「たった一言で」コンテスト
CATEGORY

「たった一言で」コンテスト

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『家に残ってくれてありがとう』

新潟県長岡市 ペンネーム:あつしさん <心に響いた「たった一言」> 「家に残ってくれてありがとう」 <「たった一言エピソード」> 「家に残ってくれてありがとう」 今から三十三年前、高校を終え就職をするとき関東の大きな企業に行くことよりも、地元に残ることを選んだ私に言ってくれた祖母の一言です。 「給料倍違うぜ」千葉の石油会社に勤めた友人の言葉を聞き正直悔みました。そんな暗い気持ちを引きずって家に帰る […]

たった一言でコンテスト受賞作品★いい言葉で賞★『笑顔よし』

ペンネーム:ミヅキのハハさん <心に響いた「たった一言」> 「笑顔よし」 <「たった一言エピソード」> 京都観光中、急にお店の中で泣きじゃくってしまった子供が、泣き止み、ようやく笑顔を見せた時。 店員さんが言った 「笑顔よしさんやね」 という言葉に救われました。 子供が泣いている最中はお店に迷惑をかけているし、店員さんも不愉快になっていないか、不安でたまりませんでしたが、店員さんの一言のおかげで、 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『一生懸命になれる人であれ』

氏名:辻本さん 学校名学年:大阪府立泉陽高等学校 <心に響いた「たった一言」> 「一生懸命になれる人であれ」 <「たった一言エピソード」> 私が中学一年生の時。担任の先生は体育の先生で、何事にも熱い先生、いわゆる、熱血教師でした。先生の姿からは、どんなことにも挑戦し、本気でぶつかりあい、ひたむきに努力することの大切さを学びました。 毎日楽しい生活を送っていた中で、父の仕事の都合で私は転校することに […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『明日は今日より、よくなるから』

山口県周南市 ペンネーム:きゅうさん <心に響いた「たった一言」> 「明日は今日より、よくなるから」 <「たった一言エピソード」> 看護師として働きだして一年目。私は、学生時代に考えていた理想の看護と、現実にしなければならない業務の違いに毎日悩んでいました。業務の多さについていけず、そのことをなかなか周りに相談できずにいました。 そんな時、仲良くなった患者さんに 「最近何だか元気ないようにみえるよ […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころにビタミンいい話賞★『うまい!』

<掲載時のお名前>横浜のみいこさん <年齢>51才 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「うまい!」 <「たった一言エピソード」> 大学3年になる息子は、母親である私の手料理が一番おいしい!とよく言ってくれます。 もちろん、世の中には美味しいものがたくさんあって、外食にも行くのですが、たまによその家に行ってご飯をごちそうになると、自分のうちの御飯の方がが美味しいと思うのだそうです。(失礼! […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『おかえり』

氏名:川瀬さん 学校名学年:池田中学校 <心に響いた「たった一言」> 「おかえり」 <「たった一言エピソード」> 「おかえり」というのは家族に言われるのはあたり前で、普段生活していたら、その言葉の大切さも聞いてもどうも思わない言葉です。 僕が久々に名古屋へ帰った時親友の家に泊めてもらうことになりました。まず親友に会った時に「おかえり」と言われました。何ともない言葉なのにすごく暖かくて嬉しくなりまし […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『ほんまにおおきにね、有り難いわぁ』

京都府宇治市 ペンネーム:こころほんわかさん <心に響いた「たった一言」> 「ほんまにおおきにね、有り難いわぁ」 <「たった一言エピソード」> 私が学生だった頃です。バスに乗っていると、腰の曲がったおばあさんが入ってきました。私は丁度空いた席に座っていたので、おばあさんに席を譲りました。 「えろう、すんません」 そう言っておばあさんは私のいた席に座ろうとしましたが、その席はちょうどタイヤの真上で高 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『お疲れが出ませぬように』

<氏名>大釜さん <年齢>72 <性別>男性 <住所>徳島県 <心に響いた「たった一言」> 「お疲れが出ませぬように」 <「たった一言エピソード」> その日は大安だった。親類の人達と大阪のホテルに泊まる予定でいた。挙式も終わり夜も更け、思い出話の花も萎みかけた時、突然頭を殴られた。鈍器は鳴門の二女からの電話だった。 「にいちゃんが三宮で倒れた」 神戸へ急ぐタクシーの中では、京都在住の三十三歳の長男 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『上司とは謝るためにいるものだ』

ペンネーム:龍飛さん <心に響いた「たった一言」> 「上司とは謝るためにいるものだ」 <「たった一言エピソード」> 自分がプロジェクトリーダーとなって進めて無事に受注に至り、その後はチームの後輩に任せて他の案件を進めていた時です。 納期が明日となって最終のチェックをしているときに後輩が「実は見積もり額の1.5倍の費用が掛かってまして・・・」と打ち明けてきて、言われたこちらは「はぁ!? 今になって言 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころにビタミン賞★『お疲れの所、お待たせして申し訳ありません』

<掲載時のお名前>金井さん <年齢>36 才 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「お疲れの所、お待たせして申し訳ありません」 <「たった一言エピソード」> それはあるリラクゼーションのお店での事でした。当時私は仕事に追われ、毎日会社から午前様帰宅が当たり前。一人暮らしのマンションと会社の往復だけの日々でした。 ようやくできた休日に、疲れを取りたいと思い2時間程のちょっと値のはるコースを予 […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG