たった一言でコンテスト受賞作品★こころにビタミン賞★『休んでいいよ』

<氏名>
谷口さん

<学校名・学年>
岐阜県立高等学校

<心に響いた「たった一言」>
「休んでいいよ」

<「たった一言エピソード」>
私は、中学生のときクラスの雰囲気になじめず、学校生活も上手くいかなかったことがありました。次の日の学校のことを考えてしまい、なかなか眠れない日もありました。そんな生活に耐えられなくなりました。

ある日の朝、学校に行くのがどうしても嫌で泣きそうになりながら学校に行く準備をしていました。そんな私の様子を見て母が一言「休んでいいよ」と言ってくれました。

学校に行きたくない気持ちと学校を休むことへの罪悪感、次の日学校へ行きづらくなるのではないかという不安で葛藤していました。そんなときのあの母の一言で、私は心が少し軽くなりました。

それから、学年が上がるごとに学校に慣れ、休む回数も減りました。係の仕事を通して積極的に人と関わり、仲間からも信頼されるようになりました。

中学校を卒業した今となっては、辛い思いをしたのも良い経験になったと思います。  

最新情報をチェックしよう!
>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG