「親孝行大賞」開催中!

募集期間:2019年9月1日から11月30日
「親孝行」にまつわるほっこりするエピソードを募集しています。

「いい話の図書館」の館主を募集中!

カフェ、待合室、会社、ご自宅に心に響く良書を置いて楽しく生きる」を仲間とシェアする

「法人サポーター」を募集中です!

法人サポーターは「いい話」を広める地域リーダーとして、
企業を通して、社員を通じて、お客様を通して、地域社会を思いやりでいっぱいにする会員です。

あなたに幸せを届けする日刊「いい話のメルマガ」配信しております
月曜から金曜日まで無料で購読できます!

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『今まで、大変でしたね』

東京都武蔵野市 石田さん <心に響いた「たった一言」> 『今まで、大変でしたね』 <「たった一言エピソード」> 我が家は、中々子どもが生まれませんでした。 『お子さんはいるのですか?』そんな、ちょっとした会話でも傷ついていました。 ある日、私の携帯が鳴りました。 「妊娠したって・・・・」 妻は泣いていました。(妊娠した子どもたちは3つ子でした) 生まれた時、体重は一人一人が約1500g。病院の保育 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『人の気持ちを考えてよ。どれだけきずついてると思ってるの』

鹿児島県 小学五年生Sさん <心に響いた「たった一言」> 「人の気持ちを考えてよ。どれだけきずついてると思ってるの」 <「たった一言エピソード」> わたしは小学校五年生から、この小学校へ転入しました。転校の原因は、「いじめ」です。二年生のころは、いじめと思っていなかったけど、どんどんエスカレートしていって、毎日学校にいくのがいやでした。でも、そんな時、一緒に登校していたYちゃんが 「もし、またいや […]

ほろほろ通信『2つの万博をつなぐ思い出』志賀内泰弘

愛知県赤十字救急奉仕団というボランティア団体がある。日本赤十字社が行う救命講習の修了者の中から、有志が参加して活動している。その事務局長を務める江南市の仙田八千代さん(45)の話。 仙田さんは小学1年生の時、両親に連れられて大阪の万国博覧会に出掛けた。会場で急にお母さんの体調が悪くなった。おなかに仙田さんの妹がいたのだ。一緒に救急車に乗って病院へ搬送され、ことなきを得た。その後、無事に出産すること […]

ちょっといい話『クリスマスプレゼントに託された本当の願いとは?』志賀内泰弘

敬愛する友人、木下晴弘さんの新刊「ココロでわかれば、人は“本気”で走り出す!」(ごま書房新社)が出ました。待望と言ってもいい、「伝説」の名著のリメイク版です。志賀内が初めて木下さんの講演を拝聴した時、心震えた話があります。 ◆「ココロでわかれば、人は“本気”で走り出す!」木下晴弘(著) https://amzn.to/2N6keI0 今日は、新刊の中から、そのエピソードの全編を紹介させ […]

『誰もが後悔する親孝行』志賀内泰弘

「親孝行についての本を書いてほしい」 と編集者さんから依頼があったのは、2019年の2月のことでした。さらに、 「100個の親孝行を紹介したいんです」 と言われ、戸惑いました。う~ん、10や20ならともかく、100なんて・・・。 そこで、友人・知人に訊きまくったのです。 「どんな親孝行してますか?」 「こんな親孝行して、喜んでもらったみたいなこと、ありませんか?」 すると、そのほとんどが、 「マッ […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ニコニコ賞★『あんたはあんたのいいところがあるやろ』

大阪府立香里丘高等学校 後藤さん <心に響いた「たった一言」> 「あんたはあんたのいいところがあるやろ」 <「たった一言エピソード」> 私は、双子なので昔から何かにつけて比べられてきました。比べる対象がとても身近にいるので仕方がないと思っているのですが、それでも嫌でした。 例えば、私は小さい頃から、絵が上手くありませんでした。しかし、双子の妹の方はとても絵が上手くみんなにほめられていました。そして […]

ほろほろ通信『おじさんたちの涙』志賀内泰弘

名古屋市中区でデザイン事務所を経営する権内俊幸さん(59)は、忙しくても毎週木曜日の夜には仕事の予定を入れないようにしている。経営者が中心になって作る栄ミナミ男声合唱団の練習に参加するためだ。ほとんどの団員が楽譜も読めない。そんな自分のことは棚に上げて人のミスを指摘したりする。練習後の飲み会の方が楽しみという気さくな仲間だ。 年に二回ほど、老人介護施設へ出前コンサートに行く。おじいさん、おばあさん […]

ちょっといい話『飢えたライオンはだれを食うか?』志賀内泰弘

敬愛する友人の新刊が出ました。「新刊」ですが、「新しい」本ではありません。え!?・・・どういうことかって? その友人とは、超人気講演家の木下晴弘さん。木下さんが、2001年に執筆し、べストセラーになった「ココロでわかると必ず人は伸びる」の復刻・リメイク版が、再び出版されたのです。新刊のタイトルは「ココロでわかれば、人は“本気”で走り出す!」(ごま書房新社) ◆「ココロでわかれば、人は“本気R […]

ほっこり親孝行ものがたり『第16回「父とキャッチボールをする」志賀内泰弘』志賀内泰弘

わたしは、引きこもりだった。小学校の2年生くらいから5年生まで、ほとんど学校へ行っていない。とにかく、外へ出掛けたくなくて、二階の部屋に「こもって」いると安心できた。 でも、リビングやキッチンにまでは降りて行くことができ、一週間に一度くらいは、両親と一緒に夕食をとることもできた。ごくごく、まれにではあるけれど、母親が手掛けている家庭菜園を見に行ける日もあったから、最悪の状態ではなかったのかもしれな […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころにビタミン賞★『これからどうなりたいんだ?』

<氏名>森村さん <学校名・学年>高崎市立佐野中学校 <心に響いた「たった一言」> 「これからどうなりたいんだ?」 <「たった一言エピソード」> この言葉は、僕がある練習試合の日に言われた一言です。 僕は、ソフトテニス部に所属しています。ある日、別の中学校の練習試合の日でした。僕は試合で良いショットを打てたものの、零勝二敗で終えました。試合報告をするため顧問の先生のところへ行きました。そして、アド […]

>プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動とは?

ゆっくりでいい。一歩ずつでいい。
自分のできる範囲でいいから、
周りのことを思いやる世の中を作ろう

CTR IMG