「いい話の図書館」館主を募集中!

「いい本は、生きる力を与えてくれる。そんな本との出会いを提供できれば」
「いい話の図書館」代表 小林由美子

第3回「親孝行大賞」始まりました!

第3回「親孝行大賞」
募集期間:2021年6月1日から10月31日
受賞者の発表:2022年3月1日
受賞者サイト:https://ii0855.com/

「いい話」は心の社員教育に最適

楽しく読みながら、心の「社員教育の教材」としてもご活用されています。
社員・バイトさんのサービス向上に、仕事もモチベーションUPに実績あり。

月刊紙『プチ紳士からの手紙』のサンプルを無料でお届けいたします
しく読みながら、心の「社員教育の教材」としてもご活用されています。
広告無しで15年以上続く月刊紙です。

たった一言でコンテスト受賞作品 ニコニコ賞『そうだよね』

大阪府大阪市立野田中学校 氏名:小川さん <心に響いた「たった一言」> 「そうだよね」 <「たった一言エピソード」> 私はいつも思うことがあります。 友達になにか相談したときとか、少しの話をしてるとき、自分の話をしてるとき、ちょっとでも「そうだよね」っていわれたらうれしいと思いませんか? やっぱり納得してもらえたんだ、って思うんです。 逆に返事がかえってこなかったら、さみしいですし、なんかちょっと […]

たった一言でコンテスト受賞作品 こころにビタミン賞『辛くても辛抱せよ』

大阪府枚方市 ペンネーム:Tomy <心に響いた「たった一言」> 辛くても辛抱せよ <「たった一言エピソード」> 昭和23年学卒で大手メーカーに入社し、順調に推移していたところ、昭和25年頃より不況の影響を受け給料の遅配が始まり、支給日が確定できない状態が発生した。 丁度その前に親父が目を患い、収入が途絶えたため私が家計を握ることになったが、私が実家を離れ会社の独身寮での生活のため給料から実家の生 […]

ほろほろ通信『アナタハヤサシイヒト』志賀内泰弘<中日新聞掲載2013年1月13日>

阿久比町の原真智子さん(69)が、ご主人と穂高を旅行したときの話。 帰途、高山駅から電車に乗り込むと、十数人の外国の若者と一緒になった。そのうちの二人の女性が、原さん夫婦と通路をはさんで隣の席に座った。 ふと目をやると、通路側の女性のなんともかわいらしいこと。色白でふっくらとし、鼻が少し上向きになっているのが印象的。原さんは思わず絵筆を取り出して、彼女の似顔絵を描き始めた。 というのは、原さんは2 […]

ちょっといい話『第10回言の葉大賞入選作から~失敗と尊敬』志賀内泰弘

一般社団法人「言の葉協会」では、全国の小・中学校、高等学校から毎年のテーマに合わせた大切な人への思いや強く感じた気持ちを自分の言葉で綴る作品を募集し、その優秀作品を「言の葉大賞」として顕彰しています。第10回の募集テーマは、「『失敗から』学んだこと」。その入選作品から紹介させていただきます。 「失敗と尊敬」 吹田市立片山中学校 2年 加藤 小雪 自転車で二十分ほど移動したところには本屋がある。私は […]

親孝行大賞受賞作品★こころぽかぽか賞★『肩たたき券』

【ペンネーム】莉子さん 【性別】女性 【年齢】10代 【住所】京都府京都市 【「親孝行大賞」のタイトル】 肩たたき券 【「親孝行大賞」の本文】 私が幼稚園の年少クラスであった頃の話です。 私は母の誕生日に何をプレゼントに渡そうか悩んでいました。私はふと良いアイデアを思いつきました。 それは、いつも頭痛や肩こりに悩む母を幼いながら見ていてなのかは覚えていませんが、母に「肩たたき券」をプレゼントすると […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『赤ちゃんの泣き声って素敵な音色よ』

北海道札幌市 ペンネーム:やきぐりさん <心に響いた「たった一言」> 赤ちゃんの泣き声って素敵な音色よ <「たった一言エピソード」> 今、はじめての子育て真っ最中。 高齢出産だけど、体も丈夫だし、今までどんなに苦しいことがあってもなんとか乗り越えてきた自分だから、子育ても 「きっと大丈夫、私ならなんとかなる」 と思っていました。 でも現実は違ってて、夫はいつも出張でいなくて、両親も離れていて誰にも […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『間違えたら得したと思え』

愛知県名古屋市 ペンネーム:ごろてんむすさん <心に響いた「たった一言」> 「間違えたら得したと思え」 <「たった一言エピソード」> 中3の時、高校受験で私はかなり息詰まっていました。 なかなか成績があがらず、受験直前の模擬試験で散々な点数を取ってしましました。本当に落ち込み、志望校を変えようかと思っていた頃の授業でのことです。 私は先生に黒板に書いた問題を解答するように言われて、答えを間違えてし […]

ほろほろ通信『少しでもお役に立てたら』志賀内泰弘<中日新聞掲載2013年1月6日>

昨年11月25日付「ほろほろ通信」で、こんな話を紹介した。 名古屋市中村区の生駒リサさん(34)は頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアの持病があり、首の痛みや手のしびれに悩まされている。2歳の娘さんを抱いて電車に乗ったときのこと。 痛みが限界になったので「席を譲っていただけませんか」と座っている乗客に頼んだ。 ところが「何で譲らないかんの?」などと10人以上の人に断られた。諦めて立っていると、途中、乗り […]

ちょっといい話『小三治さんの言葉…何もできなくても、感謝の気持ちだけは忘れたくない』志賀内泰弘

この春、コロナ禍で頑張っておられる医療従者のみなさんを応援するため、チャリティプック「人生にエールを。」(リベラル社)を発刊しました。 「何かしなくては・・・」という思いから、「何か」を形にしたつもりでしたが、結局それは自己満足程度のことに過ぎないのだと、空しい気持ちになりました。 このところ身内が入院を余儀なくされ、何度も病院へ行きました。でも、本人に会うことはかないません。 ただ、その度ごとに […]

親孝行大賞受賞作品★ちょっといい話で賞★『誕生日プレゼント』

【ペンネーム】かえるさん 【性別】女性 【年齢】30代 【住所】大阪府大阪市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「誕生日プレゼント」 【「親孝行大賞」の本文】 母の誕生日が近づくと私は連絡を取り、こう聞きます。 「もうすぐ誕生日やけど、何がほしい?」 昔実家に住んでいた頃は、財布や姉と二人で自転車を買ってあげたこともありました。 しかし最近は、 「プレゼントはいいよー」 と言うのです。私も懲りずに 「 […]

CATEGORY カテゴリごとの最新記事

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG