親孝行大賞受賞作品★ちょっといい話で賞★『パパも一年生』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】こまじゅんさん 【性別】男性 【年齢】35 【住所】東京都清瀬市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「パパも一年生」 【「親孝行大賞」の本文】 昨年、脳梗塞を機に母が介護生活になりました。父はとっくに他界。兄弟もいないため、僕がその介護を担うことに。しかしそれは決して平坦な道ではありませんでした。 手足に麻痺があり、何事も思うようにいかない母はその苛立ちを僕にぶつけまし […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『がんばれよ』

<掲載時のお名前>れーたんさん <年齢>26才 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「がんばれよ」 <「たった一言エピソード」> 私はシングルマザーで2人子供がいます。中学からの友達で今では2児の母であるママ友がいます。 そのこのお家へ行って、私の仕事の愚痴や子育ての悩みを聞いてもらっていたとき、わが子と別の部屋で走りまわって遊んでいたいた友達の子供で2歳の男の子が私の横を通り過ぎようとし […]

親孝行大賞受賞作品★ちょっといい話で賞★『明日、笑えますように』

【お名前】塚本さん 【性別】男性 【年齢】18 【住所】京都府長岡京市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「明日、笑えますように」 【「親孝行大賞」の本文】 深夜2時、遠く離れた実家にいる父にメッセージを送信する。高校3年生になると同時に始めた父とのやりとりは、半年を迎えた。もう寝ているだろうから返信は明日になる。どんな言葉が返ってくるのか、楽しみな思いを抱きながら目を瞑った。 小学4年生の頃、僕は毎 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『にゃおーん』

<掲載時のお名前>かみうらみゆきさん <年齢>48才 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「にゃおーん」 <「たった一言エピソード」> 子供の頃から大好きだった父親が大腸がんに罹り、手術で一時は元気になったものの再発。そして、具合はどんどん悪くなりついには医者から、 「余命はあと数日です」 と告げられた日。 私は悲しくて悲しくて。夫や子供の前では気丈にふるまってはいたものの、夜になると涙が […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『我慢するな、気張れよ』

沖縄県名護市 氏名:安藤さん <心に響いた「たった一言」> 「我慢するな、気張れよ」 <「たった一言エピソード」> 母の告別式を迎える朝、友からもらった言葉です。 母は自転車に乗っていたところ、後ろから追突され、3日後になくなりました。私は、事故を知ってから3日間、不安、悲しみ、憤り・・・いろんな感情が身体からあふれていきました。 そして、母が亡くなり呆然としていた時です。この言葉をもらって、私は […]

ほろほろ通信『ささやかな恩返し』志賀内泰弘

名古屋市熱田区の大西隆信さん(64)は定年退職後、社会へのささやかな恩返しとしてシーン・ボイスガイドのボランティアを始めた。視覚障がい者が映画を楽しむためのお手伝いをする活動だ。 スクリーンが見えないので、画面の風景や俳優のしぐさなどをマイクで説明する。映画の中の会話とダブらないように、簡潔で的確な言葉が求められる。そのため、大西さんが参加している団体「ボイス・ケイン(声のつえの意)」では大勢のメ […]

ちょっといい話『遠慮しないのも、親切』志賀内泰弘

以前、中日新聞のコラムで、こんな話を紹介したことがあります。 年配の女性が両手にいっぱいの買い物をして、家までの長い坂道を歩いていた時のことです。腕が疲れたので、地面に荷物を置いて一服。その時でした。 その脇を通り過ぎて行った自転車が、なぜかクルッとUターンして戻ってきました。そして、その女性の前で停まりました。 「よかったら、荷物をかごに入れてください」 近くの中学校の男の子と思われました。女性 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『かみさま おうちにあかちゃんを ありがとう』

岐阜県多治見市 ペンネーム:くりころんさん <心に響いた「たった一言」> 「かみさま おうちにあかちゃんを ありがとう」 <「たった一言エピソード」> 長女4歳、次女1歳の夏、思いがけず妊娠。予定外の出来事にうれしい反面、戸惑いも。マイホーム購入を考えていた時期でもあり、3人の子供の将来に経済的な不安がありました。 そんなとき、長女が紙切れに私のお腹のなかに赤ちゃんが寝ている絵を書き、それに「かみ […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころにビタミン賞★『順番なのよ』

<掲載時のお名前>ポポちゃんとさん <年齢>35才 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「順番なのよ」 <「たった一言エピソード」> 赤ちゃんと二人で買い物に。赤ちゃんを先に車から出してしまい、ベビーカーを抱っこしながら出す事になり、「しまった!順番がー」と独り言すると、近くにいたおばちゃんがベビーカーを出してくれながら、「そうなのよ、皆順番にやっていくのよ。女の人のお仕事だよ、頑張って」 […]

ほろほろ通信『たくさんある「いい話」』志賀内泰弘

「ほろほろ通信」欄外の「読者の皆さんへ」を読み、中区の三治和代さん(59)は思った。「いい話なんて、そうあるものじゃないわ」と。 「でも何かないかしら」と名古屋駅の構内を歩いていると、前を歩いていた中年の女性が、前かがみになって何かを拾った。それは壊れたメガネだった。そばに落ちていた部品も拾い、近くの派出所へ届けた。 三治さんは「あっ」と思った。落ちていた場所というのが、目の不自由な人たちを誘導す […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG