ちょっといい話『言い訳人生』志賀内泰弘

二宮清純さんの講演を聴く機会に恵まれました。二宮さんは、日本のスポーツジャーナリストの第一人者です。何人もの トップアスリートたちの逸話を聞きました。

その中でも二宮さんが、「特別な存在」とおっしゃる方。それが川渕三郎さんです。ウェブで調べた経歴を転記しましょう。

日本の元サッカー選手、元日本代表監督、Jリーグ初代チェアマンを経て、第10代日本サッカー協会(JFA)会長を務めた。日本サッカー殿堂入り。2009年、秋の叙勲で旭日重光章を受章。
会長退任後、日本サッカー協会最高顧問、相談役を歴任。日本トップリーグ連携機構代表理事会長。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会評議員会議長。

中でも、世間では「無理だ」と言われていたJリーグを立ち上げて成功に導いた立役者という功績は、誰もが知るところです。

さて、そのJリーグを立ち上げようとしていた会議での出来事だそうです。二宮さんも、その会議に参加しており、ことの始終を目の当たりにしておられました。ある幹部が、Jリーグの設立にこう反対しました。
「時期尚早だ!」
と。すると、別の幹部が発言しました。
「前例がない」
会議の場は、暗い雰囲気でそのまま何も決まらないまま、終わろうとしていた時のことです。川渕さんが手を上げました。
「時期尚早という人間は、100年経っても時期尚早と言う」
「前例がないという人間は、200年経っても前例がないという」
さらに・・・。
「仕事とは、できないことをできるようにすることを言うんだ」
「できない理由を口にするな」
この言葉で、会議の流れは一気に前に進んだそうです。
 
「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」運動を、細々ながら続けて15年。「親切」「おもいやり」を広げる活動をしています。目の前に、困っている人がいたら、手を差し伸べよう!目の不自由な人。車いすの人。お年寄り。妊婦さん。頼まれる前に、「お手伝いしましょうか?」と声をかける。

駅までの道のり、空き缶が落ちていたら拾おう。スーパーのレジで、後ろの人がジュース1本の買い物だったら、順番を代わってあげる。エレベーターで、走って来る人がいたら「開」のボタンを押して待っていてあげる。いろんな「プチ紳士・プチ淑女」の実践者のエピソードを紹介してきました。

でも・・・。人は、ついつい「やらない言い訳」を探してしまいます。ついつい「言い訳」を「正当化」として、行動に移さないものです。

忙しいから。急いでいるから。おせっかいと思われるかもしれないから。周りの人の目が気になるから。次は必ず。・・・なんていう「いい訳」の嵐。

偉そうなことを書いたり、口にしている志賀内も同じです。ほぼ毎日「いい訳」の連続です。そんな「言い訳」を口にしそうになった時。心の中に「言い訳」をチラリと考えそうになった時。川渕さんの言葉は、「いい訳」を跳ね返すエネルギーになります。

「時期尚早という人間は、100年経っても時期尚早と言う」
「前例がないという人間は、200年経っても前例がないという」

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG