ちょっといい話『親切すぎるタクシー』志賀内泰弘

いよいよ、受験シーズです。受験生だけでなく、その家族にとっても精神的にたいへんな時期ですね。私も、風邪をひかないようにとか、神社にお参りに行ったりとか、精神的に神経質になっていたことを思い出します。

さて、島根県の友人・七田厚さんからこんな話が届きました。

   *   *   *   *   *

先週の金曜日、私は仕事で上京したのですが、その日、高3の娘は土曜日に大阪で行われるIELTS(アイエルツ)の試験を受けるために、一人で大阪の宿に泊まりました。

IELTSというのは、日本英語検定協会が16歳以上を対象に実施している英語の試験です。海外留学や研修のために英語力を証明するもので、イギリス、カナダ、オーストラリアへの留学や、英語圏への移住申請にもっとも適したテストだといわれます。

試験当日の朝、娘に
「試験会場わかった?」
とメッセージを送ったところ、しばらくして、こんなメッセージが返ってきました。

「会場に、今ぎりぎり着いたんだけど、思ってた場所と全然違ってて…。タクシーで来たんだけど、お金が足りなくて、これ終わったら、現金で払いに来れますかって言われてるんだけど…」

「え? 現金、払いに行けないよ。今、東京だし、これから仕事だし…。そうだ! 運転手さんの銀行口座を聞いて振り込ませてもらおうか…。あ、だめだ、土曜日だ」

と思った私は、とにかく、そのタクシーの運転手さんに連絡するため、運転手さんの携帯の番号を娘から聞いて、仕事が終わった後、すぐに電話しました。 恐る恐る、

「今日の朝、豊中から梅田まで乗せてもらって、お金を払わなかった娘の父親です」

と言うと、運転手さんは、

「あ、娘さん、試験間に合った? 間に合ったの。そう、良かった。いや、30分しかないっていうから、どうかな~って思ったんだけど、土曜日で道が空いてて良かったよ。いや、お嬢さん、運があるよ♪」

「あ、あの~、ありがとうございます。ほんとに助かりました。それで、代金のことなんですが…」

とお礼を言い、運転手さんから金額と振込先を聞いた私は、翌々日の月曜日の朝、すぐに振り込みを済ませ、ホッとしていたのですが… その日の夕方、その運転手さんから、

「いやー、確かに入金がありました。あとは、娘さん、試験が受かれば言うことないね!」

と、ご丁寧にお電話をいただきました。どこまでも親切な方で、本当にラッキーでした。この親切すぎるタクシーの運転手さんがいらっしゃるのは、豊中市の阪急タクシーさんです!

   *   *   *   *   *

人は、なにげない一言で元気づけられたり、救われたりします。
「運があるよ」
なんてステキなセリフなんでしょう。ベストは尽くした。頑張った。でも、そんな緊張の中で、ついつい間違った場所へ行ってしまった。そんなことは、おそらくあちらこちらであるでしょう。
「運があるよ」
私も、これから「ビンチ」の人に使ってたみたいです。

頑張れ!
受験生!!

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG