たった一言でコンテスト受賞作品★スマイル賞★『手を広げて待ってるよ』

鎌田さん
愛知県小牧市内の中学校

<心に響いた「たった一言」>
「手を広げて待ってるよ」

<「たった一言エピソード」>
中学三年の一学期、家に帰ってから家族の晩ご飯をつくらなければいけない私は、家に帰るのが嫌ということをクラスの人にしか言えないでいました。

家族に言うとしかられてしまう、ということが気になってしまい、クラスの人にも笑いながら伝えるということしかできず、いつも一人、部屋で泣いていました。

日がたつにつれ、授業でも集中できず、泣いてしまいそうになったので、先生に言って授業を抜け出し、声を殺して泣きました。

そのとき、授業の先生が隣に座って、少し相談にのってくれたことに、感謝しています。その後、相談にのってくれた先生から手紙があって、「飽和状態になったらいつでも吐き出して。三年の先生もみんなも、手を広げて待ってるよ。」という文に、とても感動しました。

こんな身近に、優しくしてくれる人がいることを、この時初めて知りました。

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG