「たった一言で」コンテスト
CATEGORY

「たった一言で」コンテスト

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『泣いたら負け!』

前田さん 池田中学校 <心に響いたたった一言> 「泣いたら負け!」 <たった一言エピソード> この言葉は、祖母の口ぐせです。小さいころから私はかっぱつな子で弟や友達とケンカしては、すぐに泣いてしまうくせがありました。そんな時、いつもばあちゃんが言っていた言葉がこれでした。 昔はあまり意味を理解できず、「なんであんなこというんだろう」とふしぎに思っていました。しかし、成長した […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『千里の道も一歩から』

<氏名>後藤さん <学校名・学年>一宮市立千秋中学校 <心に響いた「たった一言」> 「千里の道も一歩から」 <「たった一言エピソード」> 私が、たった一言で心に響いた言葉は、 「千里の道も一歩から」 と、いう言葉です。この言葉は小学校低学年のときに校長先生が集会で、おっしゃっていた言葉です。 私は何かをするときに、先が見えなかったり、長く続きそうなことがあると、少しもとりかかろうとはしませんでした […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ちょっといい話で賞★『牛をもっと愛して』

<掲載時のお名前>ギン猫さん <学校名・学年>岐阜県立岐阜農林高等学校 <心に響いた「たった一言」> 「牛をもっと愛して」 <「たった一言エピソード」> 秋の移り変わり、私は全国和牛能力共進会に参加した。その時に私は、この言葉を聞いたのだった。各学校紹介の発表で、一人の女子高校生の発表の時だった。彼女はこう言った。 牛を育てる時は、「牛をもっと愛して」と。 それを聞いてから、私は、ずっと心の中に残 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ちょっといい話で賞★『思い切り悩めばいい』

<掲載時のお名前>あんどらごらさん <年齢>33 <性別>男性 <住所>長野県中野市 <心に響いた「たった一言」> 「思い切り悩めばいい」 <「たった一言エピソード」> 中学時代の僕は、毎日が悩みの連続だった。勉強のこと、将来のことなど、心配したり不安に思ったりしていた。大人から見れば、中学生にはよくあることかもしれないが、当時の僕にとっては無視できない大きな悩みだった。それが表情にも表れていたか […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『1票お願いします♪』

<掲載時のお名前>C-futureさん <年齢>38 <性別>女性 <住所>岩手県盛岡市 <心に響いた「たった一言」> 「1票お願いします♪」 <「たった一言エピソード」> リハビリが終わり、エレベーター待ちをしてた時のこと。若い先生が車椅子のおじいちゃんとやって来ました。日が浅いのか、まだ打ち溶け合ってない雰囲気のふたり。 先生がしゃがみ握手を求めはじめました。脳外科であろうおじいちゃんがゆっく […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『夜明け前が一番暗いんだよ。今がその時なんだよ』

神奈川県川崎市 Iさん <心に響いた「たった一言」> 「夜明け前が一番暗いんだよ。今がその時なんだよ」 <「たった一言で」エピソード> うつ病を患って引きこもり、最悪の状態だった私。その日は久しぶりに友人に会いに無理やり街まで出かけた。 だが、待ち合わせのレストランに着いた時にはもう限界だった。なぜ悲しいのかすら分からないが、とにかく悲しくて苦しくてたまらない。友人の顔を見た瞬間、涙がこぼれ言葉に […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『無理しないでね』

<氏名>皆嶋さん<学校名・学年>一宮市立千秋中学校 <心に響いた「たった一言」>「無理しないでね」 <「たった一言エピソード」>私が、たった一言で心に響いた言葉は、「無理しないでね」です。 私は、ずっと腰が悪く、つい最近病気が分かりました。私は痛くても部活や習っている水泳を続けていました。ある時、習っている水泳の先生に病気のことを伝えました。 その時に先生は「無理しないでね」と言ってくれました。 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『何もなくても、笑えていればいい』

<氏名>大場さん<学校名・学年>一宮市立千秋中学校 <心に響いた「たった一言」>「何もなくても、笑えていればいい」 <「たった一言エピソード」>この言葉は、私が大好きなバンドのある歌の中の歌詞です。その歌のこの歌詞の部分を聴いたとき、一瞬にして心に突き刺さりました。そのころ、中学校生活にだいぶ慣れてきた頃でした。少しずつ勉強も難しくなっていって、私は数学でつまずいていました。「どうしよう」と何度か […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『ありがとう』

帝京高等学校倉代さん <心に響いた「たった一言」>「ありがとう」 <「たった一言で」エピソード>ぼくの祖父は、ぼくが生まれる三年前から、脳梗塞という病気で左手足にまひがあり不自由な生活をしていた。 ぼくは小さい時から祖父の左手のかわりとなり、いろいろなことをしてあげた。祖父は、僕の大切な理解者で、僕はやんちゃでいつも母にしかられていたが、「こんなやさしい思いやりのある子はいない」と言っていつもなで […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『ありがとうございました』

愛知県犬山市立犬山中学校丹羽さん <心に響いた「たった一言」>「ありがとうございました」 <「たった一言エピソード」>私は、小学六年生の時の教師が好きではありませんでした。理由はたくさんあるけれど、とにかく拒絶しました。それでもあの人は、笑いながら何度も私に話しかけてきました。正直気持ち悪いとも思いました。 そう思う日々はずっと続いていたけど、ふと私は何かの変化に気がつきました。その先生と話してい […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG