第二回「親孝行大賞」受賞者発表!

第二回「親孝行大賞」
募集期間:2020年6月1日から10月31日
受賞者の発表:2021年3月1日

「いい話の図書館」の館主を募集中!

カフェ、待合室、会社、ご自宅に心に響く良書を置いて楽しく生きる」を仲間とシェアする

「いい話」は心の社員教育に最適

楽しく読みながら、心の「社員教育の教材」としてもご活用されています。
社員・バイトさんのサービス向上に、仕事もモチベーションUPに実績あり。

月刊紙『プチ紳士からの手紙』のサンプルを無料でお届けいたします
しく読みながら、心の「社員教育の教材」としてもご活用されています。
広告無しで15年以上続く月刊紙です。

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『精神を鍛えるジムにお金を貰って通っている』

<掲載時のお名前>バローさん <年齢>30才 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「精神を鍛えるジムにお金を貰って通っている」 <「たった一言エピソード」> 社会人になったばかりの頃。 先輩方に注意される事も多く人間関係にも悩んでいました。そんな時、お付き合いしていた彼に言われた言葉。 「精神を鍛えるジムに、お金を貰って通っている」 こんな考え方があるのか!と、気持ちが楽になりました。 本 […]

ほろほろ通信『お兄ちゃん、これ開けてくれない?』志賀内泰弘

名古屋市名東区の横井和子さん(78)は、4つの病院へ月に7回通院している。とはいうものの比較的元気で、週に1回「戦争と平和の資料館ピースあいち」でボランティア活動もしている。 ところが、この1年くらい特に体の衰えを感じて困ったことがあるという。瓶詰などのふたが固くて開けられないのだ。海苔の瓶はガスこんろで少し温めて布巾を巻いてひねれば開く。 しかし、ペットボトルはガスで温めるわけにはいかない。栄養 […]

ちょっといい話『まやかしの秒数』志賀内泰弘

このところ、コロナ禍について考えていることがあります。どうしたら感染しないか。ワクチンを打つべきか否か。・・・ということではありません。 コロナのせいで、本当に嫌な思いをして生活しています。でも、「コロナのおかげ」だと言えることはないのだろうかと。もっとも、「おかげ」だと思って、無理矢理にでも心を前向きにしようしているだけなのですが。 そんな中、裏千家家元・千宗室さんの書かれた「京都の路地まわり道 […]

親孝行大賞受賞作品★ハッピー賞★『母の大変さ』

【ペンネーム】おすぎさん 【性別】男性 【年齢】18 【住所】京都府 京都市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「母の大変さ」 【「親孝行大賞」の本文】 僕の父はシンガポールに単身赴任していて、普段は僕と母と兄と妹の4人で暮らしている。つまり母が体調を崩せば一巻の終わりなのだ。 ある日、その最悪の事態は起きた。母がインフルエンザにかかってしまったのだ。母はそれでも自分が家事をすると言って聞かなかった。 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『お箸下さい』

兵庫県伊丹市 ペンネーム:西野さん <心に響いた「たった一言」> 「お箸下さい」 <「たった一言で」エピソード> 会社に入社したての時の話です。同じ課の人達が、歓迎会をしてくれることになりました。 会社の近くの店を予約していたらしいのですが、当日その店が急に臨時休業になり、他の店も当ってみたが、開いている店がフランス料理店しかなかったのです。少し高いけれど、その店で歓迎会をすることになりました。当 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『世界で一番大切なもの』

<掲載時のお名前>きゅうチャン <年齢>23 才 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「世界で一番大切なもの」 <「たった一言エピソード」> 毎日毎日、朝早く起きてお弁当を作ってくれる、お母さん。どんなに忙しくても、落ち込んでいてもお弁当だけは欠かさず作ってくれます。私が、仕事を辞めても毎日お弁当を作ってくれました。 そんなある日、バタバタと会社に行く準備をするお母さん。いつもならお弁当は […]

ちょっといい話『ジタバタ・右往左往』志賀内泰弘

「ジタバタする」というと、あまりいいイメージがありません。日本語の意味としては「苦難などから逃れようとして、慌てたり焦ったりしてもがく様」のことを言います。突然、壁にぶち当たると、ジタバタしたり、右往左往してしまうものです。 私も同じ。泰然自若。なにがあっても動ぜず、冷静になって最も良い対処法を考えて行動するのがいいことはわかっています。でも、わかっているのは、頭の中だけのことで落ち着きが無くなり […]

親孝行大賞受賞作品★ちょっといい話で賞★『パパも一年生』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】こまじゅんさん 【性別】男性 【年齢】35 【住所】東京都清瀬市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「パパも一年生」 【「親孝行大賞」の本文】 昨年、脳梗塞を機に母が介護生活になりました。父はとっくに他界。兄弟もいないため、僕がその介護を担うことに。しかしそれは決して平坦な道ではありませんでした。 手足に麻痺があり、何事も思うようにいかない母はその苛立ちを僕にぶつけまし […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『がんばれよ』

<掲載時のお名前>れーたんさん <年齢>26才 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「がんばれよ」 <「たった一言エピソード」> 私はシングルマザーで2人子供がいます。中学からの友達で今では2児の母であるママ友がいます。 そのこのお家へ行って、私の仕事の愚痴や子育ての悩みを聞いてもらっていたとき、わが子と別の部屋で走りまわって遊んでいたいた友達の子供で2歳の男の子が私の横を通り過ぎようとし […]

親孝行大賞受賞作品★ちょっといい話で賞★『明日、笑えますように』

【お名前】塚本さん 【性別】男性 【年齢】18 【住所】京都府長岡京市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「明日、笑えますように」 【「親孝行大賞」の本文】 深夜2時、遠く離れた実家にいる父にメッセージを送信する。高校3年生になると同時に始めた父とのやりとりは、半年を迎えた。もう寝ているだろうから返信は明日になる。どんな言葉が返ってくるのか、楽しみな思いを抱きながら目を瞑った。 小学4年生の頃、僕は毎 […]

CATEGORY カテゴリごとの最新記事

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG