CATEGORY

ちょっといい話

ちょっといい話『ありがとうと思える日』志賀内泰弘

私は、「心の師」である罹りつけのお医者さんから、 「どんなことにも感謝しなさい」 と教えられました。それが例え、パワハラを受けて、生死を彷徨うような目に遭わされた上司であってもです。 当たり前ですが、そう言われた時、 「そんなことはできません」 と答えました。感謝するどころか、憎くて憎くて、「殺してやりたい」とさえ思っていたのですから。 さて、LOLAND(ローランド)さんをご存じでしょうか。ホス […]

ちょっといい話『幸せってなんだろう?』志賀内泰弘

先日、同窓会で久しぶりに会った友人から唐突に訊かれました。 「幸せって、なんだろう?」 と。 「お前は幸せか?」と訊かれたのではないのです。あくまで、客観的な質問。還暦を迎えた同級生たちは、さまざまな苦労を乗り越えてきたはずです。多くの者は定年を迎え、人生も最終コーナーに差し掛かります。誰もが思うこと。それは、 「オレの人生は幸せだったのかなあ」 「みんなはどうなんだろう」 「ライオンのおやつ」と […]

ちょっといい話『悩んでもいいよ』志賀内泰弘

還暦になりました。自分でも信じられません。もう生まれてから60年も経ったの?たしかに、人生を振り返ると、いろいろありました。 大学受験、就職試験に落ちまくって、努力が足りないだけなのに人生を儚んでたあの頃。エゴと自信の固まりでブイブイ言わせて、仕事に熱中して駆け抜けたバブルの頃。今でいう、パワハラに遭って、ストレスで倒れて生死を彷徨ったあの日。 両親の看病・介護でフラフラになり、仕事との両立ができ […]

ちょっといい話『ビニール傘のご奉公』志賀内泰弘

出先で雨に降られることがあります。 「あれ? たしか折り畳み傘がカバンに・・・」 そうです。書類が多くて重かったので、取り出して家に置いて来てしまったのです。地下鉄から地上に上がると、ラッキーなことにコンビニがありました。ビニール傘を買って難を逃れました。 そんなピンチを救ってくれたビニール傘ですが、ふたたび晴れてしまうと、やっかい者になります。会社や家に戻れば、ちゃんとした傘があるのですから、そ […]

ちょっといい話『親切すぎるタクシー』志賀内泰弘

いよいよ、受験シーズです。受験生だけでなく、その家族にとっても精神的にたいへんな時期ですね。私も、風邪をひかないようにとか、神社にお参りに行ったりとか、精神的に神経質になっていたことを思い出します。 さて、島根県の友人・七田厚さんからこんな話が届きました。    *   *   *   *   * 先週の金曜日、私は仕事で上京したのですが、その日、高3の娘は土曜日に大阪で行われるIELTS(アイエ […]

ちょっといい話『100人分の一歩』志賀内泰弘

さまざまなボランティア団体の代表に友人・知人がいます。その多くの人の悩みは、2つあります。 一つは、長く活動しているにもかかわらず、思うように自分が代表を務めるボランティア団体の活動が広がらないこと。もう一つは、運営資金が常にギリギリで、あちこちに寄付をお願いしていること。この二つの話題になると、お互いの実情を語り合って、苦笑いしながらも盛り上がります。 そんな団体ですから、なかなかポーンと100 […]

「2019サンタクロース・プロジェクト」志賀内泰弘

今年も、群馬県の新町中学校教諭・齊藤貴三先生から、担任をされている2年1組のみなさんの取り組み「サンタクロース・プロジェクト」の報告をいただきました。もう6年目になります。 クリスマスを迎えるに先立ち、12月10日は、世界人権デーでがあります。 そこでまず、斎藤先生はクラスのみんなに世界人権宣言について説明しました。 「すべての人間は生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利について平等である […]

ちょっといい話『サンキューボタンを提唱します!』志賀内泰弘

先般、当メルマガで、こんなお話をしました。 車を運転していて、渋滞の一車線の道路をノロノロと走っていると、高級車が左折のウインカーを出して、止まっていました。フロントガラス越しに、若い男性の顔が見えました。大学生くらいでしょうか。 志賀内の三台前の車まで、割り込ませようとせず、それどころか「割り込ませるものか」という雰囲気で、車間を狭めてノロノロ進んでいました。志賀内も急いではいましたが、左手で、 […]

ちょっといい話『素直になれば』志賀内泰弘

もともと、志賀内はへそ曲がりです。よく言えば「反骨精神」が旺盛ということですが、素直ではありません。物事を斜めに見るのが好きで、人の言うことやニュースも「本当にそれは真実なのだうか」と疑ってかかる癖があります。   一方、それでは社会を生きていくには、苦しいばかりです。それではいけないと、人の言うことに耳を傾けるようと努力してきました。素直になろうと思ったのです。   20代の頃、ハガキや手紙を書 […]

ちょっといい話『中学1年生が届いた感想文』志賀内泰弘

群馬県の佐野中学校の新井国男先生が、自腹で拙著「京都祇園もも吉庵のあまから帖」(PHP)を購入して、17名の生徒さんにプレゼントしてくださいました。とはいっても、押し付けて「読みなさい」と言われても、人は本を読むものではありません。希望者を募り、大勢の場合には、抽選でプレゼントという形にしてくださいました。 「京都祇園もも吉庵のあまから帖」(PHP文芸文庫) https://amzn.to/2ZO […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG