ちょっといい話『ステイホームの『うつ』対策・・・心と身体のかんたんストレッチ』志賀内泰弘

ステイホーム疲れ、引きこもり疲れという言葉を耳にするようになりました。よくよく考えると、おかしなことです。どこも出掛けていないのに、なんで疲れるのか。

最初はそう思った私も、少しずつ理解できるようになりました。
「どこかへ行きたい」
「誰かと会いたい」
「遊びたい」
という我慢が、心を疲れさせるのですね。

さて、以前、熱烈に「本を出したい」という方々のために「出版セミナー」を開催したことがあります。この春、その参加者の一人、齊藤仁重さんが「夢」を果たして本を出しました。「ビジネスマンの人生を激変させるしなやかな心のつくり方」(セルバ出版)です。

齊藤さんは、長野県で整体師と仕事をしておられます。15年間で延べ2万人を施術し、誰もが知る大企業の経営者やJリーグなどのアスリートも担当しています。実はこの本、身体のストレッチというよりも、心のストレッチに重きを置いた本なのです。

そこで、齊藤さんにお願いしました。ステイホームの「うつ」対策として、心と身体のかんたんストレッチをレクチャーしてくださいと。すると、すぐに返事をいただきました。わかっているけど、ついつい忘れがちなことも・・・。ぜひ、みなさんトライしてみてください。

     *     *     *     *     *     *

齊藤仁重です。
私は整体師という立場でありながら、実を言うと面倒なこと、過剰に疲れることが苦手でして、筋トレやストレッチなどがどうしても続かないのです。なので、面倒くさがりな方でも続けられるカンタンストレッチをご紹介させていただきますね。

1、笑う(できれば声を出して笑いましょう)
笑った時の酸素摂取量は、1回の深呼吸の2倍と言われています。また、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活発になるためガンの予防にもなります。笑ってストレスを解消しましょう。お笑いのテレビやDVDなどは健康にもすごく良いです。

2、泣く
涙活(るいかつ)という言葉もあるくらい、泣くということもストレス解消には良いです。感動する映画やドラマを見て、思いきり泣きましょう。ポイントは、我慢せずに涙を流すということ。我慢すればかえってストレスになるので、涙はそのまま流しっぱなしでお願いします。

3、喋る
ストレスが溜まってくると呼吸が浅くなります。こういう場合は息を吐くことが大事。特に女性はストレスが溜まると、喋ることでストレスを解消しようとしますが、そこには呼吸を深くして酸素を取り込みたいという身体からのサインが含まれています。ネット環境があれば通話代もかかりません。スカイプなども利用して、仲のよい方たちとお喋りしてください。

4、歌う
歌をうたうこともすごく良いです。腹筋を使いますし、呼吸も大きくすることができます。日常生活ではあまり大きな声を出す機会がないので、大きな声で歌をうたいましょう。まぁ、家の中だと近所迷惑になりますので、家の中では小さな声で歌うことをおススメします。

5、書く
ストレス状態になると思考がバラバラになり、自分が考えていることが整理できなくなってきます。こういう時は、手書きで文字にして書いてみましょう。文字にすると頭の中がスッキリして、脳ストレスが解消されます。おススメは、お手紙やおハガキ。こういう機会です。パッと思い浮かんだ方に向けて、お手紙を書いてみたらどうでしょうか。

6、噛む
ストレスが溜まっている時はガムを噛みましょう。噛むと脳が活性化してきます。記憶力も上がります。本を読む時や勉強をする時に、どうしても集中ができないといったことがあります。こんな時はガムを噛みながらやってみてください。脳がクリアになり、集中して取り組んでいけるようになります。ストレス解消にも最適です。

7、貧乏ゆすり
運動不足な時には貧乏ゆすりがおススメです。下半身の冷えやむくみの解消に抜群の効果があります。またエコノミー症候群の予防にも最適。身体の緊張状態を貧乏ゆすりはスーっと抜いてくれます。3分間の貧乏ゆすりは20分間の運動に匹敵するとも言われているんですよ!

8、片足立ち
足を肩幅程度に開いて、片足を10cm程あげて1分間キープしてください。視線はそのまま遠くを見つめるような感じで。片足立ち1分間でウォーキング50分間と同じくらいの効果があると言われています。テレビを見ながらでもいいので、隙間時間を見つけて、1分間片足立ちをしましょう。簡単に運動不足が解消できます。

9、つま先立ち
家の中でつま先立ち、移動する時にはつま先歩きはすごく良いです。ふくらはぎは第2の心臓と言われていて、下半身の血液を心臓に送り返すことに非常に重要な役割を果たします。つま先立ちは、このふくらはぎを鍛えることに役立ちます。運動の効果も高いので短時間でも効率の良い運動ができます。

特別編 腕立てバーピージャンプ
これは年齢も若くて体力の有り余っている方におススメ。スピードをつけた腕立て伏せで胸までしっかりと落として、そこから一気に立ち上がってジャンプします。これを連続で30回とか。腕立てバーピージャンプは全身運動なので、これをやっているだけでバキバキに盛り上がった筋肉を作ることができます。

     *     *     *     *     *     *

ひとり一人が、「出掛けたい」誘惑と戦い、ステイホーム! みんなでまた難関を乗り切りましょう。そして、笑顔で会いましょう。

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG