認知症が相当に進んでいることを目の当たりにし、真剣に介護に向き合う大きなきっかけとなったそうです。

つまり、帰郷したから「匂い」に気付けたというのです。ここでの「匂い」とは、クンクンという本当の匂いのことを指しますが、「気配」とか「雰囲気」という、いわゆる「第六感」の「匂い」のこともあると思います。いくら、リモートで画面や声で、両親と話ができるようになったといっても、この「匂い」は「会わないと」わからないのです。

そう言えば・・・。母が父の看病・介護をしていた時のことです。朝、会社へ出掛ける前と、帰宅してすぐに、隣接する両親の住む母屋へ顔を出すのを日課にしていました。母親に「ただいま」と言うと、「おかえりなさい」と言ってくれる。しんどい時には、その声もか細いし、顔色がよくないのです。

反対に、体調はよくてもイライラしていることがありました。「どうしたの?」と尋ねると、父親への愚痴を泣きながら一気に喋り出す。充分にはしてやれませんでしたが、「話を聞く」ことがストレス発散には一番の効き目があります。顔を見るだけで、なんとなく「匂い」が伝わって来たのです。

コロナ禍の状況下で外出は控えた方がいいことは、誰もが承知しているでしょう。でも、故郷に帰ることが、単なる親孝行ではなく、肉親の「命」を救うことに繋がるケースもあるのです。

だから・・・「年老いた両親のいる人は、コロナのことなど意識せず、帰省した方がいいですよ」と勧めるわけではありません。かといって、「自分の我慢が、みんなのため」と、帰省を止めるよう促す気持ちもありません。どっちも、間違ってはいないし、どっちも正しいと思うのです。

数学や化学、物理の問題では、正解は一つです。でも、これは人の心の問題です。正解を求めることがおかしい。一人ひとりに、一つひとつの家族に、それぞれの事情があり、まちまちの人生があるのです。他人がとやかく言えることではないと思うのです。

少し飛躍した発想かもしれませんが、こんなことも考えました。「わたしは正しい」けれど、「あなたも正しい」という、「おもいやり」の心で人と接することができたなら、イジメや差別も無くなるのではないかと。

(参考)2020.8.14付中日新聞朝刊

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG