新刊発売!「101人の、泣いて、笑って」(その3)

「たった一言で」コンテストは、平成21年に第1回を開催し、平成30年の第10回までに、合計31,904編の応募をいただきました。今回、「プチ紳士」運動事務局の選考スタッフと、ごま書房新社・池田雅行社長がさらに読み込んで厳選し、志賀内が監修をして10年間の入選作品の中から100編を選び、一冊の本として出版の運びとなりました。

タイトルは、
「101人の、泣いて、笑って、たった一言物語 世の中捨てたもんじゃない!」(ごま書房新社)
https://amzn.to/2wtlr6x
です。
                        
人は、人から言われた何気ない「たった一言」で、元気になったり、笑ったり、励まされたり、楽しくなったり、やる気が出たりします。時には、苦しいどん底の中から救われることもあります。「たった一言」が、人生を変えてしまうこともあります。
そこで、
「あなたの心に響いた『たった一言』を教えてください」
そして、
「それにまつわるエピソードを教えてください」
と呼びかけた応募作です。

ジーンと胸の奥に染みわたる「いい話」。「よし!明日も頑張ろう」と勇気が湧いてくる「いい話」。まさしく、「いい話」のトップ100です。今日もまたまた、1編紹介させていただきます。

     *     *     *     *     *

『大変』

山﨑さん(鹿児島純心女子高等学校 一年)

昔、友人の前で愚痴をこぼした事があります。それは「無理、もう出来ない、どうせ頑張っても無駄」というようなマイナスな言葉でした。

すると友人は私に笑いかけながら、 「大変なの?」 と私になげかけました。もちろん私は、 「大変に決まってるじゃん」 と返しました。

すると、友人は、 「じゃあ、今大きく変わろうとしてるんだね」 と私にとって意外な言葉をくれました。

確かにそうです。「大変」は「大きく変わる」です。私は新しい驚きと同時に、うれしさが込み上げてきました。自分は今、大きく変わるために頑張れてるという実感がわいたからです。

友人からもらった素敵な言葉のプレゼントは、今も私を支えてくれています。これからも、「大変」を目標に頑張っていきたいです。『支えてるから、上に乗りなよ』

     *     *     *     *     *

いかがでしたか?
知らんなかったなー。「大変」って、そういうことだったんですね。これからは、もっともっと「大変だ~」と連発します。だって、もっともっと変わりたいから。

「プチ紳士・プチ淑女探せ!」運動
代表 志賀内泰弘

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG