「いい話の図書館」館主を募集中!

「いい本は、生きる力を与えてくれる。そんな本との出会いを提供できれば」
「いい話の図書館」代表 小林由美子

第3回「親孝行大賞」始まりました!

第3回「親孝行大賞」
募集期間:2021年6月1日から10月31日
受賞者の発表:2022年3月1日
受賞者サイト:https://ii0855.com/

「いい話」は心の社員教育に最適

楽しく読みながら、心の「社員教育の教材」としてもご活用されています。
社員・バイトさんのサービス向上に、仕事もモチベーションUPに実績あり。

月刊紙『プチ紳士からの手紙』のサンプルを無料でお届けいたします
しく読みながら、心の「社員教育の教材」としてもご活用されています。
広告無しで15年以上続く月刊紙です。

たった一言でコンテスト受賞作品★いい言葉で賞★『言われて嫌がることは、言うたらいけんよ』

広島県広島市 ペンネーム:ちゅんたさん <心に響いた「たった一言」> 「言われて嫌がることは、言うたらいけんよ」 <「たった一言エピソード」> 中学生の時、同じクラスの真ん丸い男子生徒に、 「饅頭!」 と言った時です。 友達が、 「言われて嫌がることは、言うたらいけんよ」 と言いました。 何気なく周りの皆も言っていったのでニックネームなのかなと思って言っただけなのですが、そう言われたこの男子生徒は […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『ありがたい』

秋田県秋田市 氏名:石田さん <心に響いた「たった一言」> 「ありがたい」 <「たった一言で」エピソード゙> 7才の娘が言う。 お友達やご近所からのお菓子や野菜のおすそ分けに 「ママ、ありがたいね」 実家の畑の野菜達や稲刈りしたお米にも 「ありがたいねぇ」 じぃじやばぁばがくれたジュースや服や靴にも 「ありがたいね」 ひぃばぁばが送ってくれるキリタンポまで 「ありがたいわあ〜!」 もうはけないズッ […]

ちょっといい話『心が熱くなる福島のお弁当屋さん』志賀内泰弘

福島の友人・NPO「チーム福島」代表の半田真仁さんから「こんないい話があるよ」と連絡がありました。 半田さんは、広島県出身。たまたま縁があり、東日本大震災の後、福島の復興のために尽力しています。その一つが、「福島ひまわり里親プロジェクト」です。 ヒマワリを育てる「里親」を全国から募集します。「里親」となる方にはヒマワリの種を購入していただき、ヒマワリを育ててもらいます。種ができたら、再び福島に送り […]

親孝行大賞受賞作品★こころにビタミン賞★『心配しないふり』

【お名前】小西さん 【性別】女性 【住所】神奈川県川崎市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「心配しないふり」 【「親孝行大賞」の本文】 私が28歳のときに突然、「父親が早期退職する」ということを、母から聞きました。 「理由はわからないけど、父親が決めたことだから賛成した」と母が言うので、家のローンも完済していないのに、大丈夫かな?と不安に思いましたが、私からなにか言うことはありませんでした。 私は結 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★いい言葉で賞★『八割でええ』

福岡県遠賀郡 氏名:柳本さん <心に響いた「たった一言」> 「八割でええ」 <「たった一言エピソード」> 私が中学生のころ、母が急病で入院した。 父は自営業で忙しく、私と弟のことはあまり構っていられない。 私は、父と弟の食事の用意、母のお見舞い、勉強などで、属していた卓球部もあまり参加できない状態だった。 当時小学校5年生だった弟は生意気盛りで、母の居ないことをいいことに宿題もせずに遊びまわってい […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『竹内先輩にーッ、エールを送るーッ!』

神奈川県横浜市 ペンネーム:ka-3さん <心に響いた「たった一言」> 「竹内先輩にーッ、エールを送るーッ!」 <「たった一言エピソード」> 「応援団長を頼む」 そう監督に言われ、息子は一瞬戸惑った。これはつまり、自分はベンチ入りできなかったということだ。 応援団のない息子の学校は、野球の応援は部員の中から応援団長を選んで指揮を執るしかない。 自分に与えられた使命はこれなのか。「チーム一丸となって […]

ほろほろ通信『アンパンマン食べちゃってもいいの? 』志賀内泰弘<中日新聞掲載2012年11月25日>

名古屋市中村区の生駒リサさん (34)が、2歳の娘さんと名鉄電車に乗ったときの話。 頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアの持病がある生駒さんは、抱っこするのは10分が限界。そのため、外出時はベビーカーを使うが、自身も30分と立っていられない。 行きの電車では首の痛みに加え、手もしびれてきたので「席を譲っていただけませんか」と座っている乗客に頼んだ。 しかし、「何で譲らないかんの?」「若いんだから立ってた […]

ちょっといい話『忙しいときは、けっして慌てない』志賀内泰弘

拙著「京都祇園もも吉庵のあまから帖」シリーズは、タイトルの通り京都が舞台です。 でも、私は100%名古屋人。いくら京都が好きだからといっても、京都の風俗や慣習、京言葉を書くのはたいへんです。そのため、できる限り京都を訪ねてブラブラ歩き、京都の友達とオシャベリするように努めています。 また、「京都」に関する書物も、片っ端から読み漁ります。そんな中、笠井一子著「配膳さんという仕事」(平凡社)に出逢いま […]

親孝行大賞受賞作品★いいね!親孝行賞★『親の気持ち』

ペンネーム】はるみさん 【性別】女性 【年齢】40代 【住所】千葉県船橋市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「親の気持ち」 【「親孝行大賞」の本文】 子供の頃、母の日や父の日や誕生日になると、「何か欲しいものある?」と親に聞きました。 返事は決まって「あんたが元気でいてくれれば、それが一番の親孝行だから何もいらないよ」でした。 そんなこと言われるより物を答えてくれた方がプレゼント選びやすいんだけどな […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『上を向いてごらん』

愛知県名古屋市 氏名:野村さん <心に響いた「たった一言」> 「上を向いてごらん」 <「たった一言エピソード」> 私の社会人生活をスタートは、名古屋市西区の銀行の支店でした。 初めて親元を離れ、銀行の寮に住んでの生活又、今までアルバイトの経験もほとんどなく、全てが、初めての事ばかりで、毎日毎日の緊張の連続でした。 私は、普通預金の係りに配属されました。 始めの一ヶ月は、先輩が付いてマンツーマンの指 […]

CATEGORY カテゴリごとの最新記事

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG