たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『相談してくれてありがとう』

中條さん
豊田市立中学校

<心に響いたたった一言>
「相談してくれてありがとう」

<たった一言エピソード>
私は、中学1年生の時にたくさんのことで悩んでけっきょく最後は、自分自身をおいつめてしまい学校に行けなくなってしまいました。当然、家族や友達、先生などたくさんの人から心配されました。でも、その時の私は、心配されるのが嫌で嫌でしかたありませんでした。すごく邪魔だったんです。怖かったんです。

私の父は、私をとても心配しました。そしてなぜ学校に行かなくなったのかと理由を聞いてきました。私は、それに答えることができませんでした。そのときの私は、父が怖くて怖くてしかたなくて涙を流すだけでした。

そんなことが毎日のように続き、父からもひどい言葉を受けもうたえられなくなりたくさんの友達に自分の中にあるひどく黒い気持ちだけをつづったメールを送りました。そして数時間後、メールが帰ってきました。

私をはげましてくれる言葉。それを見ただけですごくうれしくて涙がたくさんでてきました。みんなからのメールを読んできそしてその言葉を見つけました。

「相談してくれてありがとう」

その言葉を見た瞬間もっと涙がでてきました。私が、なぜ最後まで友達に相談しなかったのか。それは友達にめいわくをかけたくなかったからです。私は友達に相談しようと思っても「もしかしたらめいわくをかけるんじゃ・・・」と思ってしまい、人に相談することができませんでした。

でも、このときみんなにメールをして本当によかったと思っています。私は「みんなにたよっていいんだ」「相談してもいいんだ」ということに気づけたからです。きっとこれからも、一人じゃ解決することができないようなことにブチあたるかもしれないけれど、そんなとき、相談できる友達がいればとても心強いから、今いる友達を、相談出来る友達を大切にしていきたいです。

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG