第二回「親孝行大賞」締切ました
たくさんのご応募ありがとうございました

第二回「親孝行大賞」
募集期間:2020年6月1日から10月31日
受賞者の発表:2021年3月1日

「いい話の図書館」の館主を募集中!

カフェ、待合室、会社、ご自宅に心に響く良書を置いて楽しく生きる」を仲間とシェアする

「いい話」は心の社員教育に最適

楽しく読みながら、心の「社員教育の教材」としてもご活用されています。
社員・バイトさんのサービス向上に、仕事もモチベーションUPに実績あり。

月刊紙『プチ紳士からの手紙』のサンプルを無料でお届けいたします
しく読みながら、心の「社員教育の教材」としてもご活用されています。
広告無しで15年以上続く月刊紙です。

ちょっといい話『コロナ禍の新春に、幸せって何だろう?と考える』志賀内泰弘

昨年一年間は、コロナのおかげ(?)で、自分を見つめ直す良い機会にもなりました。何か一つ、行動を起こす時にも、「今、これが一番やりたいことなのか?」と、自分に問いかけました。なぜなら・・・いつコロナに感染して死んでしまうかもしれないからです。 そうでなくても、「命」「時間」「人生」ということを、今まで以上に考えるようになりました。そんな暮れも差し迫るある日、福島市の渡辺経営コンサルタント事務所所長・ […]

親孝行大賞受賞作品 ★こころぽかぽか賞★ 『家族の絆』

【ペンネーム】オウンゴール 【性別】男性 【年齢】66 【住所】大阪府大阪市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「家族の絆」 【「親孝行大賞」の本文】 お盆の季節と春秋の彼岸に、母は墓参りを欠かさなかった。前夜から線香、ロウソク、数珠を揃え、「引越し先の掃除に行く」と言い置き、翌朝早くに母は出かける。しかし、墓前では十五年前に癌で他界した夫に、「もう少し待っててな」と話しかけるそうだ。引越しするには、 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『我慢するな、気張れよ』

沖縄県名護市 氏名:安藤さん <心に響いた「たった一言」> 「我慢するな、気張れよ」 <「たった一言エピソード」> 母の告別式を迎える朝、友からもらった言葉です。 母は、自転車に乗っていたところ、後ろから追突され、3日後になくなりました。私は、事故を知ってから3日間、不安、悲しみ、憤り・・・いろんな感情が身体からあふれていきました。 そして、母が亡くなり呆然としていた時です。この言葉をもらって、私 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『大丈夫』

京都府 高等学校 有野さん <心に響いた「たった一言」> 「大丈夫」 <「たった一言エピソード」> 私が中学3年生の頃、私の母は、記憶障害という病気になりました。今までは私を分かってくれますが、最初の方は、会っても「誰?」と言われるだけで、私のことを覚えてくれていませんでした。 私は、すごくショックで毎日辛くて、頭の中がお母さんの病気のことでいっぱいでどうしたらいいのか分からない状況でした。 そん […]

ちょっといい話『感謝と反省の心で新年を迎える』志賀内泰弘

このコロナ禍で、初詣の自粛が呼びかけられていることもあり、近くの鎮守の氏神様に師走にお参りに行ってきました。晦日参りはその月を無事に過ごせたことを、神様に感謝するものと聞いています。世界中がたいへんなことになっていますが、そんな中でも一年を送れたことにお礼を申し上げました。 実は、ここで不思議なことが起きました。神様の声が聞こえたのです。 「ちょっと待ちなさい」 と。冗談ではなく、ホントのお話。当 […]

ちょっといい話『祇園のNo. 1芸妓に学ぶ』志賀内泰弘

その昔、営業トップの成績を上げているAさんに尋ねました。 「嫌な人と、どうやって付き合ったら、いいんでしょうか。会社の上司や先輩、営業先の担当者で苦手な人がいて、つらいんです。Aさんは、いいですね。苦手人とかいないんでしょ」 すると、Aさんはこう言いました。 「いるに決まってるじゃないか」 「え? いるんですか」 「もちろん、職場にも、お客様でも、苦手どころか嫌いな人が大勢いますよ」 「すると、会 […]

親孝行大賞受賞作品 ★ハッピー賞★ 『だってママが泣いてたから』

【ペンネーム】ちびテトさん 【性別】女性 【年齢】33 【住所】宮崎県えびの市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「だってママが泣いてたから」 【「親孝行大賞」の本文】 今年5歳になる息子が3歳のときの話です。 ネットで胎内記憶の話を見聞きする機会が増えて、何気なく息子に聞いてみました。 「なんでママとパパのところにきてくれたの?」 はじめは答えようとせず、遊びに夢中になっていたので私も「やっぱり胎内 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『人は古傷があって、なんぼなんだぞ』

<掲載時のお名前>奥井さん <年齢>33才 <性別>女性 <心に響いた「たった一言」> 「人は古傷があって、なんぼなんだぞ」 <「たった一言エピソード」> 私には誰にも打ち明けられない過去があり、私はそれを周囲に知られることが恐いから必死に隠して生きてきました。自分の過去を消したくて、消したくて、人に知られることが一番の恐怖だったと想います。 でも、そんな時、同じ職場に、同じ高校の後輩が入社してき […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころにビタミン賞★『明日野郎はバカ野郎』

高橋さん 大阪府立香里丘高等学校 <心に響いた「たった一言」> 「明日野郎はバカ野郎」 <「たった一言エピソード」> 僕は何回も何回もこの言葉を言われます。この言葉を言われると少しやる気がでます。僕はこれからこの言葉を魔法の言葉と呼ぶことにします。 魔法の言葉というのは言い過ぎかもしれませんが、僕にとってやる気スイッチを押すための魔法なんです。もしこの言葉がなかったら、たぶん今の僕はないでしょう。 […]

ほろほろ通信『息子の一人旅』志賀内泰弘

学校が秋休みの10月11日、犬山市の花木希容子さん(48)の長男・優太君(小学6年)は、おにぎりと釣りざお、それに寝袋を持って自転車旅行に出発した。 「木曽川沿いに下って海で釣りをする」という一人旅の計画。しかし地図も持たず、野宿するという。引き留めたが言い出すと聞かない。自由奔放な性格で、「大きくなったらジャングルの中で生活したい」と言っているほど。たぶん、途中で不安になって帰ってくるだろうと思 […]

CATEGORY カテゴリごとの最新記事

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG