たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『君がいてくれてよかった』

竹内さん
愛知県犬山市立犬山中学校

<心に響いた「たった一言」>
「君がいてくれてよかった」

<「たった一言エピソード」>
この言葉は、私が小学校四年生から六年生まで担任をしてくださった『今枝先生』がおっしゃった言葉です。優しく接してくれた部分もあれば、厳しくしかってくださったときもありました。

私が一番心に残っている時間は、卒業式です。いつも、クラスのお母さんのように、大きな心をもっていた先生は、その日だけは朝からかなしそうな顔をしていました。卒業式は、一生の思い出になる素晴らしい式になりました。教室に戻って、小学校を卒業するさみしい気持ちをかみしめて、今枝先生を待ちました。

一人ずつ、先生と思い出話をしていき、とうとう私の番がきました。辛いときもあれば楽しいときもあったので、別れるのはとてもさみしく、離れたくなかったです。先生も私と同じ気持ちで、涙を流してくれました。

「君がいてくれてよかった」

その言葉は、私を必要としていてくれたこと、強い絆でずっとつながれていたと改めて感じることができました。別れるさみしさが涙となって流れる私を今枝先生は優しくだきしめてくれました。

「この時間がずっと続いてほしい」
「このままがいい」
と私は初めて思い、この時間は絶対に忘れない。と強く思いました。

この言葉があったからこそ、中学校へスタートすることができたし、いろんなことに挑戦することができました。私を必要としてくれた今枝先生に感謝して生きていきます。

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG