たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『あなたはごつごつの人だから』

京都府京都市
池田さん

<心に響いた「たった一言」>
「あなたはごつごつの人だから」

<「たった一言で」エピソード>
高校を卒業して金融機関に勤めて1年ほどたった頃、本部上がりで営業店の仕事は全く経験なしの中堅の先輩Mさんが転勤してきた。正直、一緒の係の同期は迷惑がっていたが、Mさんはうざいほど明るく前向きで、とにかく一所懸命に慣れない仕事を覚えようとする努力の人だった。

そんなMさんを見ているうちに、私はだんだん好きになり、親しく話をするようになっていった。その頃私は感情の人で、人間関係でイライラすることが多かった。また、仕事に関しても自信をもち始めたころで、自分なりによく働いたとは思うが、はなもちならない態度もあった思う。

5年ほど経って私は転職することになり、送別会が行われた。その時私は上司から思いもよらない厳しい言葉を送られた。私を思いやってのはなむけの言葉だとはわかっていたが、それがつらくてつらくて、その後泣きっぱなしの送別会になった。辞めてからしばらくは落ち込む日々が続いた。

少し落ち着いた頃、Mさんに電話をすると、「一緒に御飯食べよう」と誘ってくれた。
食事をしながら、送別会の時の話をすると

「きっとそれはあなた自身が一番気にかかっていたことだからだよ。課長はあなたがそれをわかる人だと思ったから、敢えてその場で言ったんだと思うよ。あなたのこの先を思ってのことだったんだよ」

「そうかもしれないけど・・・」
そう言って私はまた涙がとまらなくなった。

「あなたはね、ごつごつの人だから・・いびつでとげとげの人なのよ。でもね、そのごつごつは何かに当たるたびに取れていってね、だんだん丸くなるんだよ。そしたら、うーんときれいな丸になるんだよ。今、あなたはその途中。大人になったら、うーんと丸い人間になれるから心配しなくていいんだよ。いっぱいいろんな人とぶつかって、カドいっぱい落としなさい。最初から、カドもなくなんとなく丸るい人はそれまでなんだから」

やめてからずーっと重かった心が、すっと軽くなった。

それからも新しい職場で何かあっても、Mさんの言葉を思い出し、
「私は今とげとげ取ってる途中」
と思えるようになった。そして、やたら突き詰めて考えることもなく、人に対してもイライラしなくなった。

Mさんからかけてもらったこの言葉で、私はとても楽に生きてこれたのだ。

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG