たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★ 『でも、いつかそんな自分になれたらいいな、というくらいの気持ちでいくのもいいんじゃないでしょうか』

<掲載時のお名前>未来さん
<年齢>43
<性別>女性
<住所>神奈川県川崎市

<心に響いた「たった一言」>
「でも、いつかそんな自分になれたらいいな、というくらいの気持ちでいくのもいいんじゃないでしょうか」

<「たった一言エピソード」>
何かと考え込んでしまう私は、人間関係でも迷路の中をさまよっているような気持ちになることもしばしばです。

職場にいる怠惰極まりない人をどうしても許せない、変えられないものは受け入れて前に進む人間的な大きさが足らない自分にも腹が立ち、罪悪感にも苛まれて、ある時尊敬している友人に、このドロドロした気持ちを吐露しました。

彼は、自分にもそういったことは未だにあるものの、私ほど真正面から取り組もうとせず、時に棚上げして過ごしているのだと思うと前置きした後、「でも、いつかそんな自分になれたらいいな、というくらいの気持ちでいくのもいいんじゃないでしょうか」と言ってくれました。

その時、完璧主義でわざわざ辛く苦しい精神修行に励んでいるような自分からふっと解放され、必要以上にこの一点に囚われず前向きに進んでいこうという気持ちになりました。

欠点がない人なんていない。自分の行動の振り返りは忘れず、しかし自分の世界にのめり込み過ぎない。とても考えさせられた一言でした。

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG