第二回「親孝行大賞」始まりました!

第二回「親孝行大賞」
募集期間:2020年6月1日から10月31日
受賞者の発表:2021年3月1日

「いい話の図書館」の館主を募集中!

カフェ、待合室、会社、ご自宅に心に響く良書を置いて楽しく生きる」を仲間とシェアする

「いい話」は心の社員教育に最適

楽しく読みながら、心の「社員教育の教材」としてもご活用されています。
社員・バイトさんのサービス向上に、仕事もモチベーションUPに実績あり。

第二回「親孝行大賞」コンテストがはじまりました!
「親孝行」にまつわるちょっといい話を募集しています

ちょっといい話『二つの黒板のメッセージ』志賀内泰弘

ウイルスが猛威を震い、人類は震撼し右往左往しました。多くの人が感じたのではないでしょうか。自然の力を侮っていたのではないか。人間の力は自然の驚異の前では実に乏しいと。 こんなに科学が発達しても、未だに世界中で天変地異による被害は無くなりません。それでも人は、目先の利益を優先し、地球温暖化の問題を先送りしてきました。今回のウイルスの騒動もしかり。次から次へと新しいウイルスに襲われます。医学の発達は疫 […]

「親孝行大賞」コンテスト ★こころにビタミン賞★『マッサージ』

【ペンネーム】ミトさん 【性別】女性 【年齢】29 【住所】長崎県 長崎市 【「親孝行大賞」のタイトル】 『マッサージ』 【「親孝行大賞」の本文】 私の親孝行はすばりマッサージである。物心ついたころには親専属のマッサージ師となっていた。 小学一年生の頃の夏休みの日記に今日はマッサージを頑張ったと書いた日があったほどだ。 子供というのは単純で、親に褒められるとついつい調子に乗って頑張ってしまうもので […]

「親孝行大賞」コンテスト ★こころぽかぽか賞★『オヤコウコウの意味』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】りんさん 【性別】男性 【年齢】35 【住所】埼玉県所沢市 【「親孝行大賞」のタイトル】 『オヤコウコウの意味』 【「親孝行大賞」の本文】 「オヤコウコウってなあに?」 あれは僕がまだ小学生の時だ。ふいに僕は母に尋ねた。母ははっきり答えた。 「あなたが生きていることよ」 僕はその言葉の意味を深く考えなかった。だけどやがてその意味がわかる時がきた。 あれは僕が二十歳の […]

「親孝行大賞」コンテスト ★ちょっといい話で賞★『シュークリームと写真』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】ちゅうさん 【性別】女性 【年齢】60 【住所】埼玉県入間市 【「親孝行大賞」のタイトル】 『シュークリームと写真』 【「親孝行大賞」の本文】 数年前から施設に入り、色々な記憶が薄れつつある母。私が毎回面会に持って行くもの、それは、「シュークリーム」と「写真」。 昔から大好物だったシュークリームは、こぼれおちそうなクリームをぺろりとなめながら、いつでも「久しぶりに食 […]

親孝行大賞受賞作品★親にありがとう賞★ 『オマモリ』

【ペンネーム】葉子さん 【性別】女性 【年齢】33 【住所】埼玉県 さいたま市 【「親孝行大賞」のタイトル】 『オマモリ』 【「親孝行大賞」の本文】 私は一児の母です。今は優しい夫と可愛い子供に恵まれ幸せな時間を過ごしています。 ですが、私は23歳の時、新卒で入社した会社をたった6ヶ月で辞めた過去があります。自分も辛かったですが、今思い返しても親不孝者だと思います。その後はいくつかの非正社員の仕事 […]

ちょっといい話『マスク不足の中でドラッグストアのレジでの出来事』志賀内泰弘

(株)ユタカファーマシーさんは、大阪・京都・滋賀・愛知などに201店舗のドラッグストアを展開しています。遠くのお宅まで配達したり、お子さんの手を引いて一緒に買い物をしてあげたり、車までお米や水など重い物を運んで差し上げるのが当たり前のハートフルなお店です。 ドラッグユタカさんでは、社員やアルバイトさんたちが休憩時間に、バックヤードで「ちょっといい話ノート」を綴っています。仕事に限らず、家庭や普段の […]

親孝行大賞受賞作品 ★ハッピー賞★ 『パパとママの子になってくれてありがとう』

【ペンネーム】みっちゃんさん 【性別】女性 【年齢】29 【住所】福岡県 古賀市 【「親孝行大賞」のタイトル】 『パパとママの子になってくれてありがとう| 【「親孝行大賞」の本文】 私達夫婦は結婚してから子供を授かる事ができず、不妊治療をしていました。次がダメだったら終わりと旦那と話し合い最後のチャンス。奇跡的に妊娠をする事ができました。 しかし赤ちゃんの袋のすぐ近くに腫瘍のようなできものができて […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『家に残ってくれてありがとう』

新潟県長岡市 ペンネーム:あつしさん <心に響いた「たった一言」> 「家に残ってくれてありがとう」 <「たった一言エピソード」> 「家に残ってくれてありがとう」 今から三十三年前、高校を終え就職をするとき関東の大きな企業に行くことよりも、地元に残ることを選んだ私に言ってくれた祖母の一言です。 「給料倍違うぜ」千葉の石油会社に勤めた友人の言葉を聞き正直悔みました。そんな暗い気持ちを引きずって家に帰る […]

たった一言でコンテスト受賞作品★いい言葉で賞★『笑顔よし』

ペンネーム:ミヅキのハハさん <心に響いた「たった一言」> 「笑顔よし」 <「たった一言エピソード」> 京都観光中、急にお店の中で泣きじゃくってしまった子供が、泣き止み、ようやく笑顔を見せた時。 店員さんが言った 「笑顔よしさんやね」 という言葉に救われました。 子供が泣いている最中はお店に迷惑をかけているし、店員さんも不愉快になっていないか、不安でたまりませんでしたが、店員さんの一言のおかげで、 […]

ほろほろ通信『男らしさと優しさと』志賀内泰弘

一宮市の丸山裕子さん(40)の小学5年の長男は、学級文庫にある歴史まんがを読んで歴史に興味を覚えた。特に戦国と幕末が好きだという。それに影響を受けた小学二年の弟も歴史ファンになった。家族4人で関ケ原合戦410年祭に出掛け、当時の布陣を再現した家康隊や三成隊、鉄砲隊の演武を観覧したときの話。 イベントの最後に紅白の餅まきが行われた。たいへん混雑していたため「危険ですから小学生以下のお子さんは後ろに離 […]

CATEGORY カテゴリごとの最新記事

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG